【たった100円!】超簡単!ワームのカラーを自分で着色する方法

2020/08/07 更新

ワームのカラーバリエーションが少なくて悩んでいる方に朗報です!100円で買えるマッキーを使えば、誰でも手軽にワームを自分好みのカラーに着色することができます。自分で作ったオリジナルカラーでルアーフィッシングを楽しみましょう。


アイキャッチ画像提供:スナッチ

ワームのカラーを増やしたい……。

複数色のワーム
様々なルアーフィッシングで使われるワーム。

各メーカーから豊富なカラーが販売されていますが、たくさんのラインナップを用意するのは金額的にもきつい……。

今回はそんな時に便利なワームのカラーバリエーションを、“たった100円”で増やす裏技を紹介します!

筆者について

すなっち
撮影:すなっち
北海道の様々な魚種をルアーフィッシングで狙う道民アングラー。
メインのロックフィッシュでは、トーナメントにも積極的に参加しています!

ワームはエコギア、ノリーズを中心にバス系メーカーのアイテムを愛用しています。


使うのはこれ!用意するのはなんとマッキー!?

マッキー「マッキー」

この油性マジックこそが、ワームのカラーバリエーションを増やすのに使う道具なのです。

圧倒的なコスパ

マッキーで塗る
ご存知のように、マッキーは1本100円で購入できます。

元々ワームに着色されている色に重ね塗りしていくので、同じ色のマッキーを塗っても仕上がりは様々。

本当に様々なバリエーションを作れるので、おすすめです。

マッキーでワームを塗ってみる

マッキーで塗る
マッキーでワームを塗る時はいくつか手順があります。

ここでは着色の工程を簡単に紹介していきます。

ワームを用意する

ワーム たち
元々クリアカラーのワームが、マッキーで着色したときに一番綺麗に色が乗りやすいのでおすすめです。

元々の色が濃い場合、乗りやすい色とそうでない色が別れてくるので、少しずつ試してみるようにしましょう。

表面のオイルを落とす

表面のオイルを落とす
☝️このオイル……集魚効果などの効果も期待できるそうですが、このオイルがあるとどうしてもマッキーが乗りにくくなってしまうのです。
まずは、ワームの表面に付いているオイルを拭き取ります。

キッチンペーパーなどで軽く擦り、オイルのヌメりがなくなったら完了です。

マッキーを塗る

マッキーで塗る
マッキーでワームを着色していきます。

素手でやると指が汚れることがあるので、手袋を着用して作業しましょう。

ムラができないように丁寧に塗ることが、綺麗な仕上がりにするポイントです。

一晩置いて完成!

着色したワーム
塗ったばかりのワームは色が落ちやすいため、一晩乾かして完成。

着色したワーム
市販されているカラーに見間違えてしまうほどの完成度!

実釣に一手間で釣果アップ!?

ワーム用のソークオイル
香ばしい集魚オイルの代わりにマッキーの薬品臭さが残ってしまったワーム。

集魚効果が心配な方は、ワーム用のソークオイルを少し垂らしておきましょう。

ソークオイル漬けのワーム
釣果に影響があるかは定かではありませんが、より製品に近い状態になりました。


筆者おすすめのカラーチューニング

カラーチューンしたワーム
最後に筆者おすすめのカラーチューニングを紹介します。

ボディーだけ黒にチューン

ボトルシュリンプ
写真はメガバスのボトルシュリンプ。

『LIGHT WATERMELON』というカラーのボディ部分だけをブラックにしてみました。

黒は海中では視認性の高いカラーと言われているので、フックポイントとしての役割も期待できそうです!

がっちりとフッキング!

アイナメ
写真はこの日同行していた友人が釣り上げた40センチを超えるアイナメ。

アイナメ
☝️フッキングもばっちし決まっています。ついばみ系のバイトで有名なアイナメですが、しっかり咥えてくれました。
当日は海水に濁りが入っていた激渋の状況……。

そんな中で視認性の高いブラックチューニングへの反応だけは非常に多かったです。

自分でチューニングしたワームでの釣果は、釣った時の喜びも倍増すること間違いなし。

マッキーで手軽にワームカラーバリーションを増やしてみよう!

アイナメ
マッキーは1本100円でワームのカラーバリエーションを増やせる秘密兵器。

オリジナルカラーやお気に入りのカラーを再現してみるなど、楽しみ方は様々。本当に簡単に実践できるので、ぜひ皆さんも試してみてください。

 
画像提供:すなっち

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ワームの着色
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

すなっち
すなっち

北海道在住の道産子アングラー。ロックフィッシュ、トラウトフィッシュなどを中心にさまざまなルアーフィッシングを楽しんでいます。豊富な釣りとライターの経験を活かして、全国のルアーフィッシングや道具の解説記事などを執筆しています。自分の経験を活かして釣りの魅力をより多くの人に知ってもらえるライターを目指しています!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!