海の大蛇【ダイナンウミヘビ】を獲ったどー!〜狙って釣れば外道も3倍楽しく〜

ダイナンウミヘビについて。砂地で釣りをしていると釣れてしまうウミヘビ。どうやら世間では大の嫌われ者らしい。何で嫌われるのか?面白い生態も含めてご紹介。この機会にこの魚を見直してあげてください!

目次

ダイナンウミヘビってどんな魚?

ハモでもない、アナゴでもない

ダイナンウミヘビ

ダイナンウミヘビは、ウナギ目ウミヘビ科に属する魚類、つまりヘビではなく魚の仲間です。

日本では東北地方以南の太平洋と新潟県以南の日本海および東シナ海の浅い海に広く生息しています。

関東では、相模湾や房総半島に多いイメージのこの魚。サーフで投げ釣りをされる方は一度は見たことがあるのではないでしょうか?

砂が大好き♡

ダイナンウミヘビ

ダイナンウミヘビは砂地が大好きな夜行性の魚。

日の差している時間は、このように砂に潜って寝て過ごします。夜になると甲殻類やゴカイ類、時には小魚を狙って泳ぎまわるのです。

日中釣りをしていると、キス釣りのようにズルズルと底を引いてくる釣りでよく掛かるのに対して、夜間は放置しているブッコミ釣りで釣ることができます。

最大2mにもなる長物

ダイナンウミヘビ

世界中のあらゆる魚を釣ってきた、我ら怪魚ハンターでさえも嫌がる「ダイナンウミヘビ」。じつは2m以上にも成長します。

身近に岸から狙える魚としては、かなり大きい(長い)部類に入るでしょう。

一応、キバも生えています

ダイナンウミヘビ

怪魚と言えば、キバですね。(自論)ダイナンウミヘビにも、ご覧の通り小さなキバが生えてます。

これ、侮るなかれ。ガブリと噛まれることもあるのでご注意ください。

とは言えウツボほどの力や鋭さもないので、迫力に欠けてしまうのが正直な感想。なんとも愛らしい……。

嫌われ者のダイナンウミヘビ

嫌われる理由:①グルグル巻きつく

ダイナンウミヘビ

巻きついて仕掛がグチャグチャになっちゃいます。

これが一番の理由でしょうね。ウミヘビを釣り慣れた方はすぐにハサミが出てくるシチュエーションかと思います。

ウツボもアナゴもウナギもそうですが、長物はどうしてもこうなっちゃいます。

嫌われる理由②:フックごと飲み込んでしまう

ダイナンウミヘビ フック

すぐ針を飲み込んじゃうんです。

どんなに大きな針を使っても、口に入ってしまえば何の躊躇も無く飲み込んでいきます。

掛かりどころが悪く死んでしまうこともあるので、ちょっと悲しい気持ちになるのが嫌ですね。

何も釣れない真冬の堤防でも釣れるのか?

冬の堤防

寒空の下、相模湾のとある港にやってきました。

極論、「狙って釣れば外道じゃねぇー!」

と言うことで、張り切ってダイナンウミヘビを狙っていきましょう。

 

>>Next Page:ダイナンウミヘビを狙って釣る

1 / 2ページ