【予算1,000円以内】オリジナルのロッドスタンドを自作してみた。

2020/02/14 更新

オリジナルロッドスタンドを自作。ロッドをキレイに整頓できるだけでなく、インテリアとしても活躍するロッドスタンド。いざ購入しようと思うと、お値段が気になる……。材料を購入して、予算1,000円以内で作ってみました。


オリジナルのロッドスタンドが欲しい!

釣具
片付けることが苦手過ぎて、釣具が散らかって仕方がないTSURIHACKライター小林です。

ロッドって置き場所に困りませんか? 立てかけておくのもいいんですが、やっぱり「スタンド」がほしいところ。

市販品は安くても3,000円はするので、安く調達してみることにしました。みなさんの参考になればと思います。

ロッドスタンドの材料と道具

1×4材
釣具屋で、什器として使われているロッドスタンドが完成イメージ。ホームセンターにて材料を調達します。

選んだのは長さ920mmの1×4材。お値段は一枚300円と、とってもリーズナブル。

できれば簡単なものでも良いので、設計図などを用意すると良いかもしれません。

と言ったものの、ボクは事前に設計図など用意するのは非常に苦手。感覚で仕上げていきます。(すみません……)

工具
普段DIYを頻繁にするわけではないので、用意できる道具には限りがあります。金槌、のこぎり、紙ヤスリ、木工用ボンド、ドライバー、釘、などなど。

 
>>Next Page:オリジナルスタンドの作成に取り掛かります。

オリジナルロッドスタンドの作り方

大工
ロッドスタンドを自作する上で非常に大切なのが、電動ドリルを使って穴あけをする工程。

自宅に電動ドリルがないので、近所の大工さんにお願いしてみました。

最近ではホームセンターでも、簡単な加工なら受けてくれるところがあります。

道具がなかったり、技術が足りないときは、思い切ってお店や周りの人に頼るのも美しく仕上げるコツです。

電動ドリル
今回は30mmの穴を開けてもらいました。

大工
更に穴を開けてもらった木材を、センターで半分に切ります。

ロッドスタンド 材料
これでロッドスタンドで最も重要な加工部分が完成しました。

なんとなく見覚えのあるルックスですね。

加工材料を仮組み

ロッドスタンド 仮組み
材料の加工がほぼ終わったので、仮組みをして最終仕上がりをイメージしてみます。

うん、なかなか良い感じです。

ロッドスタンド
ビスを使って軽く仮止め。

ここも電動ドリルがないため、手で強引にねじ込みます。

ロッドスタンド 自作
お~! 何となくロッドスタンドっぽい形になってきました。

木材
安定感をもたせるため、足部分を強化します。因みにこちらの材料は家にあった端材です。

ロッドスタンド 板
ロッドを立ててみたところ、どうも安定感が良くなかったため、下に斜めの板を取り付けてみました。こうすることで一気に安定感が生まれます。

市販のロッドスタンドなどを見てみると、必ずこうした斜めの板が取り付けられていますね。「そういうことだったのか」と、一人納得。

自作する際は必ずこの板を取り付けることを前提に、材料も調達しておくと良いと思います。

仕上げは紙やすりで

紙やすり
バリが出ているような所は紙ヤスリでサンディング。見栄えもキレイに整えていきます。

ロッドスタンド 足
ロッドスタンドを安定させる足部分はこんな感じです。

今回は木工用ボンドで止めてみましたが、ロッドを立てるぐらいなら十分な強度が得られます。

完成

ロッドスタンド
これでロッドスタンドの完成です。しっかりしているし、見た目も悪くない。

いや〜。自分で作っておきながら書くのもなんですが、コレいいです!

反省点

ロッドスタンド 自作
開けてもらった30mmの穴が、ロッドのグリップ径とほぼ同じになってしまったこと。

もう少し大きめの径がオススメ(40mmぐらいがベスト?)です。

また、ロッドエンドを支えている斜めに取り付けた板は、もう少し下(床側)に設置したほうが、もっと安定するかもしれません。

オリジナルスタンドを自作してみては?

取り掛かる前は色も塗ろうと思っていましたが、木材本来のナチュラルな仕上がりが気に入ったため、そのまま生かしました。

今後使い込んでいくうちに、汚れなどが気になったら塗ってみようと思います。

市販品では満足できない“こだわり派”のみなさま。ぜひオリジナルロッドの自作に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 
撮影・文:DAISUKE KOBAYASHI

ライタープロフィール

小林大介
愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。

海、川、ルアー、エサ釣りと限らず、楽しく美味しい釣りはなんでもトライするのが信条です。

ライター記事一覧はこちら

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
DAISUKE KOBAYASHI

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!