【ソルティガR/ソルティガエアポータブル】ビッグターゲットを仕留める待望の新作ロッド

2020/01/16 更新

オフショアアングラーに多大なる人気を誇る『ソルティガ』。2020年はリールのモデルチェンジだけでなく、新しいロッドのリリースにも注目です。本記事では、ソルティガR/ソルティガエアポータブルの特徴をまとめました。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

2020年のソルティガはリールだけじゃない!

出典:ダイワ
オフショアアングラーの心強い味方である『20ソルティガ』が発表され注目を集めていますが、今年のソルティガはリールだけでなくロッドにも注目です。

発表されたロッドのモデル名は、「ソルティガR」「ソルティガエアポータブル」

近海ジギングを戦略的に、遠征先のフィールドを安心して楽しめるロッド2機種の登場です。

ソルティガR/ソルティガエアポータブル各モデルの詳細

出典:ダイワ
ソルティガRは、異なる弾性で「Response=R」の使い分けを可能とした近海向けのシリーズ。

一方のソルティガエアポータブルは、航空機積み込み制限に対応する遠征用のマルチピースロッドです。

ソルティガR/ソルティガエアポータブルの特徴

強靭なブランク

出典:ダイワ
ソルティガR/ソルティガエアポータブルは、「HVFナノプラス」×「X45」の強靭なブランクを採用。

カーボン繊維の密度が高いHVFナノプラスをX45でネジレ抑制することで、粘り強いロッドに仕上げられています。

自重の軽さも特徴で、長時間キャストやアクションを繰り返しても疲れにくいです。

リールシート

出典:ダイワ
出典:ダイワ
ソルティガRには「軽量エアセンサーシート」、ソルティガエアポータブルには「DPSシート」を採用。

それぞれのロッドを使うシチュエーションに最適な設計としてあります。

いずれもダブルナットで、リールシートの緩みを最小限に抑える仕様です。

Vジョイントα(ソルティガエアポータブルのみ)

出典:ダイワ
ソルティガエアポータブルは、「Vジョイントα」によって、継ぎ目の強度と曲がりの美しさを確保。

ナノプラスをはじめとする高強度素材が採用されていて、大物とのやり取りも安心です。

マルチピースロッドながら、1ピースロッドと遜色ない感覚で使うことが出来ます。

ラインナップ

ソルティガRは近海ジギング向けで弾性の異なる全3機種、ソルティガエアポータブルはキャスティングモデル3機種・ジギングモデル1機種をラインナップ。それぞれのスペックをまとめました。

ソルティガ R

品名全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ジグ・ルアー重量(ジギング)(g)ラインPE(号)本体価格(円)
J60S-3 HI1.831183145MAX210MAX PE351,000
J62S-3 LO1.881188155MAX220MAX PE351,000
J64S-3 MD1.931193150MAX180MAX PE351,000
DAIWA・公式ホームページ

ソルティガ エアポータブル

品名全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ジグ・ルアー重量(g)ラインPE(号)本体価格(円)
C82-62.493(97)(355)MAX130MAX PE661,000
C80-82.44394365MAX160MAX PE861,500
C78-102.343(91)(410)MAX180MAX PE1062,000
J56S-61.682(103)(320)MAX300MAX PE656,000
DAIWA・公式ホームページ

大物狙いにはやっぱりソルティガでしょ!

出典:ダイワ
大物狙いではタックルに妥協は許されません。もしタックルに隙があれば、それが原因で大物を逃してしまうことさえあるでしょう。

ソルティガR/ソルティガエアポータブルの発売は、2020年4月を予定とのこと。

数少ない大物のヒットチャンスを逃さないためにも、ぜひソルティガを手にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!