ガルプvs熟成アクアで釣れるのはどっちだ?ロックフィッシュで釣り検証!

2019/12/06 更新

ロックフィッシュゲームで大人気の「臭い付きワーム」。代表的な二大巨頭と言えば「ガルプ」と「熟成アクア」ですが、まったく同じ環境で釣り比べてみたら果たして釣果は変わるのか。気になりませんか?
そんな疑問を解決すべく、今回はロックフィッシュ釣り対決で検証してみました。


どっちが釣れるの?


こんにちは。アナハゼティです。釣りやガサガサなどのアウトドアを中心に活動しています。

ロックフィッシュゲームで大人気のこの「臭い付きワーム」。

その圧倒的な釣果にロックフィッシャー達から絶大な人気を誇ってます。

代表的な二大巨頭と言えば「ガルプ」と「熟成アクア」が思いつきますが、

まったく同じ環境で釣り比べてみたら果たして釣果は変わるのか。気になりませんか?

そんな疑問を解決すべく、今回はロックフィッシュ釣り対決で検証してみました。

使うワームはこちら

ガルプと熟成アクア
今回は甲殻類系のワームの中で色味やサイズが似ているものを用意しました。

ガルプ! パルスクロー3インチ

ITEM
バークレイ ガルプ! ソルトウォーターパルスクロー3インチ パンプキンシード


ガルプはバークレイ内のラボにて研究開発されたワーム。

その集魚力は通常の臭いなしワームに比べなんと400倍以上の臭い拡散効果と言われています。

エコギア熟成アクア ロッククロー 2.5インチ

ITEM
マルキュー エコギア熟成アクア ロッククロー 2.5インチ J01:オキアミ


旨み成分を酵素の力で引き出す「熟成」という手法により、

ワームに味と臭いをプラスし「まるで生エサを使っているような感覚!」と触れ込みです。

検証ルール


今回のメインターゲットはアイナメ・ソイなどのロックフィッシュです! 検証にあたり定めたルールは以下の通り。

・対戦時間は15時から21時の6時間

・釣りの腕で差が出ないように1時間ごとに担当するワームを交換する

・基本的な仕掛けは同じ

・最終的に多く釣った方が勝ち

いざ検証!


今回の作戦は、明るい時間帯はアイナメを狙い、暗くなったらソイを狙うというもの。

アイナメやソイなどのロックフィッシュは岩礁帯や海藻地帯、ブレイクなどの地形変化がある場所に生息しています。


根掛りが多い釣りなので主にテキサスリグでボトム付近を探っていきます。

そして3時間後‥‥‥


夕まずめギリギリのタイミングでアイナメをゲット!

最初に釣れたのは「熟成アクア」です!

この日は日中のタイミングが長潮の潮止まりで全体的に活性が低くなかなか厳しい状況でした。

しかしアイナメのショートバイトをアタリがあってからしばらく食い込ませて見事物にすることができました。

「臭い付きワーム」の利点が生かされたナイスな一本です。

そして夜へ

暗くなってきたのでソイ狙いに切り替えます。

そしてポイント到着後すぐに‥‥‥


まさかのナオサン1投目でタケノコメバル(ベッコウゾイ)をゲット!

ワームを交換していたので、またしても「熟成アクア」での一本です!


ソイ特有の一発吸引バイトで「熟成アクア」を飲み込みました。

一度食ったら離さない味と臭いにイチコロのようです。

と思ったらその直後、「ガルプ」を使ってたりゅうにヒット!


ででーん! タケノコメバル(ベッコウゾイ)だ!!

そしてさらに!!


どーん!!

なんと同じ場所で「ガルプ」を使って2投連続で釣れました!


ご覧の通りパックリと加えています。

「ガルプ」の圧倒的集魚力により魚が集まってきたのでしょうか?

いよいよ終盤

夜に入ってからの怒涛のヒットにより、なんという偶然かここまでは両者2本ずつという大接戦!

終了時間も近づいてきたので、サドンデスに突入です。

そして最後に釣れたのは‥‥‥

「熟成アクア」だー!

釣れてくれたのは3魚種目のクロソイくんです!

やはり臭い付きワームはロックフィッシュ達に大人気なようです(笑)

ここまで合計5匹の魚を釣りましたが、そのままタイムリミットまで釣り切り検証終了!

結果発表!


接戦の末、見事勝利を掴んだのは「熟成アクア」でした!

しかし、実際はほぼ互角の戦いで、

「どっちもよく釣れる」というのが正直な感想です笑

日や状況が変われば、この結果も逆になっていたかもしれませんし、それが釣りの面白いところですよね。

使い分けることで釣果アップに!

臭い付きワーム
どちらも釣れることが証明できたので、ここからは私なりの使い分けや特徴をいくつかご紹介したいと思います。

匂い以外で「ガルプ」と「熟成アクア」の決定的な違いは、素材(マテリアル)だと感じています。

「ガルプ」は重めのシンカーと組み合わせて大きく水を動かしアピールするのに対し、

「熟成アクア」は素材が柔らかいので軽めのシンカーでも各パーツが細かく動きます。

もちろんワームの形状によって違いはあり、どちらも全フィールドで使えること前提です。

ちょっとした違いですが、素材(マテリアル)に注目して両者を使い分けることで

釣果UPにつながると思いますので、ワームの素材にも注目してみると面白いです。

▼マテリアル(素材)の違いによるワームの使い分け

アナハゼ的・使い分けメモ

ガルプ! パルスクロー3インチ

素材が熟成アクアに比べて硬い。

重めシンカーでもずれない。

磯・船釣りなど重めのシンカーを使用するとき◎

エコギア熟成アクア ロッククロー 2.5インチ

素材がガルプに比べて柔らかい。

軽いシンカーでもよく動く。

漁港・防波堤で使うと◎

アナハゼティ関連記事


紹介されたアイテム

バークレイ ガルプ! ソルトウォーターパ…
サイトを見る
マルキュー エコギア熟成アクア ロックク…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ガルプと熟成アクア
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
アナハゼティ
アナハゼティ

宮城県を拠点に活動している秘密結社YouTuberです。 釣りやガサガサ、昆虫採集などのアウトドアを中心に投稿しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!