安くて簡単!SUU流アシストフックの作り方

2019/07/24 更新

メタルジグを使う上でなくてはならないアシストフック。市販品を買うのもいいですが、意外と高価でお財布へのダメージが大きいもの。今回は安くてしかも簡単に作れる自作アシストフックをご紹介します。


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

自作にはメリットがたくさん


メタルジグを使う上でなくてはならないのが、アシストフック。

釣具店に行けば既製品が販売されていますが、じつはアシストフックは簡単に自作できて、自作のメリットが盛りだくさんなんです!

圧倒的低コスト


既製品のアシストフックは1本当たり150~250円ほどですが、自作であればなんと1本当たり70円前後で作ることができます。

ボディブローのようにじわじわ効いてくる消耗品の出費も、自作なら大幅にコストダウンできるんです。

ジグに合わせて作れる


既製品のアシストフックは長すぎたり短すぎたりと、ジグにちょうど合った長さのものを探すのも一苦労。

でも自作なら、お気に入りのジグにぴったりのサイズで作ることができるので、いちいち店頭で悩む必要がありません。

簡単に作れる


自作は「難しそう」と思っている方も多いかもしれませんが、じつはとっても簡単!

専用工具や難しい技術も必要なく、慣れれば1個あたり5分くらいで作ることも可能です。

用意するもの


アシストフックを作るのに必要なものは、フック、アシストライン、セキ糸(使い古しのPEラインでもOK)、瞬間接着剤、の4つだけです。

たったこれだけでアシストフックを作ることができます!

おすすめフックはコレ


ちなみに、ぼくのお気に入りフックはがまかつのタイラバ用フック「サーベルポイント フッキングマスター」。

フッ素コートで刺さりが抜群に良く、触れたら掛かると思っています。


SUU流アシストフックの作り方


では、ぼく流の簡単アシストフックの作り方をご紹介します。

この記事を見ながら一緒に作業していきましょう!

①作りたい長さを決める


まずは作りたい長さを決めます。

フロントフックの場合は、ジグの1/3の位置にフックのフトコロが来るようにするのが基本です。

②アシストラインをカット


必要な長さがわかったら、その5倍以上の長さでアシストラインをカットします。

あまり短いと作業しにくいので、初めは長めに切るのがおすすめです。

アシストラインに芯が入っている場合は、この時点で抜いてください。

③フックを刺す


アシストラインを二つ折りにして、希望の長さになるあたりにフックを刺します。

必ず二つ折りにしたアシストライン両方に刺し、フックのミミ部分までアシストラインを差し込んでください。

④セキ糸で巻いていく


アシストラインとフックをセキ糸でグルグル巻いて固定していきます。

この時必ずアシストラインがフックのフトコロ側から出るようにしてください。

フトコロ側から出さないと、フックのミミとアシストラインが干渉して傷がつく原因になります。

⑤瞬間接着剤を塗りたくる


セキ糸を隙間なく巻き付けたら、ハーフヒッチでセキ糸を固定し、余ったアシストラインをカットしましょう。

次に、セキ糸部分に瞬間接着剤を塗って固定していきます。

この時にアシストラインに接着剤が付かないように気を付けてください。

⑥完成


瞬間接着剤が乾燥すれば自作アシストフックの完成です!

ジグへの装着はスプリットリングを使って取り付けてください。


応用して違うタイプも作れる

ツイン仕様も簡単にできる


この作り方を応用すれば、違うタイプのアシストフックを作ることも可能です。

アシストラインを二つ折りにせず、両端にフックを取り付ければツインアシストの完成。

ソリッドリングへはチチワ結びで固定すればOKです。

ティンセルも付けられる


セキ糸を巻くときに一緒にティンセルを巻き付ければ、ティンセルアシストが簡単に作れます。

ティンセルを付けることで食わせ力が上がったり、魚の吸い込みでフックが口の中に入りやすくなりますよ!

自作で釣れれば嬉しさ倍増!


自作アシストフックはメリットがたくさん!

しかも自分で作ったアシストフックで魚が釣れれば嬉しさ倍増です。

自作アシストフックにチャレンジして、今よりもっと釣りを楽しんでくださいね!

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
自作アシストフックの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

    六畳一間の狼 SUU

    YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!