イワナ【岩魚】の種類知ってる?その生態と特徴とは

イワナはトラウトファンにとって狙いたい魚のひとつではなでしょうか。実はイワナには数種類存在し、様々な特徴があります。今回はイワナがどの様な魚であるのか、種類や特徴をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

イワナ(岩魚)について

イワナの画像
出典:PIXTA
イワナは、サケ目サケ科イワナ属の魚で、日本のイワナ類は、そのほとんどが淡水で過ごします。夏でも水温の低い河川の最上流などに生息し、体型はサケに似た側扁で、体色は黄褐色から灰色、背部から側面には白い小斑点が散在しています。多くの種類は食用できて渓流釣りの対象としても人気があります。

生態

イワナは肉食性の魚。小型魚や水棲昆虫、落水する虫、動物性のプランクトンを捕食します。2年魚以降の個体で、約20センチほどの大きさに成長し、数年に渡り繁殖行動を行います。産卵期は10~1月ごろ。自然魚の寿命は大よそ6年とされています。

大きさ

イワナの生態の画像
出典:PIXTA
釣人が追い求める大きさは、「尺イワナ」と呼ばれる一尺(約33センチ)を超える個体。この大きさに成長するには、約2年超~3年の月日を要します。平均的な大きさは、地域により異なり、釣りを楽しまれる場合は、遊漁券に記載されているサイズ制限は厳守です。生態系、個体保護を目的とされた制限であり、約15センチ前後の大きさは、孵化後1年前後の個体とされています。

日本記録の大きさは?

日本記録として登録されている大きさは、長さ(参考)92cmの個体と、重さでは7.30キロの個体がJGFA(Japan Game Fish Association)に登録されています。いずれも北海道で釣り上げられています。陸封型の大きさでは、新潟県奥只見湖(銀山湖)にて未登録の大きさではありますが、1メートルを超える個体が釣り上げられたとされています。

イワナ(岩魚)の種類と生息地

日本には北海道から、九州まで様々なイワナ属の魚が生息しています。ここで代表的な種類のイワナ類(亜種)をご紹介します。

ミヤベイワナ

ミヤベイワナの画像
出典:PIXTA
オショロコマの亜種で北海道の然別湖にのみ生息しており、北海道の天然記念物に指定され保護されています。和名のミヤベイワナは最初に発見した札幌農学校の教授、宮部金吾にちなんで付けられました。

オショロコマ

オショロコマの画像
出典:PIXTA
イワナの中でも寒冷気候に適した種で、日本では北海道のみに生息しカラフトイワナとも呼ばれています。日高山系の山岳渓流に多く生息し、ほとんどは河川残留型ですが、一部は降海して生活しています。

▼オショロコマの特徴や釣り方を紹介している記事です。

ニッコウイワナ

ニッコウイワナの画像
出典:PIXTA
イワナの日本固有亜種で、生息域は東北地方、関東地方の山岳部、滋賀県、鳥取県にかけて。夏でも水温が15度以下の上流域を好みます。全長は30~80センチメートルで、体側に白斑が点在し側面から腹部には眼と同じくらいのやや大きめの斑紋が散在しています。

▼岩魚のエサ釣りを紹介している記事です。


ヤマトイワナ

ヤマトイワナの画像 イワナの日本固有亜種で、神奈川県相模川以西の太平洋側、山岳地帯の水温が15度以下の河川に生息しています。体長は25センチメートル程度で、側面に赤や黄の小斑がありますが、他のイワナ亜種のような白い斑点は目立ちません。

ゴギ

ゴギの画像
出典:PIXTA
イワナの日本固有亜種で、中国地方の河川の源流域に生息しています。体長は20センチメートル程度で白斑が頭頂部にもあります。環境省の絶滅危惧II類に分類され、禁漁区が設定され保護されています。

キリクチ

紀伊半島の十津川水系にのみ分布しているヤマトイワナの地域変異型で、この個体群がイワナ類の南限とされています。環境省では絶滅のおそれのある地域個体群とされ、奈良県の天然記念物に指定されていいます。

その他 変異イワナ

カワサバはイワナとヤマメの繁殖力の無い一代交雑種で、ヤマメの特徴のパーマークとイワナの特徴の背中の斑点がサバのように見えることから名前がつきました。その他、パーマークや斑点が無い個体を無斑イワナ、模様が不規則な個体を流れ紋イワナと呼んでいます。

降海型のイワナ

世界的にイワナ類も、鮭類と同様に海に降り、成熟期をむかえると川を遡上しますが、日本産イワナのほとんどは、河川や源流などに残留する陸封型。これは温暖化の影響により海水の温度が上昇し、冷水が流れる河川の上流部に留まっているとされています。日本産のイワナ類では、北陸地方以北から北海道産が降海型として知られています。
※極稀に、北陸以南でも降海をする個体が捕獲されることもあります。

アメマス(エゾイワナ)

エゾイワナ(アメマス)の画像
出典:PIXTA
日本では千葉県以北の太平洋側、山形県以北の日本海側に生息しており、イワナの中でも冷水域を好む魚です。イワナでは唯一降海型と河川残留型がいる種で、孵化後すぐに降海せず2、3年程度を河川で過ごした個体が降海します。河川残留型をエゾイワナとも呼んでいます。

▼アメマスの釣り方と人気料理を紹介している記事です。

ヤマメとの違い

イワナとヤマメ。魚に詳しい方や釣りを楽しんでいる方でないと、違いを知るのは難しいのではないでしょうか。同じサケ科の魚で、降海型となると呼び名が変わります。ここで簡単な違いを紹介します。

ヤマメ

ヤマメの画像
出典:PIXTA
魚体の模様(パーマパーク)が特徴的なヤマメ。同じ河川に生息している場合、イワナより下流にいます。また、ヤマメは俊敏で川の流れを自由に泳ぎ回りますが、イワナは物陰に身を潜める違いがあります。
▼ヤマメや似たアマゴについて紹介している記事です。

イワナを詳しく知ろう!

岩魚の画像出典:PIXTA
触れあうチャンスがないと、中々知ることができない魚「イワナ」。昨今では個体数が減少傾向にもあり、生存が脅かされています。古くから釣りの対象魚として親しまれている数少ない在来種を、詳しく知り、保護していきましょう!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!