ショックリーダーを短くすると根掛かり激減!その理由を詳しく解説

2019/08/19 更新

あまり知られていませんが、じつはショックリーダーの長さと根掛かりには密接な関係があります。そこで今回は、ショックリーダーを短くすると根掛かりが減る理由を解説します。


アイキャッチ画像提供:TSURI HACK編集部

リーダーの長さで根掛かりが減る!?

ショックリーダーの画像
撮影:TSURI HACK編集部
底をタイトに攻めると起こってしまう、根掛かり。しかし、底を取ることは釣りの基本です。そんなジレンマに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、注目するのが“リーダーの長さ”。じつは、リーダーの長さに注意すると、根掛かりを減らせるのです。

リーダーを短くすれば根掛かりが減る!

結論からいうと、リーダーを短くすればするほど、根掛かりを減らせます。一見すると根掛かりとは無関係に思えますが、次項でその理由をチェックしましょう。


根掛かりを減らせる理由

ショックリーダーの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ルアーフィッシングで使用頻度の高い、“PEライン+フロロカーボンのショックリーダー”というラインシステムを前提に、根掛かりが減る理由を解説します。

長いリーダーの場合

フロロカーボンは比重が高いため、長いリーダー部分が底を這う形になります。この状態からロッド操作やリーリングを行うと、ルアーも底を這ってしまうことに。

「底を丁寧にトレースできる・レンジキープ力が高い」ともいえますが、根掛かりも増えてしまいます。

短いリーダーの場合

リーダーが短くなって水中のPEラインが増えると、ラインが水中を漂う状態になります。

この状態からルアーを動かそうとすると、上方向へ引っ張られるため、ルアーが底から浮き上がって根掛かりが減少します。

ラインの特性を知って根掛かりを減らそう

ショックリーダーの画像
撮影:TSURI HACK編集部
じつは、根掛かりと密接な関係にあったショックリーダー。根ズレ対策で長さを変える人はいても、根掛かり対策で工夫している人は少ないのではないでしょうか。

ライントラブルと同じく、根掛かりはダイレクトに釣果へ悪影響を及ぼすため、ぜひ対策してみてくださいね!

関連記事


ショックリーダーの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!