【静岡中部サーフレポートVol1】荒食いを見逃すな!ヒラメがアツい時期到来

2022/10/31 更新

静岡県全体でも大人気なサーフフィッシング。ショアジギングにヒラメ狙いなど、夢のような釣果が期待できることも。しかし、大切なのは接岸と回遊。これを予想するには釣果情報は無視できません。というわけで、静岡サーフ・遠州サーフなどの昨年や先月の釣果を参考に、今月の釣果予報をお届けします!

目次

アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

静岡中部サーフレポートVol1 2019年4〜5月

サーフフィッシングが盛んな静岡県中部エリア。

ヒラメなどのフラットフィッシュや、青物狙いのショアジギングといった釣りが大人気です。

しかし、回遊や接岸で釣果が左右されるのもまた事実。できるなら釣れている時に行きたい……という気持ちもわかります。

というわけで、今回は2019年5月の釣果を予報! 先月や昨年の様子を合わせてお届けしますよ~。

レポーターはわたくし

YouTubeで六畳一間の狼として、釣り動画を配信しているSUUです。

年間釣行日数は200日以上。静岡中部エリアの釣りは任せてください!

みなさんの釣りがより充実したものになるよう、お手伝いができればと思います!

先月(2019.4)の様子は?

先月のサーフの状況はどうだったでしょうか?

前の月の状況を知っておくことで、これから先のシーズンの状況が読みやすくなります。

中旬から釣果右肩上がり

駿河湾は中旬くらいから沖の暖かい潮が入り、海水温が上昇してベイトが活気づき始めました。

そのタイミングからヒラメの釣況が少しずつ右肩上がりに。

シーズン本格化とまではいきませんが、前の月と比べると格段に良くなっています。

エリアレポート

静岡エリアのサーフ

釣況良くなっています。ベイトがいるポイントに入れればかなり可能性高いです。

遠州エリアのサーフ

春の爆風シーズンとなり、釣りができない日が多いです。

魚は確実に入っている時期なので、風に強いルアーで攻めるのが良いでしょう。

昨年はGW後から本格化!

昨年は5月からヒラメシーズンが本格化。

単日で2枚、3枚といった好釣果もありましたよ!

釣果が集中していたのは!?

特に釣果が上がったのは静岡サーフ。

広い範囲にベイトが入っていたので、ピンポイントではなく広い範囲で狙うことができました。

今月は春の荒食いヒラメを狙え!

春は一年でもっとも釣りやすいシーズン。釣るなら今です!

産卵前の荒食い

ヒラメの産卵時期は春。

産卵を控えたヒラメは体力をつけるためにたくさんのエサを捕食します。

ベイトがいればチャンス大

エサをたくさん食べたいヒラメは、ベイトについて回遊していることが多々あります。

ベイトを見つけることができれば連続ヒットの可能性大です。

ポイントで迷うならココはいかが?

浜川河口

安倍川河口
海に淡水が流れ込む河口付近はベイトが集まりやすく、地形に変化が生まれやすいポイントです。

大型河川だけでなく、ちょっとした流れ込みでも十分にポイントになりますよ!

オススメのルアー

アイマ スピンガルフNEO 30

全長:105mm(ボディ55mm)
重量:30g

ぼくの愛するスピンテールジグ!

実績抜群でサーフのヒラメ狙いには欠かせません。

みなさんの釣果報告を楽しみにしています!

春は風が強く釣りがやりにくい日も多いですが、ヒラメは食い気満々なことが多いです。

座布団ヒラメ目指してサーフに繰り出しましょう!

関連記事