もはや釣れたも同然。水面に浮かぶ「泡」を絶対に見逃すなよ!

2019/01/15 更新

釣り場でよく見かける、水面に浮かぶ“泡”。どこにでもある風景ですが、実は、泡は見逃すことのできない存在。今回は、泡と釣果の関係を特集しました!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

釣果につながる”泡探し”

釣り場の画像
撮影:TSURI HACK編集部
釣りに出かけると、水面に浮かぶ泡を目にすることはありませんか? 実は、この泡は釣果と密接な関係にあるのです。

泡を見かけた際に、「水質が悪そうで釣れない」と判断している方も多いのではないでしょうか。

しかし、泡は“釣れたも同然”の大チャンスなのです。今回は、そんな泡について解説していきます。

泡が釣れる理由

釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
「泡は釣れる」と言っておきながら、泡自体に釣れる要素はまったくありません。

しかし、「泡が集まる場所」というのが重要なのです。なぜ泡が集まる場所が釣れるのか、ご紹介しましょう!

泡が集まる=いろんなものが集まる

出典:Pixabay
泡は自分で動くことがないため、必ず潮や風に流されて集まります。

すなわち、泡が集まっている場所は、潮のヨレや潜り潮を示しており、プランクトンが溜まっているのです。

当然、プランクトンが集まれば、小魚やそれをエサとするフィッシュイーターが集まる好ポイントとなります。


こんな泡が釣れる

釣り場の画像
撮影:TSURI HACK編集部
見つけたら絶対に狙いたいのは、“帯状に集まっている泡”です。

このような泡の集まりは、しっかりと動いている潮のヨレであるため、よくエサが溜まります。

喰い気のある魚が表層や中層に集まっていることが多く、ルアー・エサを問わず、浅いタナを狙ってみてください。

こんな泡は釣れない

釣り場の画像
撮影:TSURI HACK編集部
密度が高い帯状の泡とは対照的に、全体的にまばらに散っている泡は期待薄です。泡が散っているということは、潮が動いていないことを意味します。

また、当然ですが、工場の排水が作るような“高度成長期系”の泡は論外です。

泡は大ヒント

釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
意外と見逃している方が多い「泡」。潮を読むのは難易度が高いですが、泡はハッキリと目に見えるため、大きなヒントとなります。

釣行の際は視野を広く持って、海を見渡してみてはいかがでしょうか。

関連記事


海の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!