オオニベを狙うために必要なタックルと基本知識!気になる味は?

宮崎の県魚にも指定されているオオニベは、最大で1.5メートルにもなる巨大な魚。限られた時期にのみ岸からも狙うことができますが、一体どんなタックルが必要なのでしょうか。そして、オオニベは美味しい魚なのでしょうか。気になるオオニベの色々をまとめてみました。

目次

オオニベってどんな魚?

オオニベとはスズキ目ニベ科の魚で、体長が最大で1.5メートルにもなる巨大魚です。体に対して頭部は小さい、胸鰭は短く後端が第一背鰭の後端に達しない、魚体は銀色の鱗に覆われているなどの特徴があります。相模湾以南の南方の海に生息し、宮崎県では釣りのターゲットとしても人気の魚です。宮崎県では養殖も盛んで冬の県魚にも指定されていますが、天然ものは流通量も少なく幻の魚とも呼ばれます。

オオニベが釣れる時期と場所

オオニベの釣れる時期はいつ頃で、どこで狙えるのでしょうか。オオニベが釣れる時期と場所をチェックしておきましょう。

オオニベが狙える時期

オオニベは冬のサーフから狙う

出典:Pixabay

オオニベは12月から1月にかけて産卵のために浅瀬にやってきます。そのため、この限られた時期にのみショアから狙うことができます。それ以外の時期は深場にいるためショアからは狙うことはできません。船に乗れば狙うことは可能です。

オオニベが狙える場所

オオニベを狙うのに適した場所は砂浜です。特に宮崎県ではオオニベの種苗放流も行っており、他県に比べると魚影も濃いといわれています。産卵期が近づくと浅瀬にやってきて、砂浜の浅瀬で小魚などの餌を活発に追いかけますので、それを狙って釣りをします。

 

オオニベを狙うのに最適なタックルは?

1.5メートルにもなるオオニベを釣るためにはどんなタックルを準備すればよいのでしょうか。ロッドやリールなど、各釣具ごとにみていきましょう。

ロッド

大型のオオニベはトルクもあるので、ミディアムヘビークラスがおすすめです。また、広範囲を効率よく探るために長さは10フィート以上あることが望ましいです。該当するシーバスロッドを代用するのが良いでしょう。

シマノ エクスセンス S1000MH/R

全長:10ft
自重:162g
継数:2本
仕舞寸法:156.3cm
ルアー重量:8-45g

ダイワ ラブラックス AGS 96M

全長:9.6ft
自重:157g
継数:2本
仕舞寸法:149cm
ルアー重量:10-50g

リール

リールは3000~4000番程度の大きめのスピニングリールがおすすめです。オオニベがかかって遠くまで走られた際にも対応できる十分な量のラインが巻けるものを選びましょう。

ダイワ セオリー 4000H

ギア比:5.7:1
自重:335g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:101cm

シマノ ストラディックCI4+ 4000XGM

ギア比:6.2:1
自重:235g
最大ドラグ力:11kg
巻取り長さ:99cm

メインライン

大型になるオオニベですが、そこまで太いラインを使う必要はありません。むしろラインの太さはやや落として、ルアーの飛距離が伸びるようにしたほうがヒット率も上がります。PEライン1.2号~2.0号程度を200メートル程巻くと良いでしょう。

ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム ピンク 150m 1.5号

リーダー

オオニベの口には小さな歯がたくさん並んでいますので、PEラインではすぐに切れてしまいます。リーダーはメインラインの太さとのバランスをみて、フロロカーボンラインの30~40ポンドを1メートル程先端に結ぶのが良いでしょう。

モーリス バリバス フロロショックリーダー

ルアー

ルアーはオオニベが捕食しているベイトフィッシュのサイズや種類に合わせて選択すると良いでしょう。ヒラメやシーバス用のミノーやバイブレーションがおすすめです。

バスデイ レンジバイブ 70ES

全長:70mm
自重:15g

シマノ エクスセンス サイレントアサシン

全長:99mm
自重:17g

ダイワ ショアラインシャイナーZ バーティス 80S

全長:80mm
自重:11.8g

オオニベの釣り方

産卵期のオオニベはグチと呼ばれるベイトフィッシュを盛んに捕食します。そのため、グチの群れがいる場所に効率よくルアーをキャストするのがオオニベを手にする近道です。また、砂浜には離岸流と呼ばれる、岸から沖に向かって流れが発生する場所があり、離岸流には魚が集まりやすいといわれます。離岸流とベイトフィッシュの2点を頭におきつつ、釣ってみてください。

オオニベは美味しいの?

オオニベは食べても非常に美味しい魚とされています。どんな料理がおすすめなのでしょうか。

釣ったばかりの魚はやはり刺身がおすすめです。すき通っていて、もちもちした食感のオオニベの刺身は釣り人の特権です。オオニベが釣れた際は是非、刺し藻を味わってみてください。

刺身以外にも、クセのない白身はフライなどにもってこいです。ふっくらとしたオオニベの身はとても美味です。このほか縫いもムニエルや塩焼きなど、料理を選ばず美味しく食べられるのがオオニベのいいところでもあります。

 

巨大オオニベと勝負!

大型のオオニベは様々なタイミングが合った場合にしか出会えない非常に貴重な魚です。そんな魚だからこそ、釣り人は巨大なオオニベを狙って海へ繰り出します。大物をショアから釣ってみたい方は是非、オオニベ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。