激うま!【バーナー×カップヌードル×チューブにんにく】でつくる極上釣り場めし

2018/12/26 更新

外でカップヌードルをすするなら、どの季節よりも「冬」が断然オススメ。冷え切った体にしみる美味しさは、アウトドアならではの味わいなんだと思います。「釣れなくてもハッピー、釣れたらもっとハッピー」ということで。


寒い冬。困る飯。

冬の釣りさむい。

そう、冬の釣りはさむい。そして、地味に困るのが食事なんです。

室内でありつける場所があれば理想ですが、これが釣り場の近くとなると、まぁ少ない。

というわけで、こんなものを買ってみた。

ジェットボイルフラッシュ
登山者やキャンパーの間では、当たり前のように知られている、このジェットボイルという代物。

かなり端折って説明すると、「短時間で湯沸かしできるバーナー」といったところでしょうか。

そして、2018年。このたび、“フラッシュ”という最新モデルが追加されたのです。

なんと、これ、500mlの水を100秒で沸騰させることができるという、モンスターバーナーなのであります。※気温20℃の場合

100秒というと、ケニアの陸上選手「デイヴィッド・レクタ・ルディシャ」氏が、800m走で叩き出した世界記録とほぼ同じ。(1分40秒91 / ロンドン大会)

 

▲※大人の事情により画像はイメージ(本人ではありません)出典:pixabay
……

えっ?

 

つまり、それって、めっちゃ早いよね?

 

これで、カップヌードルとか、極上釣り場めしだよね?

 

そんなわけで、購入してしまいました。

 

【次ページ:ケニア人のほっぺも落ちる、極上ちょい足し】


材料はたったこれだけ

ジェットボイルフラッシュ
今回は手軽さがテーマ。必要なものはぜんぶ、コンビニでそろいます。(ジェットボイルだけは売っていないのであしからず)

ジェットボイルフラッシュ
まずはジェットボイルを組み立て、お水を規定量までちゃぷちゃぷ。

ジェットボイルフラッシュ
点火して温まってくると、「炎のマーク」がオレンジ色にメラメラ。

ジェットボイルフラッシュ
頂点まで染まれば、湯沸かし完了の証。

老若男女、だれが見てもわかりやすい、親切な表現方法がいいですね。(やさしいね)

しかし、ほんとにあっという間に湯が沸いてしてまって、びっくり。

ジェットボイルフラッシュ
フタに注ぎ口がついているから、不器用でもヤケドしないのがいい。超いい。(にくいね)

ジェットボイルフラッシュ
3分の沈黙の後、おとずれる高揚感と立ち込める香り。(じゅるり)

ジェットボイルフラッシュ
エビ、卵、肉、ネギ。男子が好きなもの、全部はいっちゃってます。

 

では、さっそく……

 

おっと、その前に。ここで一工夫。

コレをちょい足し。

▲友人M。好きなタイプは吉田羊。ルックスとは裏腹に犬がニガテ。理由は「吠えるから」。
今回の引き立て役、「チューブにんにく」参上。


適量を“ブチュ”っとな。今宵、デートを控えている人は、調子乗りすぎに要注意。


よーく、かき混ぜて。

やっぱりカップヌードルは、割り箸よりもフォークで味わいたい。(絵になる&具が拾いやすい)


おぁ! 香りがいいね~。いただきます!


ズルズルズル~♪

【次ページ:お味はどうなんだい?(ぜったいおいしいけど)】




はふっ、はふっ♪

おお~! なんと、うまいんだ……。

これはススムね~♪

▲そんなに?(懐疑)と言いながら、マシマシに盛りまくる友人F。最近覚えた言葉は、「流心にワンテンをスパイラルキャスト」。
いただきま~す! ズッ、ズゾゾゾゾ~♪

くはぁ~♡ うめぇ!!!


にんにく入れるだけで、こんな変わるんだね。


ほんとだね。この手軽さがいい感じ。さすが、万能調味料。温まるしサイコーだわ。


外で食べてるってのも、あるかも。

だいたい、1.5倍くらい美味しく感じるんじゃない?

究極、それな!(ズゾゾゾ~……)

ジェットボイルは“ただのツール”。でもね。


キャンプや登山と違い、結果にとらわれがちな、釣りというアソビ。

とくに冬は寒さも相まって、ついつい釣れないことに辛さを感じてしまうもの。

でも、ほんとうは「釣りができるだけでも幸せ」なのかもしれない ― 。

うまそうに頬張る友人たちを見て、そんな当たり前のことに気づくことができました。

 

ありがとう、ジェットボイル。いい、ギアです。

 
ITEM
ジェットボイル フラッシュ
高い火力と高いエネルギー効率を両立させ、0.5リットルの水を約1分40秒で沸騰させる驚異の沸騰スピードを実現したシリーズ最速沸騰モデル。 自動点火装置やグローブのままでも扱いやすい大型の火力調節つまみ、沸騰を色の変化で知らせるインジケータ、パッキングしやすい形状など「使いやすさ」も兼ね備えています。

・サイズ:φ104mm×高さ180mm(収納時)
・総重量:440g (ガスカートリッジを除く)
・容量:1.0L
撮影・文:編集部 T

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!