【解禁直後が狙い】泳がせで狙うヒラメの船釣り-タックルや仕掛けを解説

2019/02/28 更新

生きたイワシを泳がせ“高級魚ヒラメ”を狙う船からのヒラメ釣り。鹿島や外房などシーズンインともなると各地から釣果情報がとびかいます。今回これから始めたいというかたへ、ヒラメを船から釣るためのタックルや仕掛けのほか、釣り方のコツをご紹介します。


アイキャッチ画像提供:Kazunori Seno Facebook

船から狙うヒラメの釣り方

船から狙ったヒラメ 美味しい高級魚として知られる「ヒラメ」。関東では冬季に釣り場の解禁を迎え、船からのヒラメ釣りが盛り上がりを見せます。

ヒラメは最大で1メートル・体重10キロにも大きくなり、小魚を捕食するため餌釣り・ルアー釣りどちらでも狙うことが出来る魚です。

今回はヒラメの船釣りについての解説をしていきます。

ヒラメ船釣りの王道“イワシ泳がせ”

船からヒラメを狙う時にはs専用サビキ仕掛けを用いた“落とし込み”でも狙われますが、活きたイワシを餌とした泳がせ釣りがメインとなっています。

アタリが出てからしっかり食い込むまで待ち、アワセを入れるのがこの釣りの醍醐味です。

釣り場の特徴

ヒラメが生息しているのは底が砂の場所。そのためヒラメを船から狙う際には底が砂地・砂礫のポイントがメインとなります。

また底が砂であることに加え、根の点在する場所やカケアガリを狙っていくことが多いです。

餌の付け方

ヒラメのイワシ泳がせでは活きたイワシを鼻掛けや上顎掛け、背掛けといった方法で付けていきます。鼻掛け・上顎掛けは針が外れにくくエサが弱りにくいことがメリットがあります。

一方、背掛けは餌が弱りやすいですが背びれ付近の硬い場所に針を掛けることで、深場まで一気に沈めても餌が外れにくいメリットがあります。

いずれの掛け方でも餌が弱らないように、手を濡らして素早く付けるのがポイントです。


ヒラメ釣りの“2つのコツ”

ヒラメの釣果 イワシの泳がせ方とアワセの入れ方・タイミングがポイントとなるヒラメの泳がせ釣り。

ちょっとした釣り方の違いが釣果を大きく変えることもあるのがヒラメの船釣りです。ここでは初心者に意識してもらいたい“2つのコツ”をご紹介します。

コツ1-イワシの泳がせ方

ヒラメは底に潜んでいますが、視界が上に広いため、底だけでなく少し上に仕掛けを持ち上げて誘うのがポイント

船の流れるスピードに合わせつつ、適度に底を取り直しながら釣りをしていきましょう。

コツ2-アワセ〜やりとりのポイント

ヒラメの泳がせ釣りでは「ヒラメ40」という格言があります。これはアタリがあってもヒラメは餌を飲み込んでいるわけではないので、40秒数えてしっかり食い込ませてからアワセを入れた方がよいということを意味しています。

実際には前アタリがあったらしばらく待ち、竿にヒラメの重さが掛かる本アタリを感じたら即アワセを入れてみてください。やりとりは一定のテンションを保つようにリールを巻き、水面まで上がってきたらタモで素早く掬うようにしましょう。

ヒラメ船釣りタックル

ヒラメ仕掛け
画像製作:TSURI HACK編集部
ヒラメの船釣りではイワシを魅力的に泳がせ、ヒットしたヒラメを確実に取り込めるタックル選びが釣果を分けます。

ここではロッド・リールなどイワシの泳がせでヒラメを狙う際のタックル基準をまとめましたので、参考にしてみてください。
ロッド 長さ2~3メートル、オモリ負荷最大100~150号、胴調子
リール ダイワ150~200番・シマノ600~800番クラスの中型電動リール、糸巻き量PE2~3号300メートル
ライン 基本はPE3号前後、LTタックルではPE1.5~2号
仕掛け・ハリ リーダーの太さフロロ5~8号、親針:丸セイゴ17号・チヌ針6号前後、孫針:泳がせ用変形トリプル
オモリ:種類 六角型オモリ、重さは40~150号

ロッド

ヒラメの泳がせ釣りのロッドは、2~3メートル程度の長さでオモリ負荷が最大100~150号のものを選びましょう。

調子は「7対3」から「6対4」で胴部分までしっかり曲がり、パワー(硬さ)は、M~MH(ミディアム~ミディアムヘビー)の表示がしてあるものが最初の1本としておすすめです。
ITEM
シマノ ベイゲームX ヒラメ MH270
操作性に優れた7:3調子で汎用性の高いヒラメ釣り専用機種

全長:2.70m
自重:177g
継数:2本
仕舞寸法:138.5cm
オモリ負荷:40-120号

ITEM
ダイワ ヒラメX M-270
強化構造ブレーディングX搭載でパワー・コントロールに優れたヒラメロッド

全長:2.70m
自重:160g
継数:2本
仕舞寸法:140cm
オモリ負荷:30-100号

リール

ヒラメの船釣りでは、自動で巻き上げ出来る中型の電動リールを使うと便利です。

ダイワであれば150~200番、シマノであれば600~800番がおすすめ。糸巻き量はPE2~3号が300メートル程度巻ければ十分です。
ITEM
ダイワ ミリオネア バサラ200H
ダイワが送る船用手巻きリールのフラッグシップモデル『ミリオネア』

ギア比:6.3:1
自重:325g
最大ドラグ力:7kg      
巻取り長さ:71cm
PE糸巻量(号-m): 3-180/4-120

ITEM
シマノ フォースマスター 600DH
親指1本で快適な操作をスピーディーに行えるコンパクト電動リール

ギア比:5:1
自重:500g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:53cm
PE糸巻量(号-m): 2-300/3-200

ライン

ヒラメの船釣りではPEラインが主流となっています。太さは3号前後を基本に、ライトなタックルでは1.5~2号を使います。

PEラインはマーキング付きで水深が分かりやすいものを選んでみてください。リーダーは根ズレに強いフロロカーボンの4号以上を使ってみましょう。

仕掛け

ヒラメの船釣りでは親子サルカンを使い、オモリと針をそれぞれ結びます。オモリは水深によって40~150号程度を使い分け、根掛かりしたとき切れやすいように、捨て糸はリーダーよりも細めのものを使います。

針は親針として丸セイゴ17号前後やチヌ針の6号前後、孫針には泳がせ用の変形トリプルを使うと針掛かりをよくすることができます。
ITEM
がまかつ ヒラメ 泳がせ 孫鈎仕掛


▼ヒラメ仕掛けの詳しい解説はこちら

白身が絶品『ヒラメ』

ヒラメは船釣りの他にサーフからのルアーでも人気のターゲット。ヒラメは釣り味に加え食味もよく、刺身や煮付け、唐揚げで美味しく食べることが出来ます。

ヒラメのルアー釣りや調理のレシピに関しては、下記の記事を参考にしてみてください。

▼ヒラメの詳しい生態・レシピはこちら

▼ルアーで狙うヒラメ釣りの解説

▼ヒラメ釣り全般の解説はこちら

ヒラメの船釣りにチャレンジ!

ヒラメ大漁 道具を揃えて釣り方のコツを覚えておけば、ヒラメの船釣りは手軽にチャレンジすることが出来ます。

ヒラメが多いポイントに入れれば、連続ヒット・大漁も決して珍しくはない釣りです。ぜひ本記事を参考にヒラメの船釣りにチャレンジしてみてくださいね。

ヒラメ船釣り
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!