雨の日はアオリイカが釣れない説は本当なのか!?雨のエギングで釣果を出すための秘訣とは

雨の日はアオリイカが釣れない。そんな噂を聞いたことはないでしょうか?とはいえ、雨の日でもアオリイカが釣れることだってあります。しかし、良くない影響を与えるのは確かです。その中でエギングの釣果を出すにはどうしたら良いのか、その攻略へと迫ります。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

雨の日のエギングについて

雨の日のエギング
出典:photo-AC
エギを巧みに操作し、アオリイカなどのイカを狙う人気のエギング。釣り場でエギンガーの姿が見られることは日常となりましたが、雨天時はやはりエギングをしている人は少なく感じられます。

では、雨が降ったらイカは釣れないのでしょうか? 今回は雨天時のエギングを解説していきます。

そもそもアングラーの活性が下がる

雨の日はアングラーの活性が下がる
出典:PAKUTASO
雨は海中の状況変化をもたらし、魚に影響を与えますが陸上でもある変化が起きているのです。そう、われわれアングラーの活性まで下がってしまうということ。

冬場はただでさえ寒いのに、雨が降り出した時にはもう釣りどころではありません! この記事をご覧のみなさんも、雨が降ったら家を出ないという方も多いかもしれませんね。

アオリイカ×雨を本気で考えてみる

アオリイカ 雨ってどうなの?
出典:PAKUTASO
アングラー側の活性はさておき、雨がアオリイカにどのように作用をするのか。まず初めにアオリイカが雨を好むか生物か否かですが、答えは雨が大嫌いな生物なのです。

汽水域に生息するチヌやシーバスなどは一時的な真水にも耐えられます。ですが、海水域で潮通しの良い場所を好むアオリイカにとっては、雨という真水は死活問題。

そうして考えてみると「雨の日はアオリイカ釣れないじゃん……。」となってしまいますよね。もっと詳しく掘り下げていきましょう。

雨の日はアオリイカが釣れない説

雨の日 アオリイカ釣れない説
出典:PAKUTASO
真水が大嫌いなアオリイカ。まことしやかに噂されている【雨の日はアオリイカが釣れない説】は本当なのでしょうか?

塩分濃度が下がる説

アオリイカ 塩分濃度
出典:pixabay
雨が海中に溶け込むことで塩分濃度が低下します。雨が続くと水より重い海水は下へ沈み、淡水と海水の分離が見られます。いわゆる二枚潮の状態です。

この海水と分離した水潮は、アオリイカにとって大敵であり、被害を受けないよう影響の少ない沖などへ移動することから、ショアからのエギングが難しくなってきます。

また晴れていても前日まで雨量が多い雨が続いた場合は、水潮が抜けていないこともあるので、当日の天気だけではなく、過去数日間の天気がどうだったかも気にするようにしましょう。

濁りが入ってしまう説

アオリイカ濁り
出典:pixabay
雨の影響として代表的な水の濁り。目で情報をキャッチし行動するアオリイカにとって、濁って周囲が見えない状況はエサの捕食やフィッシュイーターからの避難が出来なくなるため、良い環境とは言えません。

濁りを回避するため、アオリイカは濁りの少ない沖の水深のあるボトム~中層付近に落ちていきます。エギがターゲットに届かなければ、さすがに釣果を残すことは出来ません。

実際どうなの?

アオリイカ どうなの?
出典:photo-AC
雨が大嫌いなアオリイカを狙うエギングでは、雨はあまりいい用には作用しません。

しかし雨の降り方によっては大チャンスになる場合もあるため、全く釣れないわけではありません。今度は雨がもたらすメリットを見ていきましょう。

しかしこんなメリットも?

出典:PAKUTASO
アオリイカは雨を嫌います。しかし、降り始めや雨量が少なければ、海中生物の活性があがりパラダイスになるケースもあるとか。

今度はアングラーの活性も上がる、雨の嬉しいメリットをご紹介します。

ベイトの活性が上がる

アオリイカ ベイト
出典:pixabay
雨が降る前や降水中は、低気圧で魚が動きやすくなることや、海水面の酸素がふえることでベイトが活発的に動き出します。

ベイトの活性が上がるということは、もちろんアオリイカも捕食行動を積極的に行うということ。アングラーにとってチャンス到来となります。

水潮が出ない程度の小雨であれば、エギングとって恵みの雨と言えるでしょう。

ライバルが少ない

出典:pixabay
釣果実績が高い人気の釣り場では餌釣り師や、エギンガー以外のアングラーも多く、釣りができずにポイントを諦めることもあります。

運よく人気ポイントに入れたとしても隣との間隔が近かったりと、気持ちよく釣りを楽しめない経験をされた方も多いのではないでしょうか。

しかし雨が降ることで釣りを諦めるアングラーが多く、普段混雑が嘘のように解消されることもあります。

気配が消えやすい

出典:pixabay
視覚で情報を得て行動するアオリイカは人間を見て捕食を止めたり、エギを見切ったりと常に警戒を怠らず行動しています。

しかし雨など天候が悪くなると光量が下がり、好天時に比べ適度に視認性が悪くなることで人的プレッシャーの緩和やルアーであるエギが見切られにくくなったりなどメリットが生まれます。

またフィッシュイーターに狙われにくくなったアオリイカの活性が上がるケースもあり、捕食スイッチが入るきっかけになることもあります。

雨の日は〇〇〇〇選びでカバーしよう!

出典:pixabay
エギングにおける雨は、良い面と悪い面の二つの顔を持っています。しかし『あること』をしっかり選ぶことでデメリットを消し去り、釣れる可能性をグッと上げることが可能なのです!

雨の日に意識していただきたい『あること』とは……? 一緒に考えてみましょう。

河川から離れる

アオリイカ 河川
出典:PAKUTASO
河川に隣接している堤防や流れ込みがある漁港は、雨の影響を受けやすく、真水が苦手なアオリイカにとって住みづらい環境となります。

また河口付近は沖に比べ水深が浅く、酷く濁りやすい状況にあることもエギングにとっては大きなデメリットです。

雨量が多い場合や前日まで雨が降り続いた際は、河川から離れた影響の少ないポイント選びを意識してください。

フレッシュな潮が入る場所

アオリイカ 潮通し
出典:photo-AC
フレッシュな潮が入ってくる場所は、多少の雨が降っても、塩分濃度の低下や濁りなどの悪影響が少ないのです。

またアオリイカは雨の影響が少ない場所を求めて移動しますので、釣れなくても時間をずらして再入釣したり、回遊を待つこともオススメします。

水深のあるエリアを選ぶ

アオリイカ 水深
出典:pixabay
海水よりも比重の軽い淡水の雨は、海水と混じり合わず2つの層を作り上げます。なので水深があればあるほど中層からボトム付近は雨の影響が少なく、アオリイカにとって絶好の避難場所となるのです。

エギが見えないほど海面が濁っている状況でも、ある程度水深があればボトムの方は潮が澄んでいることが多いので、避難しているアオリイカをピンポイントで狙うことが出来ます。

雨の影響が少ない場所、アオリイカの避難先を抑えた『ポイント』選びこそが、雨のエギングで肝となる部分ですよ!

雨を味方につけよう

出典:pixabay
釣り人にとって印象が悪い雨ですが、目線を変えれば強力な味方となるのです。雨の日はイカが釣れないから釣りをしない! と決められているエギンガーさんは是非とも雨のポイントを抑えたレインエギングを試みて下さい。

また悪天候の釣りは晴天時に比べ、危険度が増します。小雨程度でも安全面には十分考慮し、大雨や雷注意報が発令されているときは釣りを控えるよう自己判断をお願いします。

▼エギングの関連記事はこちら

▼雨具で雨対策!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!