雨の日のエギング

雨の日はエギングは釣れない!?雨でもアオリイカを釣るための秘訣はコレだ

雨の日はアオリイカが釣れない。そんな噂を聞いたことはないでしょうか?とはいえ、雨の日でもアオリイカが釣れることだってあります。今回は、雨がアオリイカに与える影響と雨の中でもエギングでしっかり釣果を出すための秘訣に迫っていきたいと思います。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

雨の日のエギングについて

雨の日のエギング

出典:photo-AC

エギを巧みに操作し、アオリイカなどのイカを狙う人気のエギング。釣り場でエギンガーの姿が見られることは日常となりましたが、雨天時はやはりエギングをしている人は少なく感じられます。

では、雨が降ったらイカは釣れないのでしょうか? 今回は雨天時のエギングを解説していきます。

雨の日はアオリイカが釣れない説

雨の日 アオリイカ釣れない説

出典:PAKUTASO

汽水域に生息するチヌやシーバスなどは一時的な真水にも耐えられます。ですが、海水域で潮通しの良い場所を好むアオリイカにとっては、どうなのでしょうか。

塩分濃度が下がる説

アオリイカ 塩分濃度

出典:pixabay

雨が海中に溶け込むことで塩分濃度が低下します。雨が続くと水より重い海水は下へ沈み、淡水と海水の分離が見られます。いわゆる二枚潮の状態です。

この海水と分離した水潮は、アオリイカにとって大敵であり、被害を受けないよう影響の少ない沖などへ移動することから、ショアからのエギングが難しくなってきます。

また晴れていても前日まで雨量が多い雨が続いた場合は、水潮が抜けていないこともあるので、当日の天気だけではなく、過去数日間の天気がどうだったかも気にするようにしましょう。

濁りが入ってしまう説

アオリイカ濁り

出典:pixabay

雨の影響として代表的な水の濁り。目で情報をキャッチし行動するアオリイカにとって、濁って周囲が見えない状況はエサの捕食やフィッシュイーターからの避難が出来なくなるため、良い環境とは言えません。

濁りを回避するため、アオリイカは濁りの少ない沖の水深のあるボトム~中層付近に落ちていきます。エギがターゲットに届かなければ、さすがに釣果を残すことは出来ません。

実際どうなの?

アオリイカ どうなの?

出典:photo-AC

雨が大嫌いなアオリイカを狙うエギングでは、雨はあまりいい用には作用しません。

しかし雨の降り方によっては大チャンスになる場合もあるため、全く釣れないわけではありません。今度は雨がもたらすメリットを見ていきましょう。

 

次ページ:雨の日のエギングには意外なメリットが!?

1 / 3ページ