自分で魚を散らしてない?夜のアジングで気を付けたいこと

昼から夜まで一日中楽しむ事の出来るアジング。その中でも夜は比較的に釣れやすい時間と言われています。今回は夜にアジングをする際に気を付けたいポイントを解説していきます。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

夜のアジングで気を付けたいこと

夜のアジング
出典:PIXTA
昼から夜まで一日中楽しむ事の出来るアジング。その中でも夜は比較的に釣れやすい時間と言われています。今回は、夜にアジングをする際に気を付けたいポイントを解説していきます。

そもそも何で夜が良いの?

昼の港
出典:photoAC
夜はアジが岸に寄って来たり、上層に浮いたりして餌を捕食するため、比較的釣りやすい時間帯と言えます。また、日中は釣り人だらけの釣り場も、夜になればプレッシャーが下がり、望ましい環境が整いやすいでしょう。

まずは常夜灯周辺・明暗の境目を狙おう

明暗の境目
出典:pixabay
常夜灯のある釣り場には、光に向かって集まる習性のあるプランクトンが集まってきます。そのプランクトンを狙ってアジなどの魚も集まってくるため、まずは常夜灯周辺・明暗の境目を狙ってみましょう。

明かりがないポイントはどうする?

月明りの夜
出典:pixabay
アジは明かりがない所でも釣ることはできますが、回遊してくるのを待たなければなりません。ポイントごとにアジが潮に乗って回遊してくる時間や、アジの溜まるポイントなどを知る事が大切です。

ワンポイントアドバイス

海釣りは、潮が動き出してから約2時間後までの「潮が最も動く時間帯」が釣れやすいと言われていますが、アジも例外ではありません。さらに、潮の流れが堤防などにぶつかる「当て潮」になる場所は、アジが溜まりやすいポイントになります。暗い釣り場でアジを狙う場合は、潮の動きやポイントを観察してみましょう。

メタルバイブ・ジグを試してみよう

アジングメタルジグの画像
出典:シマノ
アジングは、ジグヘッドにワームをセットする仕掛けが基本とされています。しかし、夜のアジングではアピールの強いメタルバイブレーションやジグも捨てがたいルアーです。ワームに反応がない場合でも、メタルバイブレーションやジグには興味を示す事があるので持っておきましょう!

海面を照らすのはやめよう

照らされた海中
出典:pixabay
プランクトンやアジが常夜灯に集まるとは言っても、急な光は逆に魚を散らすと考えられています。実際にライトを海面に向けると、魚影が一瞬で散る様子が見えることがあります。自分が釣れないだけならまだ良いかもしれませんが、照明によってターゲットが逃げてしまうのを嫌がるアングラーもいるため、釣り場では注意が必要です。

影を落とすのはやめよう

夜の影
出典:photoAC
常夜灯をランガンしながら、アジがいるか確認するために海面を覗き込む釣り人の姿を見ることもあります。しかし、常夜灯が釣り人の影を作り、アジを驚かせてしまっているかもしれません。海を覗き込んで「ここにはいない」と思っても、それはアジがいないのではなく、自分で散らしているだけの可能性も。海面に影が落ちないよう注意して、覗き込む前にキャストするよう心がけましょう。

夜釣りでアジを狙おう!

ナイトアジングで大漁
出典:Amazon
アジングは、アジが岸に寄り上層に浮きやすくなる夜が狙い目です。特に、常夜灯のある場所は初心者でも釣りやすいポイントと言えます。ジグヘッドにワームをセットする「ジグ単」仕掛けだけでなく、メタルバイブレーションやジグなどの使用もオススメ。いくつかの注意点に気を付けながら、夜のアジングを楽しんでください!

▼関連記事



このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!