単なる名作のコピーではない!フラップクローの拘りぬかれた形状・アクションとは

2018/08/08 更新

フラップクローは、エバーグリーンから発売されている福島健氏がプロデュースするホッグ型ワーム。カバー攻略に特化した形状と巨大なツメがポイントですが、どこかで見た事ある形。。。そんなフラップクローの特徴や使い方をまとめてみました。


アイキャッチ画像出典:楽天市場

フラップクローについて

フラップクロー
出典:楽天市場
フラップクローはバスフィッシングの人気メーカー、エバーグリーンから販売されているホッグ系ワーム。コンパクトなボディからは想像できない、巨大なクローが最大の特徴で、全長4インチの1サイズ展開となっています。

プロデュースしている福島健氏は世界規模のトーナメントでフラップクローを使った釣果実績をあげており、甲殻類がメインベイトになっているフィールドや濁りのきつい状況で活躍しています。一部では某有名ワームとの類似点も指摘しているフラップクローの実態を詳しくみていきます。

特徴1:強力な波動を生むクローパーツ

フラップクローを語る上で欠かせない、巨大なクロー。全長の半分以上を占めるこのパーツは、高比重素材が採用されているため、ボトムにコンタクトした際に絶妙な倒れこみアクションを誘発。強力な波動でバスを誘惑します。また、通常よりワイドなクローの形状は横倒れを防ぎ、ボトムを這うように動き回る甲殻類をナチュラルに演出します。

特徴2:カバー攻略を意識した形状とマテリアル

フラップクローはカバーフィッシングを意識した形状も特徴の一つ。クローに対してボディが小さめに設計されていることはもちろん、オフセットフックがしっかりと収納できる丘状の張り出しもこだわりのポイントです。そのためきついカバーを打った際のウィードの回避性能が非常に高く、バスがバイトした際に確実なフッキングにつなげる効果もあります。


フラップクロー、あの名作ワームに似てる疑惑

フラップクローのフォルムは、過去に発売された名だたるワームに酷似しています。代表的なものとして名前がたびたびあがるエスケープツイン。他にもバークレーのパワーホッグなどの名だたるワームの名前が並びます。だたの名作ワームの模倣なのか?そんな疑惑の真相に迫ってみたいと思います。

エスケープツインに似てる?

エスケープツイン ノリーズが販売しているホッグ系ワームの名作エスケープツイン。フラップクローと同じ大きめのクローが印象的なワームです。フラップクローのプロデューサーでもある福島氏は開発段階からエスケープツインを意識して設計をしている明言しており、その類似点は偶然のものではありません。

フォルムこそ似ているものの、フラップクローはエスケープツインに比べると耐久性が高く、ボトムでの安定感を意識して設計されています。本家をしっかりとリスペクトしながら、より良いワームを作り出したという表現が正しそうですね。

バス用ワームにおいては伝統的なシェイプ

ブラッシュホッグ
出典:楽天市場
フラップクローに類似した「ホッグ形状」は、エスケープツインより以前にもZBCのブラッシュホッグ、バークレーのパワーホッグなどさまざまなメーカーから販売されています。そのため名作ワームの類似品という見方ではなく、バスフィッシングにおける伝統ある形状という認識が広まりつつあります。

もちろん、今後他メーカーからフラップクローに似た新しいアイテムが販売される可能性も十分あるのです。


フラップクローに適したフックサイズ

フラップクローはカバー攻略を意識した形状になっているため、オフセットフックを収納する張り出しがある厚みのボディが特徴。そのため通常の4インチワームよりも大きめのオフセットフックがおすすめ。特にフックポイントをしっかりと隠すためには5/0サイズが最適です。

バスフィッシングの中でもかなり大きめのフックなだけに、フラップクローを購入する際はまとめて揃えたいアイテムですね。

ITEM
グラン ノガレス フッキングマスター モンスタークラス5/0

フラップクローの使い方

フラップクローは福田氏がさまざまなトーナメントで実績を残したリーダーレスダウンショットやテキサスリグなどでのカバー打ちが定番の使い方。またクローの波動とアピール力を生かして、ラバージグのトレーラーとして使用するアングラーも多いです。ここではそんなフラップクローの使い方を簡単に紹介します。

リーダレスダウンショット

フラップクローの特徴を最大限に活かせる使い方の一つ。福田氏がバスマスタークラシックで入賞した際に使われていたセッティングでもあります。5グラム前後のドロップショットタイプのシンカー、3/0のオフセットフック、オープンスイベルを合わせることで、ウィードレス性能の高さをより引き立てることが可能です。

ラバージグのトレーラー

制作:TSURI HACK編集部
フラップクローはラバージグのホッグ系トレーラーとしても人気のアイテムです。特に倒れこみのアクションを活かしたボトムバンプはフィールドを問わず活躍するセッティング。カバーが多いエリアで使用する際は3/4クラスの重めのラバージグとの組み合わせがおすすめです。

テキサスリグ

制作:TSURI HACK編集部
カバー打ちに最適なフラップクローにおいてもっとも定番の使い方がテキサスリグ。カバーや水深に合わせて1/4から1オンスまで幅広いシンカーに合わせられるため応用力も高いセッティングです。フックは5/0のオフセットフックがおすすめですが、ウィードに絡みやすいエリアでは4/0まで落とすのもおすすめです。


フラップクローは伝統を引き継いだホッグワームの新たな名作

フラップクローはエスケープツインを代表する数々の名作ルアーの形状を引き継ぎながら、よりカバー攻略に特化したワーム。ウィードレス性能の高い形状と、大きなクローを活かしたボトムでの倒れこみアクションは抜群の釣果実績を誇ります。

テキサスリグはもちろんラバージグのトレーラーやリーダーレスダウンショットなど、その使い方も非常に幅広いため、カバー攻略に最適なワームを探している方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?
ITEM
エバーグリーン フラップクロー

紹介されたアイテム

グラン ノガレス フッキングマスター モ…
エバーグリーン フラップクロー
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
エバーグリーン フラップクロー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
新製品ニュース

釣具メーカーの新製品情報をいち早くお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!