ダイワのヒップバッグの画像

様々なルアーゲームに活躍!「ダイワのヒップバッグ」を一挙公開!

2022/11/01 更新

ダイワのヒップバックは、収納力と利便性が高く、多くのアングラーが使うバックのひとつ。購入を検討されている方は、機能面やレビューなど、気になるのではないでしょうか。今回、ダイワのヒップバックを各モデル別にご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:ダイワ

「ダイワ ヒップバッグ」について

ダイワのヒップバッグの画像

出典:ダイワ

ダイワが発売するヒップバッグは、腰ベルトやサポートが太く、しっかりと腰回りに固定できます。自分の扱いやすい高さにルアーやジグを入れたボックスをたくさん収納することが可能。機動力重視のランガンなどをされたい方にオススメです。

「ダイワ ヒップバッグ」の特徴

ヒップバッグ(C)では、大型の開口部のメインルーム以外に、大型のフロントポケット、サイドポケット、外側にプライヤー、ペットボトル、簡易ロッドホルダー、Dリング、ベルトループなどが使いやすく配置されています。利き手に合わせてプライヤーホルダーを移動できたり、ずり落ちを防ぐショルダーベルトがついているモデルもあります。防水性能を重視したモデルなどでは、外側の機能が省略されているモデルもあります。

ロッドホルダー

ダイワのヒップバッグのロッドホルダーの画像

出典:ダイワ

消波ブロックなどの足場の不安定な場所で、頻繁にジグヘッドやワームの交換をする釣り方には簡易ロッドホルダーがあると便利です。メバリングなどで機動力を活かして広範囲に攻めたいアングラーには、ロッドを立てかけたり置く場所を探すこともないので効果的な装備と言えます。

ボトルホルダー

ダイワのヒップバッグのドリンクホルダーの画像

出典:ダイワ

特に、夏場の水分補給は重要。一旦、防波堤などのポイントに出てしまうと、重いクーラーボックスなどは荷物になってしまいます。ヒップバッグにボトルホルダーがあると、その場で水分補給ができ、時合のタイミングを逃すことも少なくなるでしょう。

フロントポケット

ダイワのヒップバッグのフロントポケットの画像

出典:ダイワ

EVAフォームはどこにでもフックを突き刺すことができ、小型のジグやジグヘッドを、頻繁に交換するアジングやメバリングには特にオススメの装備。足元の不安定な場所やナイトゲームの多いアジングやメバリングでは特に活躍します。ボックスを取り出す手間もないので瞬時に交換、収納が可能です。

「ダイワ ヒップバッグ」のラインナップ

ダイワのヒップバッグの画像

出典:ダイワ

ダイワが発売するヒップバッグの各モデルをご紹介します。収納できるタックルボックスの大きさや数、防水性能などそれぞれ特徴的な機能のヒップバッグがそろっています。ご自身のスタイルなどと照らし合わせベストな1点を選んでみてください。

モバイルヒップバッグ(A)

中型ボックス(21x15センチ程度)を2~3個程度収納可能なモデル。フロントポケットにはジグヘッド・小型ルアーが取り付け可能なフォーム付き、携帯性に富んだヒップバッグ。小物類が取り付け可能なサイドフラップベルト、Dリングやルアー交換などの作業時に便利な簡易ロッドホルダーが装備されている。アジングやメバリングなど、小型のジグやジグヘッドを用いる釣りにオススメです。

モバイルヒップバッグ(A)

サイズ:約14cm×26cm×20cm
素材:ポリエステル

HGヒップバック(A)

タックルボックスの出し入れが行い易いU字型の上フタ、メインルームには可動式の仕切り板がついているモデル。中型ボックス(26×19センチ程度)を2~3個の収納可能ほか、フロントポケットには取り外し可能なハードポケットがついており、小物類を安定した姿勢で納められます。また不意な悪天候に便利なレインカバーも内蔵されており、機能性を追求したい方にオススメです。

ダイワ HG ヒップバッグ(A)

サイズ:約17×33×23cm
素材:ナイロン

HGヒップバックLT(A)

フルオープンできるU字型上フタで出し入れが容易、中型のボックス類(21×15センチ程度)を約2~3個を効率的に収納可能。耐摩耗性、引裂き強さに定評のある1680Dナイロン素材の本格派ヒップバッグ。背面には蒸れを抑える厚手メッシュパッド付きの優れものです。HGヒップバッグ(A)よりもコンパクトに作られており、小さいサイズで高機能を求める片にオススメです。

HGヒップバックLT(A)

サイズ:約15cm×27cm×19cm
素材:ナイロン

TPヒップバック(B)

水に強いターポリン製素材、縫い目のない溶着加工を採用、本体収納部とフロントポケットは止水ファスナー仕様。マリンレジャーなど水辺でのアクティビティや普段使い・雨天時に便利な防水性能の高いヒップバッグ。中型のボックス(約15×21×4センチサイズ)が、2~3個程度収納可能と収納力も備えています。水しぶきを受けやすい場所で釣りをされる方にオススメです。

TPヒップバック(B)

サイズ:約15cm×28cm×21cm
素材:PVCターポリン

ヒップバック(C)

開閉、取り出しの楽なパイピング付き大開口部のメインルームには、中型ボックス(26×19センチ程度)を2~3個収納可能。大型フロントポケット、サイドポケット、蒸れに強い背面メッシュパッド、プライヤー・ペットボトル・簡易ロッドホルダー、Dリング、ベルトループ付きなど装備面でも見劣りしません。バスの陸っぱりやショアシーバス、エギング、トラウトなど様々なルアーゲームにオススメです。

ダイワ ヒップバック(C)

サイズ: 約16cm×34cm×23cm
素材:ポリエステル

レビュー

容量があって、デザインも良く気に入りました!
(出典:楽天市場みんなのレビュー

ヒップバックLT(C)

ヒップバッグ(C)の機能をそのままにコンパクトにしたモデル。収納できるタックルボックスは(21×15センチ程度)を2~3個と小さくなりますが、陸っぱりでは十分な収納力でしょう。腰回りをスマートにまとめ、機動力を活かして、次々にポイントを撃つラン&ガンスタイルを楽しみたい方にオススメです。

ダイワ ヒップバッグLT(C)

サイズ:約14×30×19cm
素材:ポリエステル

レビュー

メバリング、アジング用に!思ってたよりたくさん入る!ロッドポストも付けていい感じ♪いろんな釣りに使って行こうと思います!
(出典:楽天市場みんなのレビュー

とても使い勝手がよくて、物もたくさん収納できてとてもよいです。
(出典:楽天市場みんなのレビュー

▼ダイワのバッグを紹介している記事です。

ダイワのヒップバッグにタックル詰め込んで出かけよう

堤防の画像

出典:pixabay

ダイワの発売するバッグは、いずれも収納力、機能性共に抜群の装備。防水性やランバーサポートの裏側がメッシュになっているなど快適性も備えています。ご自身のタックルの量やボックスのサイズなどでお気に入りのバッグを見つけてランガンに出かけてみてはいかがでしょうか。