カーペンター『ガンマ』人気シリーズやガンマジャークのコツを解説

カーペンター『ガンマ』はGT・ヒラマサなどオフショアルアーゲームで大人気のダイビングペンシルルアーです。数々のプロトタイプを経て製品化にいたったガンマは、その実力がアングラーに知れわたり、瞬く間に入手困難の筆頭ルアーとなりました。その人気の理由にせまり、ガンマの釣れるアクションを引き出すコツや、各シリーズをご紹介します。


画像製作:TSURI HACK編集部

カーペンター『ガンマ』とは

カーペンター ガンマ ガンマ(γ)はオフショアビッグゲームで大人気のダイビングペンシルです。2004年にGT用ルアーとして作られたのがガンマの始まりとなりました。

今ではなかなか手にいれることができないガンマですがその理由はどこにあるのか、人気の秘密を紐解いていきます。

ガンマを生みだしたルアーメーカー『カーペンター』

カーペンター ロゴ ガンマを製作しているカーペンターは、GTをはじめオフショアのビッグゲームをメインターゲットに、ルアーやロッドをプロデュースしているメーカー。

オフィシャルサイトやブログからは開発者である小西健滋氏の、アイテムに対する非常に深いこだわりを感じることができ、手にする前から釣果を想像してしまう、そんなルアーやロッドを製作しているメーカーです。

ガンマの人気の秘密

古いガンマ ここまでガンマが人気になった理由は、魚を引きつけるアクションがだせ、数々の実績を残してきたからこそです。その結果、供給が追いつかない入手困難な状況になっていますが、もはやハンドメイドウッドルアーの宿命です。

発売以来アップデートは繰り替えしつつも“フィッシュイーターの捕食スイッチを強烈にいれる。”という一貫したコンセプト、膨大なテストを繰り返す小西氏の開発姿勢に、ルアーを手に取った人々が共感しガンマの人気につながったといえるでしょう。

ガンマのアクション

“フィッシュイーターの捕食スイッチを強烈にいれる。”そのスイッチこそがガンマのアクションです。いまでこそS字系ダイビングペンシルは多く発売されていますが、当時はそういったルアーはありませんでした。そんな中、実際のルアーやカーペンター社のDVD『釣果倍増』でガンマの動きを見て、そのアクションに驚愕された方が多数いるのではないでしょうか?

ガンマのアクションを一言でいうと、“水面下をイレギュラーなS字で泳ぐ”とでも表せば良いでしょうか。ほぼ垂直に浮いたルアーを、ガンマジャークと呼ばれるロッドワークで引くことで、このアクションを引き出すことができます。気になる方は『カーペーンター ガンマ 動画』などで検索してみてください。

カーペンター『ガンマ』シリーズ

カーペンター ガンマ 初代ガンマが2004年にリリースされて以来、動かし易さ・アクションなど、これまで7回に及ぶ調整が行われてきました。現在では、オリジナルのガンマに加え『ブルーフィッシュ』や『舞姫』など異なる条件に特化したモデルも展開していますので、まとめて紹介していきます。

ガンマ

カーペンター ガンマ ソルトウォーターキャスティングゲームに革新をもたらしたといっても過言ではない、非常に実績の高いルアー。青物をメインとした15グラムのy15から、シイラなどがベイトになっているビッグターゲット用に350グラムのサイズまで展開しています。

(γ15,γ25,γ30,γ45,γ60,γ75,γ90,γ105,γ120,γ140,γ160,γ200,γ250,γ350)
なかでもガンマ60・90・120は非常に人気の高いモデルです。

ガンマ60,90,120
画像製作:TSURI HACK編集部
ガンマ60
青物やマグロをメインターゲットに、ベイトがマイワシなどのサイズのときに効果が高く、ヒラマサキャスティングの誘い出しに最も使用されているサイズです。
全長 180mm
重量 約61g
タイプ フローティング
適合フック重量 約5g(※1個あたり)
適合スプリットリング カーペンターSR 150lb
ガンマ90
ヒラマサやマグロそしてGTをガンマジャークの誘い出して狙います。ガンマジャークで誘うのがシリーズ全体の特徴で、ジャークのピッチ・長さを状況・ターゲットに応じて調整していきます。
全長 200mm
重量 約85g
タイプ フローティング
適合フック重量 約7g(※1個あたり)
適合スプリットリング カーペンターSR 200lb
ガンマ120
GTをはじめ大型ベイトを追っているヒラマサ・マグロによく使われるサイズで、GTフィッシングにおいてはスタンダードサイズとなっています。
全長 230mm
重量 約120g
タイプ フローティング
適合フック重量 約11g(※1個あたり)
適合スプリットリング カーペンターSR 250lb

ガンマ Super-L

ガンマSuperL ブリ・ヒラマサ・マグロ狙いにはガンマジャークはもちろん、ナブラにキャストした後そのままステイする“ほっとけメソッド”で特にマグロに効果が高いルアー。

全長195mm、重量が約75gのγ90-200 Super-Lのワンサイズで展開しています。

ガンマ-L

ガンマL ノーマルガンマではターゲットの捕食スイッチがはいらないときに効果が実感できる、マグロをターゲットとしたルアーです。

カーペンターの実験的ブランドである『KLL』からKLL 002A、KLL 003Aとして製作されていた2サイズがγ60-180L、γ90-200Lとしてリリースされています。

ガンマ-H

ガンマH ガンマ、ガンマ-Lとは異なるアクションと、ノーマルガンマの同シリーズより若干ウェイトが増したモデルで、γ15-110H、γ25-130H、γ160-255Hの3サイズが製品化。極小ベイトの青物からGTを狙っていきます。


ブルーフィッシュ

ブルーフィッシュ ガンマではアクションがさせにくい波の高低差がある海で効果を発揮するダイビングペンシル。ガンマジャークだけでなく、ただ巻きでもアクションをさせることができます。

BF30-130からBF140-224の7サイズ展開で青物・マグロ・GTをターゲットにしています。

舞姫

舞姫 “見破られにくい”というコンセプトをもちノーマルガンマと動きの幅・軌道が異なることから、ピッチの短いジャークで効果を発揮するルアーです。

マグロ・ヒラマサ・ブリ狙いのMH60-17』、大型ヒラマサ・GTもターゲットのMH120-220の2サイズが製品化。

幻影

幻影 幻影はガンマ、舞姫の中間的な特徴をもち、低速から高速まで対応しカーペンターの誘い出しルアーの中で、最も高速での操作に対応したルアーとなっています。

ガンマ、ブルーフィッシュ、舞姫、幻影の違い

例えばGTやヒラマサでルアーの使い分けを考えた場合、『ガンマ』を一番手に起用し様子を判断し、波が高いなどノーマルガンマでは操作し辛い状況では『ブルーフィッシュ』を選択。逆に穏やかな海況で短いピッチでじっくり誘いたいときには『舞姫』、そしてベイトの移動が早いなど、3タイプで結果が出ない場合は『幻影』をチョイスするというのも一つのパターンとして考えられます。

どのルアーフィッシングにも言えますが、ターゲットや海の状況に合わせ“ルアーの特性を生かす選択をできるかどうか”が、よい釣果につながるでしょう。

ガンマのアクションを引き出すコツ

ガンマのアクションを引き出すガンマジャークにはちょっとしたコツが必要です。練習や慣れも大事ですが“動かしやすいロッド選び・ルアーとフック重量のバランス・ロッドワークと力の入れ加減”が重要になりますので一つずつ説明していきます。

ガンマのアクションを引き出すロッド

カーペンター ロッド
画像製作:TSURI HACK編集部
ガンマジャークにはポッパーを扱うようなティップが硬いロッドは向かず、“ティップがほどよくはいるロッド”を選ぶことが第一条件となります。なぜならソフトティップなロッドであれば、ガンマを引いたときに水面下にダイブするルアーの動きを邪魔しないためです。ポッパー用のティップが硬いロッドの場合、ダイブしようとするルアーを無理やり引いてしまう形になり、水面を跳ねてしまうなどうまくアクションがつけられません。

現在ではオフショアメーカーからダイビングペンシル用のロッドが発売されていますが、カーペンター社のラインナップであれば、ルアー重量やターゲットに応じて『ブルーラグーン』『エンドレスパッション』『ブルーチェイサー』シリーズから選ぶとよいでしょう。

バランスに適したフック選び

フック
画像製作:TSURI HACK編集部
ガンマの各シリーズはサイズごとにフック・接続金具の適合重量があります。例えば、ガンマ60であれば、1個あたりの適合フック重量は約5グラム、スプリットリングはカーペンターSR150ポンドクラス。ガンマ120の場合は、フック重量約11グラム、スプリットリングがカーペンターSR250ポンドクラスを選ぶことで、最適なアクションを引き出せるバランスのとれたセッティングが完成します。

各ルアーごとの詳しい適合フック・スプリットリングはカーペンター社製品ページを参考にしてください。

カーペンター社製品ページはこちら

ロッドワーク

ガンマジャークのロッドワークはキャスト後、ルアーの姿勢が安定してからロッドを横、もしくは下向きに90度程度ジャークしルアーをダイブさせます。ルアーが浮いてきたところで再びジャーク。この繰り返しになります。

コツとしては“ルアーが水面下にダイブするよう優しく引くこと”。そして引いたあとはロッドを元の位置に戻し、糸ふけを作ることです。テンションを抜くことで糸ふけがつくられ、ダイブしたガンマが不規則な動きで水面に浮上する、絶妙なアクションを引き出すことができます。

最初はルアーが水面を跳ねてしまうかもしれません。ダイブさせる力加減さえわかってしまえば、自然にアクションを引き出せると思いますので、ぜひガンマジャークマスターを目指してみてください。

カーペンター『ガンマ』を手に入れるには?

カーペンター ガンマ 生産量が少なく店頭に並んでもすぐに完売してしまうガンマですが、どうしても欲しい!そう考える方も多いと思います。そんなオフショアビッグゲーマーのために現状での入手手段をまとめました。

取り扱い店舗、WEB通販で購入

他の釣りに比べるとオフショアビッグゲームは人口が少ないため、一般チェーンの釣具店では取り扱いがありません。カーペンター社HPにルアーの出荷情報と国内取り扱い店が掲載されていますので、お近くのショップや通販をしているお店を探していただき入荷状況・在庫を確認し購入。というのが一般的になります。

中古タックルショップ

中古タックルショップにも使わなくなったガンマが稀に入荷するケースもありますので、ご近所にショップがあればこちらも豆にチェックしてみてください。

オークション

メーカー出荷予定もお店への入荷予定もしばらくなさそう……。でもどうしても手に入れたいという方にはヤフオクなどのオークションという手段もあります。

例えばガンマ60の落札相場は、最安5,000円 平均13,102円程度。ガンマ120は最安6,480円 平均17,102円程度。※ヤフオク調べ 2018年4月現在

定価の倍近い価格の取引となりますが、ガンマを手に入れる手段のひとつです。

ヤフオクで『カーペンター ガンマ』を検索

進化を続けるカーペンター『ガンマ』

カーペンター ガンマ
画像製作:TSURI HACK編集部
オフショア人気筆頭ルアー『ガンマ』のラインナップとガンマジャークなどを紹介しました。製作者である小西健滋氏のアツい思いがつまったカーペンター『ガンマ』。

現在発売されているダイビングペンシルにとって、あの目をみはる動きはひとつの到達地点だったのではないでしょうか。釣り人にとって手に入りづらいことが難点ですが、ガンマはGT・ヒラマサ・マグロを夢見るオフショアビックゲーマーの夢を叶えてくれることでしょう!


カーペンター ガンマ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/