ファットペッパー全7モデルを網羅!おすすめのクランキンロッドは?

ティムコ社から発売されているファットペッパー。“永遠の定番”といっても過言ではない基本性能の高さと、確かな実釣性能をもつクランクベイトです。今回はファットペッパーの各モデルの特徴とクランキングにおすすめのロッドをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:Amazon

ファットペッパーとは

ファットペッパー
出典:Amazon
ファットペッパーは、ティムコから販売されているバス用クランクベイトです。空中での飛行姿勢が抜群に良く、圧倒的な飛距離で広範囲をサーチするのに向いています。

「よく飛び」「よく潜り」「よく泳ぐ」と3拍子揃った、永遠の定番として釣れる性能を持ったクランクベイトです。

ファットペッパーの特徴とラインナップ

ファットペッパーはフィールドの状況に合わせられるように全7モデルがラインナップされています。フィールドの水深やベイトフィッシュの大きさなどで使い分けてみるとよいでしょう。ここではファットペッパーシリーズのラインナップとそれぞれの特徴をご紹介します。

ファットペッパー

ファットペッパーはシリーズのオリジナルモデル。全長70ミリ、自重17.5グラム、MAX深度は3メートルとなっています。シャープなアクションと高い障害物回避能力で使い勝手のよい定番のクランクベイトです。
ITEM
ティムコ ファットペッパー
全長:70mm
自重:17.5g

ファットペッパーJr

ファットペッパーJrはオリジナルファットペッパーから約1.5センチダウンサイジングされたモデルです。全長55ミリ、自重9グラム、MAX深度2メートルで、フィールドもタックルも選ばず使うことが出来ます。
ITEM
ファットペッパーJr
全長:55mm
自重:9g



ファットペッパープラス

琵琶湖などのビッグレイクのウィードエリアを攻略するのに最適なファットペッパープラス。全長75ミリ、自重24.5グラム、MAX深度3.8メートルとオリジナルモデルよりさらに飛距離を出して、より深い水深をサーチしていくことが可能です。
ITEM
ファットペッパープラス
全長:75mmm
自重:24.5g

何よりも巻物は飛距離がアドバンテージという理由でGoodなウェイトが気に入りました。


ファットペッパー3

全長65ミリ、自重17グラム、MAX深度3メートルのファットペッパー3は、規則正しいアクションの中に「乱れ」をプラスしてあるモデル。ファーストリトリーブでウィードや浚渫にサスペンドしているバスを狙うのに最適です。
ITEM
ファットペッパー3
全長:65mm
自重:17g

マッドペッパーマグナム

マッドペッパーマグナムはシリーズ中で最も大きく、深く潜るモデル。スペックは全長80ミリ、自重24.5グラム、MAX深度5メートルとなっています。ディープを素早くチェックするのにおすすめです。
ITEM
マッドペッパーマグナム
全長:80mm
自重:24.5g

ファットペッパー150

ファットペッパー150 オリジナルファットペッパーのボディーや飛距離を継承しつつ、浅いレンジを攻略するために開発されたファットペッパー150。全長70ミリ、自重17グラム、MAX深度1.5メートルで、ラトルサウンドは大きめなのでエリアを素早く探っていくことが可能です。現在廃盤となっていますので中古で見つけたら使ってみてください。

ファットペッパーシャロータイニー

ファットペッパーシャロータイニー
出典:Amazon
ファットペッパーシャロータイニーは全長40ミリ、自重5グラム 、MAX深度0.5メートルのコンパクトサイズシャロークランク。基盤リップと固定ウエイトによるハイピッチアクションが特徴です。こちらのモデルも廃盤となっていますので、中古ショップで探してみましょう。


ファットペッパーにおすすめのロッド

様々な大きさや潜行深度の違いがあるファットペッパーシリーズ。各モデルにあったロッド選びが釣果を左右します。ここではファットペッパーにおすすめのクランキンロッドをご紹介します。

小型クランクにおすすめのロッド

ファットペッパーJrやシャロータイニーなどの比較的小型で軽量のクランクには、一日投げても疲れないカーボンがおすすめ。カーボン製のロッドはシャープに振り抜けて、カバーにクランクベイトがコンタクトした時の感触も分かりやすいので、素早いサーチが可能となります。キャストの正確性とコース取りのバランスが取れる長さのロッドを使ってみてください。
ITEM
レジットデザイン ワイルドサイド WSC 62ML
全長:6.2ft
自重:95g
継数:1本
ルアー重量:3.5-14g
ナイロンライン適合:7-14lb

中~大型クランクにおすすめのロッド

オリジナルファットペッパーのような中~大型のクランクベイトにはグラスコンポジットのロッドがおすすめです。グラスコンポジットのロッドは自重のあるクランクベイトの重みを乗せられて楽に投げられる特徴があり、バスのバイトを弾きにくく、ファイト中にバラしにくいこともメリットとなります。6フィート後半から7フィート程度の長さでミディアムクラスのパワーを持ったロッドを使ってみてください。
ITEM
シマノ エクスプライド 1610M-G
全長:6.10ft
自重:120g
継数:1本
仕舞寸法:208cm
ルアー重量:7-28g
ナイロンライン適合:10-20lb

握り心地に見た目何もかもがかっこいい^o^です


永遠の定番クランクを使い倒そう!

ファットペッパー
出典:Amazon
発売から長年経っても人気のファットペッパーは、やはり釣れる性能を持ったクランクベイトと言えます。クランクベイト選びで迷った時には、ぜひファットペッパーシリーズのなかから自分にあったモデルを選んで使ってみてください。

ファットペッパー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!