サワラの釣り方を伝授!ルアー・エサ釣りでの仕掛け、狙い方は?

サワラは最大1メートルほどにまで成長する大型回遊魚。防波堤からも狙える魚であるため、青物狙いの入門編としてもぴったりの魚です。そんなサワラの釣り方、狙える時期をまとめて紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

サワラ釣りについて

サワラ
アイキャッチ画像出典:カズボート
サワラ釣りは太平洋側では東京以南、日本海側では青森以南の沿岸で広く楽しむ事ができます。サワラは沿岸近くの表層を群れで回遊する魚で、体長は最大1メートル、体重は10キロを超えます。また成長過程で呼び名が変わる出世魚で40センチまでの幼魚をサゴシ、40~60センチをナギ・ヤナギ、60センチ以上がサワラと呼ばれます。

サワラは漢字1文字で鰆と書きますが鋭い歯を持ち細長い体系をしているため、幼魚時代のサゴシは狭腰、成魚のサワラは狭腹と書くのが名前の由来と言われています。食材としては身が柔らかで痛みやすいので生身が流通に乗る事は少ないですが、西京漬けの材料として人気がありとても美味しい魚です。

サワラの釣り方・仕掛け

サワラ
出典:KAMEYA
サワラは表層を群れで回遊する魚です。そのためコマセなどの撒き餌で足止めする事が困難でメタルジグなどを用いたルアーフィッシングや、生きたアジ等をそのまま針に掛ける泳がせ釣りが主流になっています。

また、サワラは鋭い歯を持っているため、フッキングした後ダッシュされるとハリスが歯に触れ切断されてしまう事が多く、少し太めのリーダーを使う必要があります。

ジギング

ライトショアジギング 外洋に面した堤防などではメタルジグでサワラを狙う事ができます。キャスト後ダダ巻きでもいいのですが 小気味のいいピッチジャークを入れる方がサワラの食い気を誘います。

サワラの歯によるライン切断防止にワイヤーや太目のリーダーをつける必要がありますが、リーダーの太さや固さがジグの重さや大きさとバランスが取れていないとジグの動きが鈍り、食いが悪くなることもあるので注意しましょう。

泳がせ釣り

泳がせ釣りの仕掛けにエサをセット 泳がせ釣りは、ノマセ釣りとも呼ばれる釣り方で生きたアジをそのままエサとして用います。生きたアジをエサとして用いる事からアジを捕食するイカやヒラメなどの大型魚を釣るのに適しています。針はアジの鼻先や背に付け、孫針を尾びれ付近に付けてアジが捕食されるのを待ちます。

アジは強い魚なので針掛け程度では死にませんが、針を付ける際人間の手が触れてしまうと魚が火傷をして弱ってしまうので針がけは手早くスピーティーにする必要があります。

浮き釣り

ウキ釣りのキビナゴエサ
画像出典:まるきん
サワラは青背の回遊魚で高速で泳ぎ回っているためコマセなどの撒き餌で足止めをすることが出来ません。サワラをエサで釣るのはあまり効率的ではありませんが、浮きつりでサワラを狙うのであれば冷凍キビナゴを用いた太刀魚の浮き釣り仕掛けが流用できます。

サワラ釣りのタックル

サワラ
画像出典:釣船大進丸
サワラとその幼魚のサゴシでは話が変わってきますが、60センチを超えるサワラとなるとヒットした時のダッシュは流石青物と言うようなパワフルな引きです。その為サワラを狙うのであれば少し太目のラインと切断防止のリーダー、ロッドとリールも強烈なダッシュに対抗できるパワーのあるものが必要です。

サワラのジギングタックル

ショアジギングの仕掛け図の画像
制作:TSURI HACK 編集部
船からメタルジグでサワラを狙うのであれば60~150グラムのメタルジグに40ポンドのリーダーを付け、ラインはPE0.8~2.5号、竿は6フィート程度の物で強度は使うジグの重さに適した物を準備してください。

外洋に面した堤防や沖一文字からキャストする場合は10~28グラムのメタルジクに4~5号のリーダーを付け道糸はPE1~1.2号、竿は8~10フィートがお勧めです。シーバスロッドも流用できます。

サワラの泳がせ釣り釣りタックル

円錐ウキ飲ませ釣り仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
泳がせ釣りの道糸は2~3号、針はチヌ針4~5号を用います。泳がせ釣りは浮き下をエサの味が自由に動き回ることができますが、泳がせ釣りにはエサとなるアジが自由に棚を移動できるエレベーター式と呼ばれる泳がせ釣りの方法があります。

エレベーター式はキャスト時にはエサを付けておらず、ラインとオモリだけを先にポイントにキャストします。その後、竿先から出た糸にスナップサルカンを使って針とハリスを付けたアジを付けラインに沿って落としていきます。エレベータ式使うオモリの重さは15~30号です。

サワラのウキ釣りタックル

ウキ釣り仕掛けイラスト
出典:ダイワ
サワラをウキ釣りで狙う場合のエサはキビナゴが効果的ですが、キビナゴが入手できない場合はオキアミ2尾掛けでも結構です。ラインは3号、ウキとオモリは1~2号で当然ですがウキとオモリのバランスが取れている必要があります。

ハリスは3~4号、針はチヌ針は2号程度キビナゴをえさにする場合は、2本針にして口と尾に針掛けします。噛み切り予防のためチモトからハリスをビニールチューブなどでガードします。

サワラ釣りの時期

サワラ 堤防からサワラを狙うベストシーズンとなると7月8月なので夏の釣りのターゲットになります。エサとなるイワシやアジの群れを追ってきますのでイワシやアジなどが接岸しているとサワラと出会える率が高くなります。

水温が上がると活性が上がりますが、水温が下がるとベイトを追って沖に出てしまいますので、船からの釣りがメインになってきます。

釣りたてのサワラを食べられるのは釣り人の特権!

サワラ

サワラの身は柔らかく痛みやすいため、生のサワラが食材として流通に乗る事はほぼなく、サワラを生の刺身を楽しむ事ができるのは釣り人の特権と言えるでしょう。刺身に限らず、塩焼き、照り焼き、あら汁など、生のサワラ1尾いれば色々な料理を楽しむ事が出来ます。レアな食材で美味しい料理を作ってみてください。

ジギングでキャッチしたサワラ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!