ドバミミズはウナギ釣りの特エサ!採取のための5つのコツとは

川釣りの定番エサであるドバミミズ。釣具店で買う事もできますが、天然のドバミミズは特に魚が釣れ、うなぎ釣りでは特に効くエサとされています。そんなドバミミズを採取する時の5つのコツを紹介しましょう。


アイキャッチ出典:楽天岩瀬牧場

ドバミミズについて

ドバミミズ ドバミミズは、フトミミズとも呼ばれており、淡水での釣りエサとして非常に優秀な生き物です。環形動物門に属する生物で土壌中で生活しています。主に腐葉土を食べ有機物や微生物、小動物を消化吸収し粒状に土を排泄することにより、植物の根が張りやすい土壌を形成するため、農業においては非常に有益な生物です。

寿命は短く、他の釣りエサに使われるミミズとは異なり、釣り用品として安定供給を目的とした養殖は難しい一面があります。ドバミミズを使った釣りをする人の中には、捕獲できる場所を熟知している方が多くいます。

ドバミミズは釣りの定番エサ

ミミズで釣れた魚 食物連鎖においては最下位にいるミミズは、モグラや鳥など様々な生き物の食べ物として大きな役割をはたしており、それは水生生物にとっても同様です。雨などによって川に流されたミミズは、魚にとっては栄養価が高く捕食も容易なご馳走であり、エサとして使用した際には多くの淡水魚が非常に良い食い付きを見せます。
ITEM
生餌(ミミズ)

ドバミミズはうなぎ釣りの特エサ!

うなぎ釣り
出典:上州屋
様々な淡水魚に対して優秀なエサであるミミズですが、数ある釣りの中でも特効エサとして扱われている釣りの一つがウナギ釣りです。

特に大型のドバミミズはアピール力が抜群。ウナギ釣りを良くやる人の中にはドバミミズの採取できる場所をいくつか把握している方もおり、自分で採取するためエサ代がかかりません。身近な場所でドバミミズがとれる場所を把握しておくことで、ウナギ釣りにかかわらず様々な釣りでその恩恵をうけることができます。

ドバミミズを採取する5のコツ

ミミズの採取
出典:PIXTA
身近な生き物であるミミズですが、釣りのエサとして必要量を確保するためには、ミミズの「宝庫」を探す必要があります。ミミズの宝庫に成りうる場所は、闇雲に探しても見つけるまでに時間がかかってしまいます。

また、自然のものであるため、季節や天候によりいつも必ず居るとはかぎりません。そのためお宝ポイントは複数把握しておくことも重要です。以下ではドバミミズが好む場所についてご紹介いたしますので、身近なところで似たような場所があれば探してみてください。

ただし、どの場所でも冬場は見つけることは難しく、春~梅雨明けが最もミミズを取りやすい季節になります。

コツ1:採取は雨後の水分が残っている時がベスト

雨上がり
出典:PIXTA
ミミズは普段、土の中の潜っていますが、雨が降りだすと地表近くまで移動してきます。呼吸が苦しくなるため、などの説もありますが、本当の理由は分かっていません。雨の水分が地表に残っているタイミングであれば、それほど深く掘らなくてもミミズを見つけることができるため、効率よく捕獲できるチャンスであると言えます。

コツ2:ドングリが生る木の落ち葉に宝の山あり!

ドングリの落ちる地面
出典:PIXTA
ミミズは腐葉土を好み食べています。コナラやクヌギなどの落葉広葉樹の近くはエサが豊富であるためミミズが好む環境か作られやすいことになります。公園や山などでコナラやクヌギのドングリがあればミミズのいる場所が近くにある可能性があります。

ただし、シイの実などのドングリは常緑樹のため区別がつくようにしておくと良いでしょう。

コツ3:日差しが差さない北側を探せ!

山
出典:パゴス
ミミズは乾燥を嫌う生き物です。山や丘などでは北側のエリアは日陰になり易く、落葉広葉樹の根元においても北側は常に木の陰になるのでミミズにとって快適な湿度が保たれやすい環境です。ミミズを探す場合は、常に北側の日の当たらないところから探し始めることがポイントになります。

コツ4:斜面の下にミミズが集まる?!

山の斜面
出典:PIXTA
山の斜面の下は、枯葉などが堆積しやすいため、ミミズにとって快適な環境になりやすいポイントの一つです。また、雨が降った際には、雨水は時間を掛けて斜面を流れていくため、斜面の下では湿り気を維持しやすいこともミミズにとっては快適な条件になります。

山などでミミズを探す際には斜面と平面の境目がポイントになります。

コツ5:U字溝に落ち葉が積もってたらチャンス!

落ち葉の積もる側溝
出典:PIXTA
枯葉が溜まっているU字側溝はお宝ポイントになりやすい場所の一つです。U字側溝では雨水などが地面に染み込んでいくことがなく、傾斜が緩やかで日陰である場合には湿度を保ちやすい環境になります。またU字側溝に来たミミズは土中を移動し拡散していくことができない為、溜まり場になりやすい環境と言えます。

採取したドバミミズは保管できる?

コンポスト
出典:PIXTA
ドバミミズは暑さに弱く、越冬する個体も少ない為、真夏以降では個体数が減少に向かうので、効率的に採取できる期間は長くはありません。その為、大量に採取できた際には保管飼育をする事で減少期にあっても釣りエサの確保が楽になります。

保管飼育をする場合、一番良いのは捕獲した場所の腐葉土を大量に持ち帰り、高さ、幅、奥行きが50~60cm程度の木箱やスチロール箱に入れておくことですが、それが難しい場合では園芸用の腐葉土、芝用目土、鹿沼土などを混ぜた床でも飼育できます。

飼育は小~中サイズの物が良いでしょう。床はやわらかく通気性が確保できるように混ぜることが長生きのコツになります。また、生ごみや枯れ葉をたい肥に変えるコンポストもミミズの保管には最適です。
ITEM
三甲 ホームコンポ115型 グリーン

エサから獲物まで自己完結の釣りを楽しもう!

釣りの楽しさは、その準備から始まっていると言っても過言ではありません。活きの良いミミズや大きなミミズが捕れた時には、それだけで期待に胸を膨らますことができるのではないでしょうか?エサを自前で用意し釣れた魚は満足感もより高くなることは間違いありません。

皆様も是非、ミミズ探しからの大物狙いに挑戦してみてくださいね!

紹介されたアイテム

生餌(ミミズ)
サイトを見る
三甲 ホームコンポ115型 グリーン
ドバミミズ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!