ボラ釣りは冬がいい!釣り方と仕掛け・ベストシーズンのまとめ

あえて釣るという人の少ないボラ。漁港や運河でも見かける事が多く、外道として扱われていますが、実は冬のボラは絶品としても知られています。そんなボラの釣り方、エサ、ベストシーズンをまとめて紹介します。


アイキャッチ出典:釣具のポイント

ボラの釣り方

ボラ
ボラは、北海道以南の沿岸浅場や河川汽水域、淡水域に分布。水質汚染に強く都市部などの河川でも見る事ができます。雑食性で、底に堆積した有機物を泥ごと食べる習性があり、汚染の進んだ水域にいるものは、身が臭く、その事が一般的なボラの印象として定着していることが不人気の一因となっています。

しかし、水質のきれいな外洋で獲れたものは刺身やシャブシャブ、唐揚げなどで美味しく食べる事ができる魚で、浮フカセやカットウ釣り、フライフィッシングなど様々な釣法で釣ることができます。

ボラ釣りの仕掛けと餌

ボラ
出典:PIXTA
ボラは雑食性の魚である為、釣りにおいては様々な仕掛けで釣れることがありますが、実際に狙ってみるとその釣りは奥深いものです。

外洋にいるボラは海中を漂うプランクトンをエサとしていることが多く、中層や時期によっては表層での釣りが有効になります。

ボラを狙った主な釣り方としては、「引っ掛け釣り」、「ウキ釣り」、「ルアー釣り」があげられますが、「風船釣り」などの地方色の強い釣り方や、フライフィッシングでも狙うことができます。

以下では「ウキ釣り」、「ルアー釣り」とボラ釣りの餌についてご紹介いたします。

ウキ釣り

チヌ仕掛け、ダンゴ釣り
制作:TSURI HACK 編集部
ボラのウキ釣りでは、アミコマセを撒きボラの群れをおびき寄せることから始めます。ウキ釣りの場合、ボラのアタリは非常に繊細であるため、アタリの取りやすい棒ウキ(立ちウキ)がおすすめです。針はチヌの1号程度とし、仕掛けを撒きエサと一緒に漂わせアタリを待ちます。

赤やオレンジ色への反応も良いため赤色の針にする方もいるようです。

ルアー釣り

ルアー釣り
出典:上州屋
ボラはバチヌケ(ゴカイなどの生き物が海面付近でおこなう産卵行動)の時期には、表層や水面直下を泳ぐゴカイ類を捕食しています。その時期はペンシルベイトや、ミノー、ソフトルアーを、ゴカイなどに似せてアクションさせることで釣ることができます。

ボラの口は小さいため、ルアーも5㎝程度のものを使用すると良いでしょう。

ボラ釣りのエサ

アミコマセ ボラ釣りで、仕掛を問わず一番良く使われるエサはオキアミです。口はあまり大きくないため、オキアミも小型のものを使用するようにします。青イソメなどの虫エサでもつれますが、こちらも大きいものは切って使いましょう。

ウキ釣りなどでボラを寄せるために使う撒きエサではアミコマセが良いでしょう。チヌのダンゴ釣りでボラが掛かることが良くありますが、底ダナに居るボラを狙うときには、ダンゴエサも有効です。蛹粉の入った鯉の練りエサも実績があります。

ボラ釣りのタックル

釣り
ボラは大きいものでは80センチを越えることもあります。小~中型の個体ではあまり引きは強くありませんが、大型になると泳力もなかなかのもの。釣れた際のやり取りはスリリングなものになることがあります。

掛けたボラをしっかり釣り上げるためにも、タックルは釣法問わずそれなりのパワーを持っているものを用意しておく必要があります。サイズの大きい個体では針掛かりをすると前後左右に良く走るため、タモアミを用意しておくことで速やかな取り込みができ安心です。

以下では、ウキ釣り、ルアー釣りをする際のタックルについて、ご紹介いたします。

ボラのウキ釣りタックル

釣り
ウキ釣りでは小型スピニングリールをセットした磯竿1.5~2号、4~5メートルほどのものであれば大型がかかっても十分対応することが可能です。リールに巻くメインラインはナイロン2~4号ほど、ハリスにはフロロカーボン1~2号を3メートル程度使用します。

メインラインには浮止めとシモリ玉をつけ、棒ウキは誘導式のものを使用するのがおすすめです。

ボラのルアー釣りタックル

釣り
出典:Duel
ルアー釣りでは、ML(ミディアムライト)あるいはM(ミディアム)パワーを持った2.7メートル前後のシーバスロッドが使いやすいでしょう。メインラインはPE1~2号、ショックリーダーはフロロカーボン、または3号前後を1メートル程度使用します。

シーバスやチヌなどボラ以外の魚が多い場所では、それらの魚に合わせたラインシステムを組んでおいても良いかと思います。

ボラ釣りの時期

ボラは基本的には一年を通して釣ることができる魚で、4~11月の比較的温暖な季節は浅場への回遊や居着きが多く一番釣りやすい時期になります。

冬場は、温暖な季節に比べて若干魚を見つけにくく、釣りにくい季節。ですが、きれいな水域でこの時期に釣れるのボラは「寒ボラ」とも呼ばれ、その身に脂が多く乗っていて非常に美味。

その味は鯛にも勝るとも劣らないと評されるほどです。鮮度の維持も容易であるためおすすめの時期になります。

冬のボラ釣りに挑戦してみよう!

釣り
様々な釣りにおいて「外道」と蔑まれてしまうことの多いボラ。実際に食べた事はなく、臭いという評判からリリースしてしまったことがある方も多いのではないでしょうか?

本当のボラの味を知れば、うれしい釣果となることは間違いなしです。ぜひ、みんさんも冬のボラ釣りにチャレンジしてみてくださいね。

ボラ 釣り
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/