キハダマグロの画像

キハダマグロ!おすすめルアー10選と美味しい食べ方について

あっさりした味わいから、ツナ缶の原料としても知られているキハダマグロ。クロマグロ、メバチマグロと並び、日本の食卓を陰で支えていたりもします。実は高いゲーム性で、釣りのターゲットとしても人気の高い魚です。今回はキハダマグロの狙い方から、美味しい食べ方まで紹介いたします。

目次

アイキャッチ出典:釣り具のポイント

キハダマグロについて

キハダマグロの画像

出典:PIXTA

キハダマグロとはスズキ目サバ科マグロ属の魚。ミナミマグロ・メジマグロと同様、大きいものでは体長2メートル、体重は200キロを超える個体もいます。スーパーで売られているツナ缶や刺身は、キハダマグロが多く使われ、重要な食料源になっています。

キハダマグロの特徴

キハダマグロは紡錘形で細長く、鰭・体色が黄色味がかっています。関東の市場では見かけることが少なく、関西・西日本に多く出回っています。ハワイではアヒと呼ばれ、日本のみならず海外でも人気の高いマグロです。

キハダマグロの生態・生息域

キハダマグロは地中海を除く全世界の熱帯・亜熱帯の海域に分布。日本では北海道以南の海域にいますが、伊豆諸島から南側の太平洋に集中しています。暖かい水温を好み、カツオ同様、季節的な南北の回遊を行います。

メバチマグロ、クロマグロとの違い

キハダは冬が旬のクロマグロを味わえない時などに、代用品として食べられることが多い魚です。脂身の少なさが特徴ですが、ごくまれに「全身が中トロ」のような、キハダもいるそうです。

■メバチマグロ
メバチマグロの画像

出典:ウィキメディアコモンズ(メバチマグロの画像)

メバチマグロとキハダは同じくらいの大きさですが、体が丸みを帯びています。また、目が大きくパッチリしています。

■クロマグロ
クロマグロの画像

出典:PIXTA

マグロの王様クロマグロは全長3メートル・体重400キロを超える大型種。キハダマグロと比べると大きく、体色が黒いのが特徴です。

キハダマグロのレシピ

キハダマグロは、鮮魚店やスーパーによく並んでいます。お店で買った刺身やアラなどを、美味しく料理して豪華な晩御飯にしましょう。ここではキハダマグロの調理法と、気になるカロリーについても紹介します。

キハダマグロのカロリー

キハダマグロのカロリー

出典:PIXTA

キハダマグロは全体的に脂が少なく、さっぱりと食べれます。カロリーは100グラムあたり約100キロカロリーと、数値をみてもクロマグロより脂が少ないことがわかります。ただし、一番脂の乗るお腹(トロ)では、3倍ほどカロリーが上がるので食べすぎには注意が必要です。

キハダマグロの漬け丼

キハダマグロの漬け丼の画像

出典:PIXTA

キハダマグロの淡泊な味わいは、漬け丼で美味しく味わうことができます。自分好みのタレを自作して、美味しい漬け丼にチャレンジしてみるのもおすすめです。卵の黄身を落とすなど、一工夫加えても美味しいですよ。

キハダマグロステーキ

キハダマグロのステーキの画像

出典:PIXTA

さっぱりとしたキハダマグロのステーキ。赤身部分はもちろんですが、トロをステーキにするとジューシーな味わいを堪能できます。

キハダマグロのアラの煮物

キハダマグロの煮物の画像

出典:PIXTA

マグロは骨以外、捨てるところがない魚です。アラもお肉がたっぷりと付いているので無駄にせず、じっくり煮込むと美味しくいただけます。骨の周りに付いたお肉が一番美味しいので、しゃぶりついて残さず食べましょう。

キハダマグロの釣り方と道具

キハダマグロの釣りの画像

キハダマグロは夏~初秋(7~10月)が最も釣りやすい時期です。相模湾から専用の船が出るほど、キハダマグロ釣りは盛んに行われています。他の釣り物に比べると、サイズ・重量が大きいので、キハダマグロ専用のタックルを揃えておきましょう。

キハダマグロのコマセ釣り

キハダマグロのコマセ釣りのタックル

「コマセ釣り」はキハダマグロをエサで狙う釣り方です。釣り方を覚えてしまえば、ルアー釣りよりも、ヒットの確率が高いと言われています。ルアー釣りにチャレンジする前に、一度経験してみてはいかがでしょうか。

キハダマグロもねじ伏せるダイワのモンスターハンター!

ダイワ シーボーグ 750MT

ギア比:2.3
自重:1300g
最大ドラグ力:28.0kg
最大巻上力:337kg
ナイロン糸巻量(lb-m):8-600/10-500/12-380/14-320/16-270
PE糸巻量(号-m):6-700/8-500/10-400/12-350/15-230

キハダマグロや大型青物狙いのショートロッド!

ダイワ ロッド マッドバイパー STD MH-195

全長:1.95m
自重:400g
継数:1本
仕舞寸法:195cm
錘負荷:80-200号
適正ハリス:MAX28号

キハダマグロのルアー釣り

キハダマグロのルアー用タックル

制作:TSURI HACK編集部

ルアーで狙うキハダマグロは、ファンが多い狙い方です。水平線に向かいキャストを繰り返す、この釣りに憧れを抱くアングラーも多いのではないでしょうか。体力とテクニックが必要になるので、入門者・初心者の方は、仕立て船で出船することをおすすめします。

オフショアキャスティングゲームの頼もしい相棒!

バリバス  ヴィオレンテ オフショアモデル VLO-88-8

全長:2.64m
自重:320g
継数:2本
仕舞寸法:-cm
ルアー重量:MAX100g
ナイロンライン適合:-lb
PEライン適合:-号

キハダマグロのおすすめルアー10選

キハダマグロを釣るためにおすすめのルアー10選を紹介します。キハダマグロ釣りではトップウォーター・メタルジグがメインルアーになります。

■トップウォーター
ナブラ撃ちにはトップウォーターがおすすめ。船長の指示に従い、ナブラめがけてトップウォーターを投げる「スリリングな釣り」を楽しみましょう。

キハダマグロはもちろんヒラマサのキャスティングゲームにおすすめ!

ディークロウ マリノ 200 スリム

全長:200mm
自重:75g

キハダ・GT・青物すべてのキャスティングゲームに!

ヤマリア ローデッド S140

全長:140mm
自重:55g

ショア・オフショアキャスティングゲームで頼りになるヘッドディップ!

シマノ オシア ヘッドディップ 140F AR-C

全長:140mm
自重:69g

相模湾で実績の高いトップウォーター!

ウッドリーム アキヤ 200

全長:200mm
自重:97g

マグロルアーでは外せないドラドペンシルツナチューン!

ダイワ ソルティガ ドラドペンシル ツナチューン 18S

全長:180mm
自重:90g

■メタルジグ
オフショアで、パヤオなどのピンスポットを狙う場合や、ショアからキハダマグロを狙う場合は、メタルジグが活躍します。オフショアの場合は60~120メートルまで沈め、シャクリながら巻き上げてきます。ショアジギングでは、ナブラやブレイク目掛けて遠投し、ジャークやスイミングを繰り返し、キハダマグロを誘います。

ショアジギングでのキハダマグロ釣りにチャレンジ!

カルティバ 撃投ジグ レベル 60g

全長:-mm
自重:60g

小さくても重量のあるメタルジグ!

ダイワ TGベイト 60g

全長:68mm
自重:60g

着水アピールでアングラーに休む暇を与えない!

ジャクソン ギャロップアシスト 60g

全長:-mm
自重:60g

スライドアクションアクションでキハダマグロをノックアウト!

メジャークラフト ジグパラ セミロング 60g

全長:-mm
自重:60g

キハダマグロのキャスティングゲームで大活躍!

ゼスタ キャスティングジグ ニトロ 60g

全長:10.4cm
自重:60g

キハダマグロ釣りにチャレンジ!

釣られたキハダマグロの画像

最大200キロに成長するモンスターフィッシュ。特に日本近海では魚影が濃く、各地でキハダマグロ釣りが盛んに行われています。その強烈な引きを味わった釣人は、虜となってしまうでしょう。釣って楽しく、食べても美味しい「キハダマグロ」釣りにチャレンジしてみましょう!