マアナゴ|その生態や釣り方をご紹介【TSURI HACK 釣り物図鑑】

2022/11/01 更新

マアナゴは一般的にアナゴの名前で流通している魚です。さまざまな調理法で美味しく食べられ、手軽な道具で楽しめることから釣りのターゲットとしても非常に人気です。ここではそんなマアナゴの釣り方や生態を紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

マアナゴ

マアナゴ

出典:PIXTA
学名Congridae
分類ウナギ目アナゴ亜目アナゴ科
特徴アナゴの代表種でアナゴ釣りのメインターゲットです。

全長は大きいもので60㎝近くなるものもいます。

体に白い点が並んでいるのが大きな特徴です。

分布北海道の南部より南側の日本各地並びに朝鮮半島や東シナ海に分布しています。
生息環境内湾・内海など潮流が緩やかなエリアの砂泥底を好みます。

夜行性で昼間は海藻や岩の間などに身を隠しています。

食性肉食性。

主に小魚や甲殻類を食べています。

その他名産地は羽田沖の東京湾でアナゴ釣りは初夏の風物詩です。

夜行性の為、夜釣りがおすすめで曇り空の凪の晩が良いとされています。

主な食べ方1.寿司
2.かば焼き
3.天ぷら4.佃煮5.汁物
味わい古くから江戸前寿司や天ぷらのネタとして愛されてきました。

柔らかで淡白な味のため新鮮なものならば味噌汁や吸い物にもおすすめです。

悪食で大食漢のため大型のものは味がよくなく腹が傷みやすいため、中型が美味といわれています。

マアナゴの釣り方

マアナゴ

出典:PIXTA

マアナゴは釣竿や仕掛けを選ばずにさまざまな道具で釣ることができる魚です。

ここではそんなマアナゴの釣り方を紹介します。

ちょい投げ仕掛け

ちょい投げ

出典:PIXTA

長めの竿を使わずに、2メートル前後のチョイ投げ竿がおすすめ。

ルアーロッドはもちろん、量販店で販売されているパックロッドなどでも問題ありません。

リールには3000番以上のやや大きめのスピニングリール。

三又仕掛けや中通し仕掛けが定番です。

餌にはサバやアジの切り身など、小さい魚が寄って来にくい餌がおすすめです。

投げ釣り

投げ釣り

出典:PIXTA

沖目のカケアガリなどを狙う際は投げ釣りがおすすめ。

5メートル前後のサーフ用の投げ竿を用意し、3000番以上のスピニングリールを合わせましょう。

仕掛けはちょい投げと同じく三又仕掛けや中通し仕掛けが定番です。

小さい魚が寄って来にくいため、餌にはアオイソメなどの生き餌も使われます。

関連記事

1 / 2ページ