【細ライン&太ライン結束の元祖】オルブライトノットを動画&イラストで解説

2020/04/02 更新

フライフィッシングのパッキングラインとフライラインなど、細ラインと太ラインの結束のひとつがオルブライトノット。PEライン登場前はビッグゲームにも用いられていました。摩擦系ノットより簡単に早く結べるオルブライトノットのやり方を解説していきます。


アイキャッチ画像製作:TSURI HACK編集部

オルブライトノットとは?まずは動画でチェック

細いラインと太いラインの結束に用いられるのがオルブライトノット。特にフライフィッシングではお馴染みの結束方法です。

すっぽ抜け防止はしっかり締め込むことがポイントで、初心者でも簡単に結ぶことができます。

オルブライトノットのやり方動画はこちら


どんな用途・素材に向いているか

現在ルアーフィッシングPEライン全盛ですが、以前のナイロンラインとリーダーとの結束には、オルブライトノットで結ばれていました。特にオフショアや雷魚ゲームなどビミニツイストで作るダブルラインとの結束はオルブライトノットが主流でした。

現在は太いフライラインと細いバッキングラインの結束や、ティペットとの結束など、フライフィッシングでは欠かせないノットのひとつとなっています。

>>次ページでは画像で詳しく解説


オルブライトノットの結び方を画像で解説!

続いてオルブライトノットの手順を画像でも解説していきます。

手順1

オルブライトノット 手順1 リーダーをループにして交差部分を押さえ、ループの間にメインラインを通します。

手順2

オルブライトノット 手順2 通したメインラインを30センチほど余分にとり、ループの先端からメインラインに向かって巻きつけます。

手順3

オルブライトノット 手順3 7〜10回程度巻きつけていきます。※メインラインをはっておくと巻きつけ作業がやりやすいです。

手順4

オルブライトノット 手順4 巻き終わったら、メインライン先端をループに通します。

手順5

オルブライトノット 手順5 イラストのような状態で、リーダー部分、次にメインライン部分を締め込んでいきます。※両方とも均一に締め込むのがポイントです。

手順6

オルブライトノット 手順6 余分なラインをカットすれば完成です。

画像製作:TSURI HACK編集部


結び方のおさらい

リーダーとなる太いラインを二つ折りにして、細いラインを巻きつけていきます。

7〜10回巻きつけたら細いライン先端をゆっくり引いて締め付ければ完成です。

結び方のコツ

しっかりと結ばないとすっぽ抜けしやすいのがオルブライトノット。細いラインを太いラインにしっかりと巻きつけ、締め付けましょう。

・イラスト手順3の状態のとき、細いラインを太いラインにしっかりと巻きつける。
・より抜けづらくするには、最後に細い糸でハーフヒッチをするのもポイント。

慣れれば30秒で結べる!オルブライトノット

摩擦系ノットに比べれば、早く簡単にむすべるのがオルブライトノットです。

状況に応じて結び方を使い分けてみると、時間のロスがなくなるかもしれませんね!

▼ダブルラインを作る基本、ビミニツイストのやり方はこちら

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
オルブライトノット3
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!