魚種不問系ハートランド『リベラリスト』が登場! バス「も」ターゲットな何でもロッドがアツい!

2022/02/27 更新

村上晴彦氏が開発に携わるダイワのバスロッドシリーズ ハートランドに「LIBERALIST リベラリスト」が新登場!フィールド・魚種不問で楽しめるリベラリストの特徴やラインナップなど、バスフィッシングの枠に収まらないニューモデルの魅力に迫りました。

制作者

新製品ニュース

釣具メーカーの新製品情報をいち早くお届けします!

新製品ニュースのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:ダイワ

ハートランドから何でも来いなロッド『リベラリスト』が登場!

ハートランド リベラリスト
出典:ダイワ
村上晴彦氏が開発に携わるダイワのハートランドから、フィールドや魚種を問わないルアーロッド「LIBERALIST (リベラリスト)」が登場します。

バスをメインターゲットにしてきた既存のハートランドとは、一線を画すスペックとデザインを有した魅力あふれる新型ロッドを詳しくご紹介します!

ハートランド リベラリストはバス・ソルト問わず何でも来いなロッド

ハートランド リベラリストのラインナップ
出典:ダイワ
バスロッドシリーズとして人気の高いハートランドですが、リベラリストは「バス“も”ターゲットに含む万能ルアー竿」。

淡水・海水などのフィールドや魚種を問わず、自由に釣りを楽しめるのが最大の特徴です。

ハートランドが持つ美しい曲がりはそのままに、肉厚でありながら細身のレギュラースローテーパーが採用され、汎用性が高く「似た物がないルアーロッド」に仕上がっています。

特徴的なフォアグリップと立体仕様のネーム

ハートランド リベラリストのフォアグリップ
出典:ダイワ
フォアグリップには、大物とのパワーファイトを可能にする特徴的な形状を採用。

ハートランド リベラリスト 立体仕様のネーム
出典:ダイワ
ネームロゴ部分は、リールシートに採用された紫よりも赤みの濃い色調が採用されています。

ハートランドロゴの隣にダイアモンドラップを施した立体仕様のネームが刻まれ、アングラーの所有感を満たしてくれます。

エアセンサーリールシート

ハートランド リベラリストのエアセンサーリールシート
出典:ダイワ
紫が際立つリールシートには、軽量で強度・感度の高いカーボンファイバー入りの「エアセンサーリールシート」が採用されています。

バスはもちろん、どの魚種にも快適な使い心地を提供する優れた操作性を約束してくれます。

強く、軽く、美しいブランクとジョイント構造

ハートランド リベラリストのブランク&ジョイント
出典:ダイワ
ブランクスにはロッドのネジレを徹底的に排除するX45 FULLSHIELDでネジレ剛性が向上し、キャストの正確性が高められています。

さらに、レジン量を減らしてカーボン繊維を増量したSVFに、東レ(株)のナノアロイ(R)テクノロジーを組み合わせたSVFナノプラスを採用。優れた高強度・軽量化が実現されています。

ジョイント部分にはナノプラスを含む高強度素材と、ダイワ独自のV-ジョイント アルファを採用。強さと軽さ、美しい曲がりが体感できます。

口径の大きいガイドセッティング

ハートランド リベラリストのガイドセッティング
出典:ダイワ
リベラリストはPEラインとリーダーを組み合わせたラインシステムでの使用も考慮し、スピニング、ベイト共に従来のハートランドよりも、ワンサイズ口径の大きいガイドを搭載。

ガイドフレームにはステンレス素材が採用され、ベイトロッドはオールダブルフット仕様。バスには留まらない耐久性を重視したセッティングです。

グリップエンドデザイン

ハートランド リベラリストのグリップエンド
出典:ダイワ
グリップエンドに「HEARTLAND LIBERALIST」ロゴと、リベラリストの誕生年「Since2022」が入ったエンドキャップが採用されています。

革新的ロッド設計システム『ESS』を採用

エキスパートセンスシミュレーション
出典:ダイワ
曲がりとは反対側に起き上がろうとするロッドの復元力を解析し、ロッドを設計するダイワのESS(エキスパートセンスシミュレーション)システム。

ロッドの長所・短所を数値で把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域を取り込んでロッドの特性へと昇華させています。

ハートランド リベラリストのスペック・ラインナップ

ハートランド リベラリストには、ベイトキャスティングモデル・スピニングモデル各1機種の全2機種がラインナップ。

8ft、9ftのロングレングスモデルで、扱えるルアーウェイトがベイト・スピニング共に非常に幅広く、様々な釣りへの適応性が垣間見えます。

803M+RSB-22

淡水ではブラックバスやナマズやトラウト、ソルトではロックフィッシュやシーバス、小物青物など様々な魚種に対応します。

バスフィッシングでは巻きモノ竿のテイストに近く、チャターやディープクランクが特に扱いやすいモデル。2022年5月発売予定。
品番(番手)全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー重量(g)ジグ重量(g)適合ナイロンライン(lb)適合PEライン(号)本体価格(円)
803M+RSB2.4431031507-5010-6012-30MAX2.560,000
ITEM
ダイワ ハートランドリベラリスト 803M+RSB-22
全長:2.44m
自重:150g
継数:3本
仕舞寸法:103cm
ルアー重量:7-50g
ジグ重量:10-60g
ナイロンライン適合:12-30lb
PEライン適合:MAX2.5号

903ML+RSS-22

おかっぱりで遠投を必要とするバスフィッシングや、湖でのトラウトなどで活躍する9ftのロングスピニングモデル。

シーバスや小物青物の釣りにも最適なレギュラーテーパーで、サーフでのフラットフィッシュにもおすすめです。2022年6月発売予定。
品番(番手)全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ルアー重量(g)ジグ重量(g)適合ナイロンライン(lb)適合PEライン(号)本体価格(円)
903ML+RSS2.7431171605-407-508-25MAX264,000
ITEM
ダイワ ハートランドリベラリスト 903ML+RSS-22
全長:2.74m
自重:160g
継数:3本
仕舞寸法:117cm
ルアー重量:5-40g
ジグ重量:7-50g
ナイロンライン適合:8-25lb
PEライン適合:MAX2号

似た物がないルアーロッド!

ハートランド リベラリストの専用ケース
出典:ダイワ ※HEARTLAND LIBERALISTは、専用ケースが付属
2022年5月と6月にダイワのハートランドシリーズに新たに加わる「リベラリスト」は、より自由に釣りを楽しみたいアングラーにおすすめの、他に類を見ないルアーロッドと言えそう。

バスフィッシングの枠にはまらないオリジナリティ溢れる「リベラリスト」、1日でも早く手に取ってみたいですね!

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ ハートランドリベラリスト 803…
サイトを見る
ダイワ ハートランドリベラリスト 903…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD