【チニング】ベイトタックルのメリット・デメリットとは?エキスパートが詳しく解説します

2021/04/02 更新

近年はチニングにはベイトタックルを用いる方がかなり増えましたが、そのメリット・デメリットとは何なのでしょうか?チニングをやり込んだエキスパートが詳しく解説します。

アイキャッチ画像提供:フリースタイルアングラー もんきー

ベイトタックルのメリット&デメリットとは?

チニングのベイトタックルの画像
手軽に遊べるチニング、釣り方も人それぞれです。

タックルに関しても、ベイトタックル・スピニングタックルのどちらを使っても釣ることができます。

もちろんどちらにもメリット・デメリットがありますが、今回はベイトタックルの特性にフォーカスしてみました!

ベイトタックルを使うメリット

チニングのベイトタックルの画像
チニングの8割くらいをベイトタックルでやってしまう私ですが、それにはワケがあります。

まずはベイトタックルを使うメリットについて解説します!

操作性と感度

チニングのベイトタックルの画像
私がベイトタックルを使用する大きな理由はこれです!

ベイトタックルは竿の上にリールを搭載するようになっており、操作時はベイトリールを包み込むように持つので重心が手元にきます。

よって、ボトムバンピングやズル引きといったアクションが付けやすいのです。

さらに、ベイトタックルは糸が竿の上を通る構造になっています。つまり、常に糸が竿に近いところを通るので感度が優れるということです。

一方、スピニングタックルは糸が竿の下側を通っており、ガイドリングの下方に糸が接触するので、操作性や感度はベイトタックルよりも相対的に劣ります。

また、スピニングロッドはリール側のガイドがベイトロッドよりも大口径なため、ガイドを通る糸の“あそび”が多くなります。

ということは、とくに風がある日(横風のときが顕著)は、糸のたるみが多くなって感度が落ちてしまうのです。

手返し

チニングのベイトタックルの画像
ベイトタックルは、「キャスト→ボトムまでフォール→回収して次のキャストに移行」という一連の動作をじつにテンポよく行えます。

そのため、スピニングタックルよりも手数が増え、手返しよく効率的な釣りが可能です。

リーダーを長くできる

チニングのベイトタックルの画像
これは、ラインの放出(キャスト時)の違いによるものです。

スピニングリールはキャスト時に糸が大きな螺旋を描きながら放出されますが、ベイトリールはスプールが回転して糸が直線的に放出されます。

糸が直線的に放出されることで、PEとリーダーの結束部がスムーズにガイドを抜けてくれます。

なので、ベイトタックルはリーダーを長くとっても、スピニングリールのようにライントラブルが頻発することはありません。


ベイトタックルを使うデメリット

チニングのベイトタックルの画像
そもそもベイトリールを使いこなすには少し練習が必要なのですが、ここではベイトリールを使える前提でチニングにおけるデメリットをお伝えします。

飛距離

チニングの画像
現在は高性能なベイトリールが数多く発売され、以前よりは解消されてきていますが、やはり相対的にスピニングタックルの方が飛距離は出ます。

そのため、遠投が必要な広いエリアではスピニングタックルが必要です。

とくに軽量なルアーを投げるときに顕著に差が出ます。チヌは警戒心が強い魚なので、タフな状況下では軽量なルアーでないと食わせられないことも珍しくありません。

また、向かい風の時はバックラッシュ等のライントラブルが起こりやすいので注意が必要です。

風があるときは感度重視でベイトタックルを選択するか、飛距離を伸ばしてトラブルを最小限にするためにスピニングタックルを選択するかは、あなた次第です(笑)

フッキング

チニングのベイトタックルの画像
もしかしたら私特有なのかもしれませんが、アワセ切れのリスクがあるということです。

スピニングタックルに比べてフッキング時に強い力が掛かり、リーダーに少し傷がついていたりするとアワセ切れの原因になるので頻繁にチェックした方が良いでしょう。

スピニングタックルはフッキング時にドラグが少し出るくらいにセッティングできるため、細い糸であってもフッキング時に余分な力を逃してくれ、アワセ切れのリスクは低くなります。

最後に

チニングの画像
近年はベイトタックルでのチニングがポピュラーになってきて、高性能ベイトリールにスピニングと同程度のPEライン(0.8号程度)を巻くことが推奨されているのが散見されます。

しかし、私はベイトタックルでチニングをする際は1.2号〜1.5号のPEラインを使います。

これはどんなベイトリールでも(高価なリール以外でも)扱え、かつバックラッシュやキャスト切れをも防げるように考えたセッティングです。とくにベイトリールに慣れていない方は、ぜひ一度お試しください。

ベイトタックルのメリット・デメリットを理解して適材適所で使いわけをすると、さらに楽しく、たくさん釣れるようになるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!
画像提供:フリースタイルアングラー もんきー

筆者の紹介

フリースタイルアングラー もんきー

淡水・海水を問わずなんでも釣るフリースタイルアングラーにして、呼称「フリースタイルアングラー」の生みの親。

現在はジャクソンプロスタッフ、フィッシングアパレルブランド「CAST AROUND」サポートスタッフを兼任中。海のルアーフィッシングが本業、淡水のルアーフィッシングが趣味。兵庫県在住。

関連記事

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
チニングのベイトタックルの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
フリースタイルアングラー もんきー

淡水・海水を問わずなんでも釣るフリースタイルアングラーにして、呼称「フリースタイルアングラー」の生みの親。現在はジャクソンプロスタッフ、フィッシングアパレルブランド「CAST AROUND」サポートスタッフを兼任中。兵庫県在住。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!