【2021年2月版:現役船長の東京湾レポート】よく釣れる冬シーズン!シーバス&ライトゲームが面白い

2021/02/04 更新

【2021年2月版:現役船長の東京湾レポート】今回はシーバス、メバル、カサゴの冬のパターンをご紹介します。温かい格好で寒いことだけ凌ぐことが出来れば、この冬は本当に良く釣れる冬になりそうです。


記事内画像・文:アイランドクルーズ船長 須江一樹

やっぱり寒い2021年冬

今年は寒いなーと、毎日思ってしまう今年の冬。

しっかりと冬らしい寒い冬が訪れている東京湾は、冬に釣れる魚が冬のパターンでちゃんと釣れてくれる、非常に釣りやすい冬シーズンとなっています。

今回はシーバス、メバル、カサゴの冬のパターンをご紹介します。

温かい格好で寒いことだけ凌ぐことが出来れば、この冬は本当に良く釣れる冬になりそうです。

シーバスはキャスティング&ジギング


シーバスは、依然キャスティングでもジギングでも釣れていますが、その日の風具合や魚の活性で、どちらの釣りをメインにしていくか当日決めるような状況。

一つの釣りにこだわらず、キャスティングもジギングも両方ともしっかり準備しておくことで、状況に左右ざれず取りこぼしなくシーバスをキャッチする事が出来ます。

冬のシーバス釣りにおススメのルアー

ジギングは40~80gのメタルジグを使用します。

形状はリアバランスで、60gを基準に揃えると良いでしょう。

ITEM
パズデザイン 海晴
全長:90mm 
自重:60g 


ITEM
ハイドアップ HU-MINNOW 111S
全長:111mm 
自重:18.5g


日によっては100匹を超える釣果が出る日もあります。

オープンエリアでの釣りがメインとなっており、セイゴフッコクラスの小型のシーバスが釣れることが多いですが、80センチを超えるランカーサイズが混じることもあります。


メバルシーズン到来


冬の夜の釣りといえばメバル釣りです。

アタリが多く数釣りの楽しめるメバル釣りは、寒い夜でも釣り人を熱くさせてくれる東京湾ライトゲームの好ターゲットです。

最大サイズは30センチクラスと小型の魚ではありますが、実際の30センチのメバルは怪魚感が出るほど迫力があり価値観が非常に高い魚です。

アタリの多い癒しの釣りでもあると同時に、奥深くハマれる釣りでもあります。

メバル釣りにおススメのルアー

寒い時期におススメのルアーはジグヘッドワームです。

2g程度のジグヘッドを使用してワームでメバルを狙います。エリアにもよりますが、基本的にはメバルはストラクチャーに付いている魚です。壁やバースの脚などに向ってワームを投げるのですが、なるべくストラクチャーの際にルアーを入れる事がまずは大事です。

キャストが入ったらあとはどれだけ沈めるかです。何秒沈めたらメバルが反応するレンジまで到達するかを見つけて、スローリトリーブでメバルを誘います。

ITEM
DUO テトラワークス モビー
全長:50mm


ITEM
DUO テトラワークス スナイプヘッド


ITEM
ハイドアップ スタッガーワイド 1.5in


シーズンは1~5月くらいまでで寒いうちはジグヘッドワーム、春になって暖かくなるにつれてバチ系プラグなどのプラグ類で釣れるようになります。

癒しのカサゴ釣り


メバルと合わせて狙える夜の東京湾ライトゲームの好ターゲット「カサゴ」。

同じロックフィッシュというカテゴリーに属してはいますが、メバルはどちらかというと中層の魚で、カサゴはボトムに着いた魚です。

カサゴは根回りにいる魚で、テキサスや直リグなどの根がかりしにくいリグを使用して釣るのが一般的ですが、ジグヘッドでも狙う事が出来ます。

状況に左右されずアタリが多い魚で、ボトムをトントンしている最中にガツン!と来る気持ちいいアタリは病みつきになります。

カサゴ釣りにおススメのルアー

カサゴは根回りいる魚ですので、根がかりのしにくいリグで狙う方がストレスなく効率的に狙う事が出来ます。

フリーリーグ、直リグ、テキサスリグなどが代表的なリグです。

こちらのリグを使用する場合は、ベイトタックルでフロロ8lb直結くらいのタックルがおすすめです。

ITEM
ハイドアップ スタッガーオリジナル 2.5インチ


ITEM
DUO テトラワークス グラッパー
全長:45mm 


根がかりが多い釣りなのでPEラインを使用してしまうと、切れた時にリーダーを組む手間がかかってしまいます。

ジグヘッドで狙う場合は、なるべく底をズルズルしないようにピョンピョン跳ねさせてアクションさせましょう。根がかりが軽減できます。

寒い冬は釣れる冬!


しっかり寒い今年の冬は、東京湾の魚の行動もしっかり冬モードにしてくれてます。

シーバス、メバル、カサゴ以外にもタチウオやタイなども、冬の場所で冬らしい釣りで釣れています。

東京湾の多くの魚が良く釣れている今年の冬ですが、それは寒いからなので、やはり釣りをしていて寒いのはしょうがないところ。

防寒対策だけはしっかりして、是非東京湾に遊びに来てください。

関連記事


紹介されたアイテム

パズデザイン 海晴
ハイドアップ HU-MINNOW 111…
DUO テトラワークス モビー
DUO テトラワークス スナイプヘッド
サイトを見る
ハイドアップ スタッガーワイド 1.5i…
ハイドアップ スタッガーオリジナル 2.…
DUO テトラワークス グラッパー
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
アイランドクルーズ船長 須江一樹

海なし県出身横浜市在住。ハマっこを言い張る1985年生まれ。横浜アイランドクルーズに船長として所属し、シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイ、メバル、アジ、タイなど東京湾で釣れるあらゆるターゲットを追い日夜出船しています。趣味は淡水の釣りです。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!