エギングにはハイギア!そのメリットとデメリットを元釣具屋が詳しく解説!

2020/05/11 更新

エギング用リールを選ぶ上で、ハイギアかノーマルギアかの選択は避けて通れませんよね。ハイギアが良いと言う人もいれば、その逆を言う人も。そんなエギングのハイギア or ローギア問題を解説します!


アイキャッチ画像撮影;TSURI HACK編集部

ハイギア or ノーマルギア?

エギングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリールの多くには、ハイギア仕様とノーマルギア(ローギア)仕様がラインナップされており、近年はハイギアのリールがよく売れる傾向にあります。

しかし、特に初心者の方等はどちらが良いのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、元釣具屋の筆者がエギングにおけるハイギアリールのメリット・デメリットを詳しく解説します!

そもそも、ギア比とは

エギングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ハイギアとノーマルギアの違いは「ギア比」です。スピニングリールにおけるギア比とは、ハンドル1回転に対してローターが何回転するのかを指します。

つまり、ギア比が高いハイギアはローターの回転数が多いため、糸を多く巻き取ることができるのです。

ハイギアのメリット

まずはエギングにおけるハイギアのメリットを解説します。「ラインを多く巻き取れる」ということは、かなりメリットがあるんです!

糸フケの回収が速い

エギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ハイギアは一気にたくさんのラインを巻き取ることができるため、糸フケの回収を速く行うことができます。

糸フケが出ていると、エギが風に流されたり、アタリが分からなくなるため、ラインを一直線にしておくのがエギングの基本です。

糸フケの回収が速いとこの基本動作を素早く行え、釣果にも繋がるため、ハイギア最大のメリットと言えます。

ラインが風に煽られる強風時においては、キャスト後の糸フケの回収が速く、シャクった時に糸フケが出にくいハイギアリールが圧倒的に有利です。

手返しが良くなる

提供:tsuki
ハイギアのリールはエギを素早く回収することができます。

回収が速いとテンポ良く次のキャストに移ることができ、手返しが良くなってチャンスタイムが増えると言えるでしょう。

特に秋のエギングでは、ポイントをどんどん変えて活性の高いイカを狙うのが釣果を伸ばすコツなのでハイギアモデルが活躍します。

その他にも、キャストミス時の回収、沖のピンポイントのみを狙って手前はすぐに回収する時など、エギを回収する時間は思っている以上に多いものです。

感度が良い

提供:tsuki
ハイギアはローギアと比較すると巻き上げトルクが小さく、潮流の抵抗等が掛かるとハンドルの巻き取りが重たくなります。つまり、感度が良いということです。

エギングでは潮が動く場所、特に、潮の流れがぶつかってプランクトンやベイトが集まる潮目は好ポイントとされています。

感度良いとこのような潮の流れも敏感に感じとることができ、釣果にも繋がります。

アワセやすくバラしにくい

提供:tsuki
速く糸フケを回収できることは、“素早くラインテンションをかけられる”とも言い換えられます。

それゆえに、アワセの際に短時間でエギに力を伝達でき、効果的なフッキングが可能です。

また、やりとりの際はノーマルギアよりもラインテンションが抜けるリスクが低く、安定したラインテンションを掛け続けやすいのでバラシの防止にも効果的。

エギのカンナにはカエシが付いていないため、アワセやすくバラしにくいことは非常に重要なポイントです。


ハイギアのデメリット

メリットが多い反面、ハイギアにはデメリットもあります。メリットだけに着目するのではなく、デメリットも把握しておきましょう。

アピール時間が減る

エギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ハンドルを回す回数を同じとした場合、ハイギアはエギの移動距離が大きく、岸に寄ってくるのが早くなってアピール時間(誘える回数)が減少します。

アピール時間を減らさないためには、意識的に巻き取り回数を少なくしたり、スラックジャークなどの移動距離を抑えたジャークを織り交ぜたりすることが効果的です。

ラインを張り過ぎる

エギングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ハイギアに慣れないうちは、ジャーク後の糸フケの回収時に糸を巻き取り過ぎてしまい、エギに余計なアクションをさせることがあります。

その結果、フォール中のエギに変な動きを与え、イカを警戒させることに繋がります。糸フケ量の調整は非常に大切なので、糸の張り加減には注意してください。

巻き取り抵抗が大きい

エギングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ノーマルギアと比較すると巻き取り抵抗が大きいため、潮流が速い場所や、大型イカとのファイト時には巻き重りを感じます。

イカはロッドでのポンピングができないため、特にファイト時は負荷を感じるでしょう。

迷ったらハイギア!

エギングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
もし、迷っているのであればハイギアがおすすめです。デメリットは巻き取り回数などを意識すれば改善できます。(巻き重り以外)

それよりも、“素早く糸フケを回収できるメリットの方が大きい”というのが筆者の意見です。

巻き取りの重さは多少感じますが、釣りに支障がでるほどのものではありません。

ノーマルギアはダメなの?

エギングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
筆者はハイギアをおすすめしますが、ノーマルギアでもまったく問題はありません。むしろ、ノーマルギアを好む上級者もいるぐらいです。

巻き取り量が少ないということは、一つのポイントをじっくり攻めることができ、繊細に糸フケ量を調整できるといったメリットもあります。

特に、ゆっくりとしたアクションが良しとされている春のエギングでは、ノーマルギアが重宝することも。

自身の釣り方に合わせましょう!

提供:tsuki
エギングにおける「ハイギア or ローギア」論争には明確な答えがありません。つまり、人それぞれの好みだと言うことです。

今回はハイギアのメリットとデメリットを紹介しましたが、これらはあくまでも客観的な事柄に過ぎません。

迷っている方にはハイギアをおすすめしましたが、自身の釣り方やフィーリングを最優先に考えてくださいね。

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事









\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
エギングリールの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuki
tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!