100均のカラーボードで“ジグヘッドケースと仕掛け巻き”が簡単に自作できてしまう

2020/03/06 更新

もはや定番のTSURI HACK100均シリーズ。今回はカラーボードというアイテムを使用して、自作ジグヘッドケースと自作仕掛け巻きを作ってみました。市販品にも劣らないレベルの使い勝手。これは試すしかありませんよ!


アイキャッチ画像提供:釣り好きまっちゃん

カラーボードがスゴい


今回の主役はカラーボードと呼ばれるアイテム。

このカラーボードが釣りとの相性抜群なんです!

加工が超楽♪


ポリスチレン製のカラーボードはカッターナイフでスーっとカット可能。

簡単に加工が出来るのでDIY初心者の方でも扱いやすい素材ですよ。

しっかりとした強度


見た目以上の強度がある点もカラーボードの特徴。

例えるなら「発泡スチロールを凝縮した」ような感じです。

安さも魅力的


縦450×横300×厚さ10ミリサイズで100円と、圧倒的な安さは最大の魅力でしょう。

近所の100均では売り切れ御免の人気商品です。

自作ジグヘッドケース


まずは自作ジグヘッドケースに挑戦です!

用意するもの

カラーボード

小物ケース

接着剤

カッターナイフ

定規

レッツDIY(所要時間:5分)


①ケースの底に合わせてカラーボードをカット
カッターナイフを使用するので怪我には気を付けてくださいね

小物ケースの深さに合わせ、ボードを2重にしました


②接着剤を塗布し、ケースの底に固定します


③お好みの箇所に切れ目を入れる

完成!


あっという間にオリジナルジグヘッドケースが完成しました!


なんと総工費は200円以下。


ケースの端は当日使用したワームやフックを収納する部屋にしてみました。

この自由度が自作ジグヘッドケースの魅力ですね。

自作仕掛け巻き


まだまだカラーボードが余っているので、もう一品!

サビキや釣りの仕掛けを収納する仕掛け巻きに挑戦します。

用意するもの


カラーボード

カッターナイフ

定規

レッツDIY(所要時間:3分)


①カラーボードを長方形にカット。

今回は縦130mm×横60mmにカットしました。


②等間隔で上下6箇所に5mmほどの切込みを入れる。

バッチリ収納!


カット作業だけで便利な”仕掛け巻き”の完成!


それなりに強度もあるので、ちょっとのことでは折れませんよ。

魅力満点コスパモンスター


色んな形に簡単に加工できるカラーボードは釣りとの相性抜群のハイコスパアイテム。


人気商品なので見かけたら即バイトをオススメしますぞ。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!