汗をかくほど暖かい!電熱ソックスを冬の釣りで使ってみた

2022/11/01 更新

釣りにいくのをためらってしまう冬の釣りは寒さとの戦いでもありますよね。中でも「足の冷え」は我慢できない痺れるような辛さがあります。今回は辛い足の冷えを解消する“電熱ソックス”を着用し極寒の海に挑みました。

目次

アイキャッチ画像提供:釣り好きまっちゃん

冬の悩み=足先の冷え

1度冷えてしまうとなかなか回復しない、足先の冷え。

足に貼るタイプのホッカイロという手もありますが、歩いてると中でズレたり気持ち悪い感覚を味わうこともしばしば。

最適な防寒グッズがないか調べてみたところ、こんなものが見つかりました。

電熱ソックス

その名は電熱ソックス。

数日後、商品が到着しましたので開封レビューしていきますよー!

価格帯は?

安いもので2,000円前後、高いもので20,000円を超える幅広い価格帯。

今回は初めての電熱ソックスということもあり、3,000円のものを購入しました。

バッテリータイプ

電源はUSB端子で充電できるコンパクトなバッテリーが2個ついてきます。

使用中はソックス側面にある、バッテリーポケットに入れるみたいですね。

洗濯OK

バッテリーを取り外せば洗濯機での洗濯OK。

汚れやすい衣類だからこそ洗濯可能な点はマストですよね。

気になる実用性は?

九州は全国的に暖かい方ではありますが、その日の最低気温は3度。

実用性を検証するには持ってこい! 極寒の夜釣りへ出撃です。

足湯のような暖かさ

電源を入れ30秒ほどでつま先がジワ~っと暖まってきました。

まるで足湯に入った時のことを彷彿させますね。

3段階で温度調節も可能ですので、シーンに合わせ快適に過ごすことが出来ますよ。

バッテリー持ち

最も出力が強い高温モードで約5時間連続使用可能。

ワンナイト釣行には十分なバッテリー持ちですね。

実釣後に感じた本音

電熱ソックスを着用して数回釣行を重ね、こんなことを感じました。

中モードで十分暖かい

高温モードの場合、足に汗をかいてしまうほどでした。

主観的意見になりますが、中モードで丁度いいように思えました。

重ね履きを推奨します

最も気になったのは生地下に埋め込まれている“電熱”の存在。

多少不快感を覚えたので、通常の靴下を下履きしてから使用されることをオススメします。

バッテリーが気になる

釣りには支障はありませんが、慣れるまでは気になったバッテリーの存在。

また走るとバッテリーの重みで靴下のずり下がりが若干見られました。

防寒は足元から

多少気になる点はあるものの、辛い足の冷えから解放してくれる“電熱ソックス”は1度使うと手放せない防寒アイテム。

ネットでは幅広い価格帯の商品がありますのでお得に防寒し、冬の釣りをとことん楽しみましょう!

寒さを跳ね返そう

関連記事