【暑さ対策グッズ】夏の外遊びが快適に!?自分でできる対策も

2019/08/12 更新

釣りにキャンプにとアウトドア最盛期の夏。楽しい気持ちが優先しがちで、ついつい体調管理が疎かになってしまうことも……。今回は、夏の外遊びを快適に過ごすためのおすすめ暑さ対策グッズに、熱中症の対策方法もご紹介!


アイキャッチ画像出典:photoAC

夏は外で遊びたい!ただし熱中症には気をつけないと……

BBQ
出典:PIXTA
夏も到来! アウトドア真っ盛りのシーズンとなりました。キャンプにBBQに釣りと、夏は外で遊びたくなってきますよね。

そんな中で注意しなければいけないのは“熱中症”。特に近年の暑さは尋常ではないため、熱中症には十分注意が必要なのです。

熱中症はこんな症状

出典:pixabay
熱中症とは気温の高いところで発症する健康障害。体内の水分や塩分などが不足することによりバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなります。

寒気やめまい、倦怠感、重度になると痙攣や意識障害などの症状を発症します。

自分でできる暑さ対策も

出典:pixabay
熱中症の恐ろしさをご紹介してきましたが、では熱中症にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは自分で簡単にできる対策をご紹介していきます。

暑さ対策1.こまめに水分補給

汗をかくと体内の水分や塩分が奪われるため水分補給は必須。水やお茶よりも塩分も補えるスポーツ飲料がおすすめです。

暑さ対策2.首、脇などを冷やす

少しでも体に異変を感じたら首と脇を冷やしましょう。それらの部分は太い血管が通っているため、効率的に体を冷やすことができるのです。

暑さ対策3.出来るだけ直射日光をガードする

何より体力と汗を消耗するのは直射日光。日陰がある場合はそこで釣りをし、ない場合は帽子などでしっかり直射日光をガードするようにしましょう。

茹だるような暑い日が続く夏。もし外遊びがしたいのならしっかりと暑さ対策はしていきましょう。

>>次ページでは熱中症対策にも欠かせない暑さ対策グッズを紹介!

あれば快適⁉︎ 夏の外遊びにマストな暑さ対策グッズ

出典:pixabay
熱中症は突然襲ってくるため、日頃からの対策が大切。近年では有効なグッズがたくさん出ている暑さ・熱中症対策グッズをご紹介します。

塩キャンディ

熱中症対策の水分補給は水ではなくスポーツドリンク、と言われますが、水分だけではなく塩分も取らないといけません。

そこでおすすめなのが“塩キャンディ”。一粒舐めるだけで簡単に塩分補給ができちゃいます。

ITEM
カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ 塩レモン
内容量:90g×6袋

ITEM
ミドリ安全 塩熱サプリ
内容量:30g(24粒入り)

ITEM
ヒマラヤ岩塩タブレット 携帯ケース入り
内容量:15g


ハンディ扇風機

気軽な暑さ対策としてはハンディ扇風機もアリ。以前であれば送風だけでしたが、最近ではミストが出るタイプなどより涼しくなるものが出ているので、使わない手はありません。

ITEM
大作商事 マイファンモバイル 首にかけるパーソナル扇風機


ITEM
AOSNTEK ネッククーラーmini ネック冷却クーラー
バッテリー容量:1800mAh
充電時間:1.8時間
ライフタイム:4-10時間



>>まだまだあります!暑さ対策グッズ

冷感スプレー

エタノールによる気化熱を利用して体温を下げてくれる“冷感スプレー”もおすすめの暑さ対策。衣服や肌に直接スプレーすれば、メントールの冷感作用も相まって一瞬にして涼しくしてくれます。

ITEM
ギャツビー クレイジークール ボディウォーター アイスシトラス
内容量:170ml

汗っかきなので、昨年購入しとても良かったのでリピしました。夏場、お出かけ前に首、脇、お腹、背中とシュッ!ヒンヤリしてお出かけも苦ではありませんでした。エアロビに行く前にもシュッしてます。汗をかいても良い香りが持続するので助かります。


ITEM
熱中対策 シャツクール 冷感ストロング
内容量:280ml

毎年買っています。朝、出勤前に肌着にスプレーしておくと、電車の中で汗まみれにならずにすみます。



冷感タオル

水に濡らして絞るだけでヒンヤリ冷たくなる優れもの冷感タオル。首や頭に巻いたり、顔を拭いたりなど、様々な使い方で火照った体を冷やすことができます。

ITEM
夢ゲンクールタオル
サイズ:100×30cm

松下さんの解説通り、濡らして固く絞って振るだけで、速効に冷えて快適でした。気温が高くなってきて、外出時には自転車の後ろの孫も好んで着けたがるようになって、冷えなくなったらフリフリして、「オーッ!」なんて叫んでひんやり感を楽しんでいます。




冷却インナー

服の下にインナーとして着るだけでひんやり涼しくなる冷却インナー。その秘密は生地にキシリトールプリントを施してあったり、水分を含ませたりと各社様々な工夫を施しています。一度着てしまうと手放せなくなりますよ。

ITEM
山城 BodyRegulator バイク用インナーウェア

ITEM
A-RAY冷却ベストクールベスト


体調管理は万全に!

出典:pixabay
釣りにキャンプにとアウトドア最盛期の夏。楽しい気持ちが優先しがちで、ついつい体調管理が疎かになってしまうことも…。

特に海や山は日差しが強いため、何も対策をしないのは非常に危険。暑さ対策をしっかりと行い、熱中症にかからないよう注意して遊びましょう。

▼その他おすすめ暑さ対策グッズはこちら!

照りつける太陽
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!