【トップチニング】豪快なバイトが気持ちいい!トップで狙うチヌ(クロダイ)釣り方

2019/02/26 更新

チヌ(クロダイ)をハードルアーやソフトルアーを駆使して釣り上げるチニング。その中でもチヌの豪快なバイトの瞬間を見ることができるトップウォーターを使ったチニングが人気を集めています。今回は、そんなトップで狙うチニングのポイントやおすすめプラグをご紹介していきます。


アイキャッチ画像出典:メガバス

チヌをトップで狙う魅力とは?

ポッパーを使ったチヌの釣果画像
出典:メガバス
いまやトップウォータープラグで狙える人気ターゲットの一つとなった『チヌ』。

チヌは様々なルアーで狙うことが出来ますが、トップウォータープラグで狙う魅力としては以下の2点があげられます。

水面爆発!豪快なバイトが出る

トップウォータープラグにアタックしてくるチヌは、活性が非常に高く、水面が爆発する豪快なバイトを見せてくれます。

時にはミスバイトした後も、何度もトップウォータープラグにアタックしてくることもあるため、一瞬も気が引けないエキサイティングな駆け引きを楽しむことができます。

広範囲のサーチが可能

チニングには、ワームやラバージグを使った【ボトムチニング】というメソッドもあります。このメソッドは、スレたチヌには効果的なのですが、アピール力が低いというデメリットも……。

一方で、トップウォーターの強いアピール力は集魚力抜群。広範囲のサーチが素早く行えるので、反応を探りやすいのが特徴です。

チヌをトップで狙う時のポイント

ポッパーを使ったチヌの釣果画像
出典:メガバス
チヌをトップウォータープラグで狙うコツとしては、トップに反応しやすい「季節」、そして「時合」を選んで釣行にいくことが大切です。

チヌをトップで釣りやすい季節

チヌをトップで釣りやすい季節は『夏』。地域によっても変わりますが、6月ごろから釣れ始め、10月ごろまで釣れ続くことが多いようです。

ちなみに水温が低い時期の場合は、トップではなくボトムチニングがおすすめ。

活性が高いタイミングはトップで攻める

トップウォーターを使ったチニングでは、主に朝マズメのタイミングにバイトが集中する傾向があります。暑さが厳しくなる前の時間帯に釣りをするのがおすすめです。


トップで攻めるポイント

ペンシルを使ったチヌの釣果画像
出典:ダイワ
チヌをトップで釣るためには、ポイント選びも重要な要素。チヌが居る場所を見極めて、的確にアプローチしていくことが大事です。

シャローエリア

シャローエリア
出典:photoAC
チヌをトップで狙いやすいのはサーフや干潟、ゴロタ場などのシャローエリア。これらのシャローエリアにはベイトが溜まりやすく、チヌも集まりやすいです。

時には膝丈ほどの水深にチヌが見えたり、場所によってはチヌが、背ビレを出しながら泳いでいる姿を見ることもできます。

ストラクチャーのキワ

橋脚
出典:photoAC
チヌはテトラや岸壁沿いなどストラクチャーにも好んで居着きます。このような場所では、カニなどの甲殻類やイガイといった、チヌの餌が豊富にあることが理由の一つ。

上から落ちてくるベイトを捕食しようとしているチヌが多いので、ストラクチャーに対してタイトにルアーを投げてじっくり誘ってみましょう。

流れ込み付近

水門
出典:photoAC
水路の合流部や水門付近、排水が出ている場所など、流れ込みとなっている場所もチヌが好むポイント。流れがある場所にはベイトが集まりやすく、また酸素が豊富にあることもチヌが集まる理由でしょう。

流れの中でも、どこにチヌが居るか、予想しながらアプローチしていきましょう。


チヌ狙いで使うトップウォータープラグ

チニングで使うトップウォータープラグには、『ペンシルベイト』『ポッパー』『スイッシャー』の3種類が主に使われます。

以下にそれぞれのおすすめ製品をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

チニングにおすすめなペンシルベイト

ペンシルベイト
出典:Amazon
ペンシルベイトは、見た目からも小魚をイメージしやすいトップウォータープラグ。

基本アクションは首を左右に振らせるドッグウォークで、チヌ狙いで使うトップウォーターの中でも広範囲を素早くチェックすることに優れています。

▼ダイワ シルバーウルフ チニングペンシル 65F

シルバーウルフ チニングペンシル65Fは、キレのあるドッグウォークに加え、水中にダイブもさせやすいペンシルベイトです。

ドッグウォークで追ってきて食いきれなかったチヌに対して、ダイブで食わせるといったテクニックを行うことが出来ます。

ITEM
ダイワ シルバーウルフ チニングペンシル 65F
全長:65mm
自重:4g

▼バスデイ シュガペン58F

シュガペン58Fは、人気のシュガペンシリーズの最小モデル。誰でも簡単にドッグウォークアクションの演出が、可能な使いやすいペンシルベイトです。

シュガペンの動きを「餌」と評価している人も多く、その実釣性能はかなり高いものとなっています。

ITEM
バスデイ シュガペン58F
全長:58mm
自重:4.1g

チニングにおすすめなポッパー

ポッパー
出典:Amazon
ポッパーは、水しぶきや音でチヌを引き寄せてバイトさせるトップウォータープラグ。

ロッドで引っ張って水しぶきや音を立てつつ、間に少しポーズを入れながら使うのがコツです。

▼シマノ ブレニアス ライズポップ

ライズポップは、直進性に優れたチニング専用ポッパー。

真っ直ぐにアクションすることと、バブルチャンバーによって水しぶきを上方向に上げやすく、チヌのミスバイトを防ぎやすいことが魅力です。

ITEM
シマノ ブレニアス ライズポップ 50F
全長:50mm
自重:7g

▼メガバス ポッピングダック

前後のフックアイともにローリングスイベルを採用することで、フッキング後のバラシを軽減しているメガバスのポッピングダック。

アクションは移動距離を最小限に抑えてあり、チヌを効率よく水面に誘い出してくれます。

ITEM
メガバス ポッピングダック
全長:60mm
自重:6.5g

チニングにおすすめなスウィッシャー

スウィッシャー
出典:Amazon
スウィッシャーとは、小型ペラの回転によって水しぶきや音を立ててチヌを誘うトップウォータプラグです。

ジャークして水しぶきを大きく立てたり、ペラの抵抗を利用して移動距離の少ないドッグウォークアクションで使うのが基本ですが、アクションが難しいという方は、ただ巻きでも大丈夫です。

▼NADA セッター

セッターは、ただ巻きするだけでも十分チヌを誘ってくれるレスポンスの良いペラを搭載しているのが魅力です。

広範囲はただ巻き、ストラクチャー際ではジャークなど、様々な使い方がしやすい製品となっています。

ITEM
NADA セッター
全長:70mm
自重:7g

▼ヘドン タイニートーピード

老舗ルアーメーカー・ヘドンのベストセラースウィッシャーであるタイニートーピード。

海水・淡水を問わず使える実釣性能の高さと、アメリカンルアーながらのカラーリングがなんとも言えない良い味を醸し出しています。

ITEM
ヘドン タイニートーピード
全長:49mm
自重:7g

エキサイティングなチヌトップにチャレンジ!

ポッパーを使ったチヌの釣果画像 場所選びやタイミングを知っておき適切なルアーで狙えば、チヌは意外と簡単にトップにアタックしてきてくれます。チヌがトップに豪快にバイトしてくる姿を見れば、この釣りにハマってしまうこと間違いなしです。

ぜひ本記事を参考にしてチヌトップにチャレンジしてみてください。

チニング
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!