バラギ湖フィッシングエリア【群馬県】|大自然が魅力のフィールド

バラギ湖フィッシングエリアは、群馬県嬬恋村にある、カンパーニャ嬬恋キャンプ場内にあるトラウトの管理釣り場です。標高1300メートルにある広大なキャンプ場は北海道をも思わせる雄大な自然が魅力!今回は、バラギ湖フィッシングエリアの基本情報と併せて、各フィールドについてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

バラギ湖フィッシングエリアとは

バラギ湖
出典:PIXTA
バラギ湖フィッシングエリアは、群馬県嬬恋村にあるトラウトフィールド。無印良品が運営するカンパーニャ嬬恋キャンプ場に隣接し、大自然の中、ルアーやフライで野性味あふれるトラウトたちを狙うことができます。

冬季には湖面に氷が張り、氷上のワカサギ釣りも楽しめる事もあり、近隣他県からも多くの釣り人が訪れます。

バラギ湖フィッシングエリアのアクセス


〒377-1611
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
TEL:03-5950-3660

■車で
関越自動車道「渋川伊香保I.C.」から約1時間30分の道のりです。

群馬県、吾妻郡嬬恋村周辺の天気をチェック

バラギ湖フィッシングエリアの魅力

トラウト
出典:photoAC
限りなく自然環境に近く、コンディションの良いトラウトが生息しているバラギ湖フィッシングエリア。広大なキャンプフィールドは日本とは思えない景色の中、釣りを楽しめるのが魅力です。

また、アングラー専用の桟橋や、ボート釣りもできるバラギ湖。フライ専用の立ち込みエリアも設けられており、「こんなフィールドが欲しかった。」というアングラーの要望に応えてくれるでしょう。


バラギ湖|トラウトフィッシング

一日券
※キープ15匹まで
通常:4,200円
夏季:2,160円
半日券
※キープ8匹まで
通常:3,150円
夏季:1,620円
2時間券
※キープ5匹まで
通常:2,100円
夏季:1,080円
延長1時間
※キープ2匹まで
通常:1,050円
夏季:540円
※夏季料金は7月7日~8月31日まで
バラギ湖フィッシングエリアの営業期間は4月下旬から11月上旬にかけて。定休日は特に定められていません。営業時間は午前7時から日没までで、日没時間はボートハウスにて毎日告知されているので確認しておきましょう。

バラギ湖のトラウト釣りエリア

バラギ湖
出典:PIXTA
周囲約2.5キロの人造湖にはレインボートラウトが放流されています。釣り方はルアー、フライどちらも可能です。ここでは各エリアの情報をご紹介します。

■フライ専用立ち込みエリア
障害物が無く、周りを気にせずフライが振れる立ち込みエリア。大自然の中、広大なフィールドでキャスティングをしているだけでも楽しくなります。

■フライ・ルアー専用デッキ
長さ60メートルの桟橋はフライ・ルアー専用デッキ。こちらも周りに障害物がないので、ロングキャストで狙えます。

■桟橋(ルアー専用)
湖にせり出した2つの木製デッキはルアー釣り専用の桟橋。通常のポンドエリアでは体験できないロケーションの中、たまにはゆったりとルアーで狙ってみるのも一興ですね。

ボート釣りもバラギ湖ならではの魅力!

ボート
出典:pixabay
バラギ湖フィッシングエリアはボートからの釣りも楽しめるのが魅力。広大なエリアを周ってトラウトフィッシングが体験できます。ボートからの釣りの際は、ほかのアクティビティを楽しんでいる人もいるので、十分注意しながら釣りを行ってください。

餌釣り池

ニジマスのエサ釣り
出典:photoAC
小さな子供さんや釣り初心者の方におすすめの餌釣り池。魚のサイズも小さめで釣りやすいのが魅了です。営業時間は午前8時から午後6時まで。料金は1時間で1,080円です。竿と餌も料金内に含まれていますので、手ぶらで気軽に釣りが楽しめます。

バラギ湖フィッシングエリアのルールはこちら!

バラギ湖|ワカサギ釣り

氷上のワカサギ釣り
出典:photoAC
バラギ湖では氷上のワカサギ釣りを楽しむこともできます。解禁時期は湖面が凍結する1月下旬から3月上旬ごろまで。釣り時間は午前8時から午後4時までとされています。

レンタル道具も充実していますので、道具を持っていない方でも安心! 注意点としては入口表示のある場所から入ること、また釣りエリアを示すロープが張ってありますので、それ以外の場所には立ち入らないようにしてください。

バラギ湖で氷上のワカサギ釣りを満喫!

ワカサギ釣り
出典:PIXTA
バラギ湖は全体的に浅く、中央付近になるにしたがってゆるやかに深くなる皿池です。水深は最大でも3メートルと浅いので、軽量なオモリを使って釣るのがおすすめです。

餌はサシ虫やラビット、赤虫などを用意しておき、ワカサギの活性に合わせて使い分けしてみてください。またシーズン後半になってくるとニジマスの活性が上がってきて、仕掛けを取られることも多くなるので、予備の仕掛けをいくつか準備しておきましょう。詳しいワカサギ釣りの方法や道具については下記の記事を参考にしてみてください。

▼氷上のワカサギ釣りの関連記事はこちら






カンパーニャ嬬恋で楽しめるアクティビティ

キャンプ
出典:photoAC
バラギ湖があるカンパーニャ嬬恋では、釣り以外のアクティビティを楽しめる環境も充実しています。宿泊したり、日帰りで楽しんだりとファミリーで楽しみやすいのが魅力です。ここではカンパーニャ嬬恋で楽しめるアクティビティをご紹介します。

キャンプサイト

キャンプのテント
出典:photoAC
日本百名山の一つ「四阿山(あづまやさん)」の麓に、25万平方メートルの広さを誇るキャンプサイト。地形をそのままにしてあるので、自然を感じつつキャンプを楽しむことが出来ます。

いくつかのエリアに分けられていて、A~Cエリアは大人4名程度、D~HエリアおよびWエリアは大人5~6名程度、Vエリアは大人7~8名程度がキャンプを楽しめるようになっています。C・H・V・Wのエリアに関してはペットの同伴もできます。

サイクリング・MTBコース

バラギ湖で楽しむサイクリング
出典:photoAC
カンパーニャ嬬恋キャンプ場に来場した人なら誰でも利用できるサイクリング・MTBコース。バラギ湖の周りにあるサイクリングコースは起伏が少なく、乗り慣れていないお子様でもサイクリングを満喫できます。

MTBシングルトラックコースは起伏、コースともに変化に富んだ本格的なMTBコースで、スピード感満点の走りを堪能できます。営業はセンターハウスの期間や時間と同様。コースの利用は無料で、レンタルMTBもありますので利用してみてください。

カヌー・カヤック

カヤック
出典:photoAC
バラギ湖ではカヌーやカヤックの教室を行っています。経験豊富なインストラクターから学ぶことができ、上手な操船テクニックを学ぶことが出来るでしょう。

カヌーやカヤックを使って釣りに挑戦してみようと考えている方は、まず教室で学んでみるのもおすすめです。営業期間は雪の状況に寄りますが、4月下旬から11月上旬が目安。安全管理のため、カヌーやカヤックの持ち込みは禁止となっていますので注意しましょう。

ドッグラン

ドッグラン
出典:pixabay
カンパーニャ嬬恋のドッグランは、ペットとノーリードで楽しむことを目的にしています。カンパーニャ嬬恋内で最も標高が高いところにあり、風景を眺めながら遊びを楽しめます。

営業期間は4月下旬から11月上旬までで、営業時間は午前8時30分から午後6時30分となっています。利用はセンターハウスで受け付けを行い、先着順で1回の利用時間は30分間です。広々としたエリアでペットと一緒に思いっきり体を動かしてみてはいかがでしょうか。

バラギ湖フィッシングエリアで自然を大満喫!

バラギ湖
出典:PIXTA
バラギ湖フィッシングエリアはアウトドアファンにはたまらない環境が整った場所です。釣りの道具や各アクティビティのレンタルも充実していますので、道具を持っていない方でも楽しめます。釣りもアクティビティもめいいっぱい楽しめる休日を、バラギ湖フィッシングエリアでぜひ過ごしてみてください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!