パリトキシンの猛毒に注意!毒を有する魚や症例を解説

パリトキシンはフグ毒として有名なテトロドトキシンよりも強い毒性を持ちます。加熱しても毒性は消せないので、釣れた魚を食べる際は知識と注意が必要です。今回はパリトキシンを有する魚、毒による症例についてをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:photoAC

パリトキシンとは?

毒の旗
出典:photoAC
パリトキシンは天然の毒としては最も強力とされている海産毒素の1種。食物連鎖による生物濃縮によって毒性が強まるとされていて、加熱しても分解されない特徴を持っています。個体によって毒性の強さの差がある為、釣り人の間でも認識している人が少ない毒となっています。

テトロドトキシンより強い?

フグ 釣りをする方ならフグ毒で有名なテトロドトキシンはご存知でしょう。パリトキシンはそのテトロドトキシンをも凌ぐ強毒と言われており、ハワイの先住民が狩りに使う矢の先に塗る毒としても用いられていたようです。

パリトキシンの動態とは

サンゴ
出典:Pixabay
パリトキシン毒が、どういった経緯で魚に蓄積されるかは完全には解明されていませんが、第一生産者は有毒渦鞭毛藻(植物プランクトン)と考えられています。

有毒渦鞭毛藻はスナギンチャクと共生しており、スナギンチャクを餌として捕食した魚の体内に蓄積される事で、パリトキシン毒を有する個体となるとされています。

パリトキシンの中毒症状

腹痛
出典:Pixabay
パリトキシンは摂取後発症までに3~36時間とかなりの時間差があり、発症した場合には回復に数日から数週間を必要とします。筋細胞が融解することによる激しい筋肉痛が主な症状で、重篤な場合には中毒死した事例もあります。

■消化器系
腎障害
■神経系
麻痺、痙攣、呼吸困難、動脈の収縮作用

パリトキシンって解毒できるの?

医療用具
出典:Pixabay
現在、パリトキシンの解毒方法は無く、発症した場合は回復を待つしかありません。毒を有する可能性がある魚を知っておき、事前対処するしかないでしょう。

パリトキシンを有する魚

パリトキシンを有する可能性がある魚は、何種類か存在します。個体差もある為、その魚を食べたからと言って必ず食中毒を発症するということでもないので、市場に出回っていることもあります。ここでは比較的身近でパリトキシンを有する可能性がある魚種をご紹介します。

アオブダイ

アオブダイ
出典:PIXTA
アオブダイはスズキ目ベラ亜目ブダイ科に属する、綺麗な青の体色が特徴の大型魚。スナギンチャクを、鳥のくちばしのような鋭い歯で食べて餌としているので、パリトキシンを体内に蓄えやすい魚とされています。

ブダイ

ブダイ
出典:PIXTA
磯釣りをしていると外道として掛かることがあるブダイ。オスとメスで体色の違いがあるのが特徴です。アオブダイと同じように鋭い歯を持ち、底生の餌を捕食するので、パリトキシンを有している個体が存在します。

ソウシハギ

ソウシハギ
出典:PIXTA
ソウシハギは、フグ目カワハギ科ウスバハギ属に属する魚。最大で1メートル近くにもなり、体に青色の線が散在しているのが特徴です。熱帯に生息する魚ですが、徐々に生息域が北上している魚です。

ハコフグ

ハコフグ
出典:PIXTA
箱のような体格が特徴のハコフグ。パリトキシンを持つ可能性があるとともに、かつ危険を感じると皮膚から粘液とともにパフトキシンという神経毒を出すので、釣れた時には十分注意しましょう。

ウミスズメ

ウメスズメ
出典:PIXTA
ウミスズメは、フグ目ハコフグ科コンゴウフグに属するハコフグの仲間。地域によっては食用とされることもありますが、パリトキシンを有している個体も確認されているので注意が必要です。

パリトキシン毒に注意!

注意看板
出典:PIXTA
フグ毒以上に強い毒性を持つパリトキシン。どのような魚種が持っている可能性があるかを知っておき、それを食さないことが出来る対処法となります。大変なことにならないためにも事前知識を持って備えておきましょう。

毒注意
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!