アンダー1万でも十分使える!良コスパなベイトリールを超厳選!

1万円以下で買える!良コスパなベイトリールをご紹介!初めて買う入門用のベイトリールとしてや、サブ機、2台目としてもおすすめのリールをまとめました!


アイキャッチ画像出典:Amazon

そもそもハイエンドのベイトリールは何が違うの?

アンタレスDCの特徴
出典:楽天市場
ベイトリールというものは、その構造から「軽いルアーが投げにくいリール」・「バックラッシュというトラブルがついてまわるリール」です。

ハイエンドはノンストレス

メタニウムDCのブレーキ
出典:シマノ
ですが、近年は技術の向上により、軽量ルアーが投げれたり、遠投性に優れていたり、バックラッシュがしにくいといったハイエンドモデルが存在します。逆にローエンドなベイトリールというのは、アングラー側の練習やテクニックでベイトリールのデメリットをカバーしなければなりません。

ベイトリールは自転車と同じ

ロードバイク
出典:pixabay
ベイトリールの価格差を自転車で例えるなら、「電動アシストつき自転車・スピードに特化したロードバイク」がハイエンドモデル。「ママチャリ・普通の自転車」がローエンドモデル。といったイメージです。ですが、いくらハイエンドと言っても、それらを使いこなすには「基本をしっかりマスター」している必要があります。

どんなベイトリールでも練習は必要

自転車
出典:pixabay
練習なしで自転車に乗れる人がいないように、ベイトリールを使うにも、まずは練習が必要です。その練習に一番適したベイトリールというのは、どんなリールでしょうか?

例えば、自転車に乗った事のない人が、いきなり電動自転車やロードバイクで練習をするという例は稀です。もちろん、それらでも練習は可能ですが、「自転車の基本」を覚えるには、普通の自転車やママチャリのほうが良いと言えないでしょうか?

これは、ベイトリールも同じような事が言え、ハイエンドモデルの性能を最大限に引き出すには、まずはローエンド(普通のベイトリール)で練習を積む事も大切なのです。

アンダー1万円のススメ

一万円
出典:PIXTA
実際の所、予算に余裕のある方は、1万円台後半から~3万、若しくはそれ以上のハイエンドモデルを最初の一台とするという選択肢もあります。

最小限の出費でベイトリール入門

ですが、ローエンドは最小限の出費でベイトリールを始められる・ベイトリールの基本を覚えられる、といったメリットがあります。

今のリールは性能が高い

そして現代のローエンドモデルは10年前のハイエンドモデルと引けを取らない性能がありますので、1万円も出せば入門用としては申し分のない性能が手に入るのです。今回はローエンドの中でも、特にレビュー評価の高いモデルを厳選しました!

シマノ17 バスワンXT 150

バスワンとはシマノから発売されているタックルシリーズ。低価格帯ながらも実力派のモデルとして、多くの支持を集めています。バックラッシュを抑制するブレーキシステムとして「SVS(遠心力ブレーキ)」を搭載。

バスワン 3/8オンス(10グラム)前後のルアー・仕掛けであれば、淡水・海水問わずオールラウンドに使用できます。

汎用性が高く、飛びもスムーズ。一番驚いたのがピッチングです。旧型では到底できなかった軽さのワームも難なく綺麗に飛びます。ハイエンド機種までとは言いませんが、この価格帯での使い勝手は一番ではないでしょうか?出典:Amazon

飛距離、巻き心地、共に1万円以下のリールとは思えない代物で、非常に満足しています。ブレーキングも、安心と信頼のSVSですね。キャストが下手な私でもストレス無く投げられます。ベイトリール入門向けとしても、玄人向けとしても、間違いなくオススメできる一品です。出典:Amazon

チヌの落とし込み、ナマズに使用していますが、この価格ならハードに使い倒せるのが良いです。使い心地も悪くありません。見かけもシブくて良い感じです。出典:Amazon

ITEM
シマノ17 バスワンXT 150 右巻き
ギア比:7.2
自重:210g
最大ドラグ力:5.0kg    
巻取り長さ:77cm 
ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100   

アブガルシア XROSSFIELD7

クロスフィールド⑦
出典:楽天市場(画像の左は別売りのBFスプール)
クロスフィールド7は、ピュアフィッシングジャパン(アブガルシア)のタックルシリーズ。1本の道具で様々なジャンルの釣りを楽しむことをコンセプトに制作されています。

クロスフィールド7
出典:楽天市場
低価格帯ながらも実力派のモデルとして、多くの支持を集めています。バックラッシュを抑制するブレーキシステムとしては「マグネットブレーキ」を搭載。3/8オンス(10グラム)前後のルアー・仕掛けであれば、淡水・海水問わずオールラウンドに使用できます。

ショアからのハタやアラカブなどロックフィッシュ用で購入しました。商品が届いたので防波堤で試しに投げてみました。とりあえず20回キャストしてみてバックラッシュなし、飛距離は40~50mで初期動作に問題はなかったです。次の釣行で使おうと思います。(出典:Amazon

最近バス釣りを始めました。購入後試しに近くの川に行き投げてみましたが全くバックラッシュせず驚きました。今日もバス釣りに行ってきましたが1日中やっても一回もバックラッシュせず釣りのみに集中することができたので大いに満足です。(出典:Amazon

セットしっかりしたらバックラッシュなんてしない!最初のベイトリールとしては良いとおもいます!出典:Amazon

ITEM
アブガルシア クロスフィールド7
ギア比:7.1:1
最大ドラグ力:7kg
自重:209g
巻取り長さ:74cm 
糸巻量(lb-m):14-130/16-115/20-90


アブガルシア PROMAX3

プロマックス3
出典:楽天市場
プロマックス3は、ピュアフィッシングジャパン(アブガルシア)のベイトリール。エントリーモデルとして人気を博した前回のプロマックスが、コンパクト・軽量になって16年に登場しました。

プロマックス3
制作:TSURI HACK編集部
クロスフィールド7と非常ににていますが、クロスフィールド7のボールベアリングは3。対しプロマックスは7と、ボールベアリングの数が多めです。バックラッシュを抑制するブレーキシステムとしては「マグネットブレーキ」を搭載。3/8オンス(10グラム)前後のルアー・仕掛けであれば、淡水・海水問わずオールラウンドに使用できます。

ナマズ釣り用に購入。久しぶりのマグキャストでしたが、難なくキャスト&キャッチ出来ました。昔のマグキャストリールと比べると飛距離は出ますね。製品精度は国産の物の方が上ですが、充分使えます。出典:Amazon

低価格である分上級機種と比べ投げ心地や巻き心地、剛性感、外観パーツの接合部分の細かい仕上げ等々が劣る訳ですが特段に大きな不満点はありません。他のリールたちと同様に現役を長く続けてくれそうです。Abuは遠心ブレーキが正統派だと思い込んでいましたがマグネットブレーキも悪くないです。出典:Amazon

使用初日にいろいろやってみて、川でシーバス三本あげました。飛ぶし、巻き心地もいいし、値段のわりにはスゴいいいです。右巻きも欲しいです。出典:Amazon

ITEM
アブ ガルシア PROMAX3
ギア比:7.1:1
自重:202g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:74cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):14-130

アブガルシア BLACK MAX

ブラックマックス ブラックマックスは、ピュアフィッシングジャパン(アブガルシア)のベイトリール。クロスフィールド7、プロマックス3と同様に、エントリーモデルとして高い人気を得ています。ギア比はプロマックス(7.1:1)より低い6.4:1、ボールベアリング数も4と少なくなっていますが、その分価格が抑えられています。3/8オンス(10グラム)前後のルアー・仕掛けであれば、淡水・海水問わずオールラウンドに使用できます。

使用感全く問題ありません。バス、ライギョ、コイなど50以上でもゴリ巻きです。カバークランキングなど巻き物に使用してますが問題無しです。ハンドルが違えば…。個人差はありますがセッティングだせばかなーり使い勝手がいいです。出典:Amazon

使い勝手も、初ベイトリールですが、ストレスなく投げれてます。もっと良いものを使えば違いもわかるかもしれませんが私には十分です。ちなみに、ゾディアスの赤に合わせてこちらを購入しました。凄くピッタリですね。出典:Amazon

値段、性能、ともに申し分ありません。高いリールもいいけれど、魚を釣るという目的ならば、これで十分です。出典:Amazon

ITEM
アブガルシア BLACK MAX3
ギア比:6.4:1
自重:202g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):14-130

カストキング ロイヤルレジェンド(Royale Legend)

ロイヤルレジェンド
出典:Amazon
カストキングとはアメリカに本社を置く釣具メーカー。ロイヤルレジェンドは遠心・マグネットブレーキのツインブレーキシステムを搭載したベイトリール。Amazonのレビューも値段以上の使用感と、高評価が多い印象です。3/8オンス(10グラム)前後のルアー・仕掛けであれば、淡水・海水問わずオールラウンドに使用できます。

評価が高ったですが、期待はしていませんでした。でも使ってみると、良く飛ぶなというのが最初の感想でした。軽いルアーでもスプールの立ち上がりよくよく飛んでました。マグネットブレーキが弱いという感想が多いですが、スプール軸をコントロールするブレーキをひとつだけオンにしてマグネットブレーキは7~8でほとんどがカバーできました。出典:Amazon

ベイトリール始めての使用で購入しましたが、特に機能は問題なく使いやすく良かったです、ただやり始めから、バックラッシュしてしまい、まずは投げ方の練習がかなり必要と自分では思います。出典:Amazon

見た目もよく、なめらかな巻きあじで使用感もよく、コスパもよくいい買い物でした。出典:Amazon

ITEM
カストキング Royale Legend 右ハンドル
ギア比:7.0:1
自重:213g
最大ドラグ力:8.0kg
巻取り長さ:80cm
ナイロン糸巻量(mm-m):0.26-180/0.28-150/0.30-110

最後に~格安ベイトリールの注意

出典:PIXTA
価格はあくまでも目安ですが、気をつけなければいけないのは、5000円を切る格安製品や、海外モデルなどです。そういったものは、仮に良いレビュー沢山があっても、製品毎のクオリティーにバラつきがあったりで、いわゆるハズレ個体に当たってしまう可能性をはらんでいます。初めてのベイトリールを買う際、それがアタリなのか、ハズレなのかも分からない事もあるかと思いますので、格安製品は、そのあたりのリスクも考えて購入しましょう。みなさんも是非ベイトリールを使いこなして、釣りの幅を広げて下さいね!

ベイトリールQ&A

ベイトリール
出典:PIXTA

そもそもどんな釣りで使えるの?

ベイトリールは、淡水の代表的な魚種で言えば、バス、ナマズ、雷魚などが挙げられますが、鯉の吸い込み釣りなどでも使う事ができます。海水は中型の根魚(カサゴ・アイナメ・ハタ類)、タコ、港内の岸壁などを狙うシーバス釣りなどで活躍します。

わざわざベイトリールを使う理由って?

ベイトリールは、短~中距離キャストを次々と繰り返すようなジャンルの釣りに向いています。ベイトリールはスピニングでの動作(ベールアームを起こし指にラインをかけるといった動作)がクラッチ一つでこなせます。まだリールのボディーが低くロッドと密着している為に、バランスが良くキャストコントロールがし易いのも特徴の一つです。

また、巻き上げパワーも強く、巻き抵抗の大きいルアーを使うときや、近距離を次々と撃っていく釣り、太いラインを使って障害物の中から魚を一気に抜きあげるような釣りにはとても重宝します

活躍する条件って?

・超ロングキャストが必須ではない釣り

・使用する仕掛け、ルアーの重量がトータルで10グラム以上目安

・太い糸を使用する時 ※12ポンド(3号)以上目安

ベイトリールの握り方って?

ベイトリールの持ち方について解説しています。

バックラッシュってなに?

バックラッシュとその直し方について解説しています。

メンテナンスについて

ベイトリールのメンテナンスについて解説しています。

    もっといろんなベイトリールが見たい

    ギア比の選び方や糸巻き量の選び方も解説しています。

    アンダー1万
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    TSURI HACK編集部
    TSURI HACK編集部

    TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

     

    LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

    おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!