あなたは大丈夫!?スピニング・ベイトタックルの【正しい持ち方】を知ろう!

タックルがうまく扱えない、ライントラブルが多い、キャストしていて疲れる!実はそれ、タックルの持ち方が悪いのかもしれません。今回はタックルの正しい持ち方をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

正しい持ち方を知ろう

制作:TSURI HACK編集部
皆さんは釣りをされる際、タックルの「持ち方」を気にしたことはありますか?自己流の持ち方や誰かの見よう見まねという方も多いかとは思いますが、誤った持ち方をしていると、タックルをうまく扱えないばかりか、場合によっては魚を逃がしてしまったり、ライントラブルの原因となっている事もあるのです。今回はタックルの正しい持ち方についてご紹介します。

スピニングタックルの正しい持ち方

スピニングリールの持ち方
制作:TSURI HACK編集部
スピニングリールは中指と薬指の間からリールの足が出るようにするのが正しい持ち方です。

スピニングタックルのフェザーリング
制作:TSURI HACK編集部
正しい持ち方をする事により、無理のない「フェザーリング」が可能になります。

※ラインの放出量を指で調整する事を、スピニングタックルでは「フェザーリング」と呼びます。キャスト毎にきちんとフェザーリングが出来れば、ラインの不必要な飛び出しを抑制し、ライントラブルを減らすことが出来ます。

制作:TSURI HACK編集部
このような持ち方は、人差し指とスプールとの距離が離れ、フェザーリングが出来ない為に好ましくありません。

スピニングの間違った持ち方
制作:TSURI HACK編集部
仮に小指を1本だけをかけたとしても、手が全体的に前に行く為、人差し指とスプールとの距離が離れ、フェザーリングがしにくくなってしまいます。


ベイトタックルの正しい持ち方

ベイトタックルの持ち方
制作:TSURI HACK編集部
太糸を巻くことができ、大型魚やパワーゲームで活躍するベイトリール。ベイトリールにはバックラッシュというトラブルも存在しますが「基本の持ち方」が出来ていないが為に、バックラッシュが発生している事もあります。ここでは「ベイトリールの基本の持ち方」を解説していきます。

基本・キャスト時はワンフィンガー

ワンフィンガーキャスト
制作:TSURI HACK編集部
キャスト時、ロッドのトリガーにかける指は1本(ワンフィンガー)が基本です。たまに、2本指(ツーフィンガー)の方がいますが、ベイトタックルの構造的にもあまり好ましくありません。

ワンフィンガーキャストの利点

ワンフィンガーキャスト
制作:TSURI HACK編集部
手首のスナップが効くので、正確なキャストがし易くなる。

親指の先端でサミングをする事になるので「ラインの放出の微調整」がしやすくなる。

※ベイトタックルでライン放出量を調整する事を「サミング」と呼びます。「thumb(サム)」=親指の事です。

ワンフィンガーキャストの方法

ワンフィンガーキャスト
制作:TSURI HACK編集部
①ロッドのトリガーに人差し指をかけます。

ワンフィンガーキャスト
制作:TSURI HACK編集部
②手首を内側にひねり「手の甲が自分から見えるように構えてから」キャストします。

 上手なサミングのコツ

サミングのコツサミングのコツ
制作:TSURI HACK編集部
親指の腹をベイトリールのクラッチレバーに乗せ」、サミングの強さの微調整は必ず「親指の先端」で行います。

最初は「キャスト時に浮き上がってくるライン」に常に触れるくらいの間隔で、親指の先端をセットしておくと良いでしょう。慣れるまでは難しいですが、ワンフィンガーでキャストが出来ていれば、今までには出来なかった細かいサミングコントロールが出来るようになります。サミングコントロールが上手に出来れば、必要以上にリールのブレーキをかける必要がないので、ルアーの飛距離を稼ぐことが出来ます。

仮にツーフィンガーキャストだと……

ツーフィンガーキャスト
制作:TSURI HACK編集部
ツーフィンガーでロッドを握ると、握る手が前側に移動します。すると結果的に「親指の腹」でサミングをする事になるので「ライン放出時の微調整が難しく」なってしまいます。

サミングだけでなく、細かい作業をするときは、指の腹ではなく先端を使いますよね?サミングも同様に親指の先端がやり易いのです。


リーリング(巻き)はスリーフィンガー

スリーフィンガー
制作:TSURI HACK編集部
スリーフィンガーは小指と薬指の間からトリガーが出るようにし、掌でリールを包み込みます。

3つの指と力の強い親指でガッチリとリールを固定できる為、安定したリーリングや魚とのファイトが可能になります。

ツーフィンガー
制作:TSURI HACK編集部
このようにツーフィンガーだとリールを「包み込めない」為、安定したリーリングや大物とのファイトには少し不向きです。

持ち方から見直そう

間違った持ち方
制作:TSURI HACK編集部
タックルがうまく扱えない時、どうしても道具のほうに不信感を抱きがちですが、実は「持ち方が悪かった」という事が意外にあるものです。みなさんも自分の持ち方を見直して、快適な釣りを楽しんで下さいね。間違ってもこんな持ち方はダメですよ!

ベイトリール大敵!バックラッシュの直し方

タックル 持ち方
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!