【その手があったか!】釣具を1円でも安く買う方法とお役立ちショップとは?

私たちの生活を豊かにしてくれる趣味。せっかく好きな事をするのなら、お金のことを気にせず思いっきり楽しみたいですよね。ですが、現実問題として趣味に関わる費用というもの無視できない問題です。今回は釣りに関わる費用「釣具」を安く買う方法をご紹介します。


アイキャッチ画像制作:TSURI HACK編集部

釣具を1円でも安く買うために

釣具
出典:PIXTA
私たちの生活を豊かにしてくれる趣味。せっかく好きな事をするのなら、お金のことを気にせず思いっきり楽しみたいですよね。ですが、現実問題として趣味に関わる費用というもの無視できない問題です。

今回は釣りに関わる費用「釣具」を安く買う方法をご紹介します。

中古釣具店を活用する(ハシゴする)

中古 中古釣具は新品よりも安く買える。今だってご紹介するまでもなく、多くの方がご存知の事だとは思いますが、中古釣具店をより賢く利用する方法に中古釣具店の「ハシゴ」があります。

同じ系列店でも値段感が違う

値札
出典:pixabay
全く違う会社がやっているならば、中古商品の値段感が違うのは当たり前ですが、同系列のお店でも「全体的に中古商品が安い店舗」がある場合があります。

これは地域差もあるので一概には言えませんが、通える範囲に何店舗か中古釣具店があるのであれば、ハシゴをして比較してみるのも良いかもしれません。

※ただ移動の費用(ガソリン代等)のほうが高くついてしまった!なんて事にならないよう、注意が必要です。

商品の状態は細心のチェックを

釣具
出典:PIXTA
いくら安く買えると言っても「中古商品」である事には変わりません。例え「新品同様の商品」であっても「新品の保証」はなく、返品交換が出来ないというリスクもあります。

実際に、スピニングリールを糸を巻いていない状態で試して問題がなくても、「ラインを巻いてみたらラインローラーから異音出た」というような事も無いとは言えませんし、「ロッドが1キャスト目で折れてしまった」といった事も無いとは言えません。

観察 その為、中古商品を買う時は、自身が納得出来るまで、細部まで舐めまわす様にチェックすることをオススメします。

※商品をどの程度までチェックできるか(ベイトリールのサイドカップを外して中身を見てよいか、実際にリールにラインを巻いてよいか、ロッドにリールをつけて、実際にラインを張って曲げてよいか、など)は、お店によっても異なりますので、お店の方と相談しましょう。

ネットオークションを活用する

オークション ネットオークションも同様、中古品を安く買うことが出来る「可能性のある」サービスです。ですが、特に新製品であったり、競争相手が多い人気商品は、大幅な値下げはあまり期待できません。

その為、実際に「お得感」を得られるほどの商品を落札する為には、常日頃からのチェックを欠かさずにいる事が大切です。

深追いの危険

入札 商品を安く買うという目的以前に、「商品を競り落とす事に熱くなってしまう」といった危険もネットオークションには存在します。

結果的に「補償のない中古品を、新品とさほど変わらない値段で落札してしまった」といった事もあり得ますので、自分の中での上限をちゃんと設定しましょう。

画像で判断に気をつけよう

落札 「商品の状態は画像でご判断願います」といった記述がある商品には注意が必要です。例えば見た目がきれいなリールであっても内部にサビが及んでいたり、写真ではキズの細かい程度まで判断出来ないものがあります。

実物が確認できないリスク

個人の感想です 商品の説明欄に「機関良好・美品」との記述があっても、それは個人の感覚による判断です。その為、「実際に回してみたらゴロゴロした」「よく見たら細かいスレが沢山あった」というような事も、無いとは言えません。

実物を間近で見れない、触れないネットオークションは「自分が思っていたものと違う状態の物が届く」とったリスクありますので、その事をよく理解した上で利用しましょう。

送料も気にしよう

送料 定価1800円のルアーを800円で落札出来ても、+定形外郵便の送料200円=1000円という事もありますよね。

小物類、そもそも金額が低い商品の場合、「実は中古釣具店のほうが安かった」といったケースもありますので、落札価格だけでなく送料にも目を向けましょう。

ヤフオク!

ヤフオク!は、日本NO.1の利用者数と常時約5000万点以上の商品数を誇る、ネットオークションサービスです。ヤフオク!


ネット通販を活用する

出典:pixabay
ネット通販の最大のメリットは、いつでも好きな時に、複数のネットショップを比較し、すぐに「最安値」を探せるといった点です。

既に購入するものが決まっており、商品のスペックを熟知しているのであれば、ネットショップは非常に有効な購入手段と言えるでしょう。

ネット通販のデメリット・向いていない人

初心者 ネット通販のデメリットは、実物を間近で見て、触れないというものがあります。釣具には、ロッドの固さ、持った感触など、実際に触れてみないと分からない事が多々あります。

釣具と言っても、洋服や靴のサイズを選ぶ時と同様、実際に試してみるという事が重要です。また、ネットショップはすぐ質問に答えてくれる人が身近にいない為、初めての釣りジャンルで何を買って良いのか分からない人や、釣り初心者にとっては注意が必要な場合があります。

釣具メーカー・釣具店のメンバーズ特典を活用する

ポイントカード
撮影:TSURI HACK編集部
会員制度がある釣具メーカーは幾つか存在し、そこの会員になると「特別価格で商品を購入できる」といった特典を付与しているメーカーもあります。もし好みのメーカーがあるのであれば、そこにメンバーズ制度があるかをチェックしてみましょう。

PFJアンバサダー

PFJアンバサダーは、アブガルシア製品などを扱うピュアフィッシングジャパンのメンバーズ制度です。アンバサダー登録でB級品をおトクな値段で買える事もありますよ!PFJアンバサダー

ポイント また、会員制度のある釣具店も多く、年間購入金額に応じて割引率が変わるものや、購入の毎にポイントが付与させるものなど、特典内容は様々です。

未だ良く利用する釣具店の会員になっていないという方は、特典内容をチェックしてみましょう。

ネットに勝る釣具店?

釣具店
出典:Amazon
ネットショップがいくら最安値を探しやすいと言っても、もともと金額の安い商品・小物類などは、釣具店のほうが安いケースが多いです。

また、セール、ポイント、会員特典などをうまく活用する事で、ネット通販よりも安く買えるといった事もあります。釣具を1円でも安く買いたいのであれば、釣具店のチェックも欠かせません。

釣具店のメリット

店員 釣具店は、実際の商品を手に取り確かめられるだけでなく、商品のスペックや、分からない事についての説明を受けられるというメリットがあります。

また、地域の釣り場にも詳しいので、釣れるポイントや釣り方についてアドバイスが貰えたりと、釣りにとって非常に重要な「情報」を得られる場でもあります。

情報をうまく活用すれば、「釣れない釣り場に何度も通って、交通費がかさんでしまった」という事もなく、結果的に釣りに関わる費用を抑えられる事が出来ます。


釣具店以外のお役立ちショップを活用する

釣具は何も釣具店やネット通販でだけで揃える必要はありません。「釣具」として売られていなくても釣具として活用できる商品は沢山あります。

以下のような店舗を活用する事で、釣りに関わる費用を抑えられる事もありますよ。

ダイソー(100円ショップ)

ダイソー ダイソーの一部店舗には、ジグ・ルアー・ワーム・針など、100円(税込み108円)で買える釣具が置いてあります。

その他にも、メッシュの小物入れや、プラスチックケース、プライヤーなど釣りに使える小物が色々揃っていますので、工夫次第で釣りに使う小物を安く揃えることが出来ますよ。

▼関連記事



ホームセンター・大型スーパー

コストコ 工具箱・作業着等、釣りにも併用できるアイテムが盛りだくさんのホームセンター。小物ケースやペンチなどは釣具店より安く買える事もあります。

コストコといった大型スーパーでは、海外輸入のゴムボートやフローターが破格の値段で売られている事もあります。

そういった大型商品は年中取り扱いがある訳ではありませんが、こまめに通う事で掘り出し物と巡り合えるかもしれません。ゴムボートなどは、レジャー用品が充実するゴールデンウィーク前の時期が狙い目です。

ワークマン

ワークマン ワークマンは作業服やレインウェアを提供している会社です。働く人に便利なものを、なるべく低価格で提供することを理念として様々な商品を販売していますので、レインウェア・インナー・防寒着など釣りに使えるアイテムがリーズナブルな値段で揃えられます。

ワークマンのオンラインストア

買い物はトータルバランスが大事

買い物
出典:pixabay
釣具を1円でも安く買うには、中古釣具店、ネットオークション、ネット通販、会員特典、ポイント、釣具店以外のお店と、複数のサービスをうまく利用する事が重要です。

お店を回りすぎて要らないものまで買ってしまったり、交通費などがかさんで「結果的に高くついてしまった」といった事にならないように、移動距離、お店を回る順番などもしっかりと計画しましょうね。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!