フックキーパー

フックキーパーおすすめ16選!3種類の形状と取り付けるメリット

2022/11/25 更新

フックキーパーは、ルアーやフックを固定して、タックルを傷つきにくくしてくれる優れもの。

取り付けも簡単で、メリットしかない便利グッズの種類とおすすめの製品をご紹介します。

目次

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

フックキーパーは「あると便利」な小物の代表格

 

フックキーパー

出典:Amazon

フックキーパーは移動時や他のタックルを使う時に、ルアーが動かないようタックルに固定しておけるアイテム

ガイドやリールにフックを掛けて固定する方法もありますが、ロッドのブランクスやガイド、リールに傷を付けてしまう恐れも。

大切なリールやロッドを傷つけることなく、ルアーを固定しておけるフックキーパーの種類と、おすすめの製品を紹介します!

フックキーパーを使用するメリット

■メリット

  1. ・ロッドやリールを傷つけない
  2. ・付け外しがスムーズ
  3. ・カスタム感覚で付けられるものも

 

フックキーパーを使用する最大のメリットは、タックルを傷から守ってくれること

ガイドやベールにフックを引っ掛けて固定していると、針先やルアー本体がタックルに当たるのを避けられません。

フックキーパーを使えば、傷を防ぎつつルアーの付け外しもスムーズなるなど、さまざまなメリットがあります。

フックキーパーは大きく分けて3種類

フックキーパーは、タックルのどの部分に付けるかによって、大まかに3つのタイプに分類されます。

ブランクス取り付け型

ブランクス取り付け型のフックキーパー

ブランクス取り付け型は、ゴム製のOリングを使ってブランクスに取り付ける、フックキーパーとしては最も一般的なタイプ。

低価格かつ複数個入っているものもあるので、持っているロッド全てに取り付けたい時にはこのタイプがおすすめ。

一方で、固定位置がズレたりゴムの劣化によってある日突然外れてしまう事もあるのが、このタイプのデメリットでしょう。

リール固定型

 

リール固定型のフックキーパー

リール固定型は、リールにフックを掛けるパーツのみを取り付けるフックキーパー。

リール自体のネジでとも締めしたり、パーツごと交換する形で取り付けます。パーツ自体も小さくあまり目立ちません。

ネジでしっかり固定できるので外れる恐れが少ないことと、リールのデザインを崩さないのがこのタイプのメリットでしょう。

リールスタンド共用型

リールスタンド型フックキーパー

撮影:TSURI HACK編集部

リールスタンド共用型は、スピニングリール用のリールスタンドにフックキーパーの機能が付いたもの。

ルアーの固定による傷だけではなく、地面にリールを置く際に付く傷も防ぐことができます。

他のタイプよりやや割高ですが、リール保護とフックキーパー機能を兼ね備えた優れものです。

ブランクス取り付け型フックキーパーおすすめ7選

錆びにくいステンレス素材のブランクス取り付け型フックキーパー。

3種類の異なる径が用意されていて、自分の持っているロッドに合わせて選べます。

ゴム製のバンドで、ブランクスを傷付けることなく固定が可能。

ダイワ ルアーフックホルダー

ルアーフック用とワームフック用の2種類の突起が用意された、幅広いルアーに対応したフックキーパー。

オフセットフックなどの針先が出ていないリグも固定することができるので、バスタックルに最適です。

コーモラン フックキーパー

コーモランのブランクス取り付け型フックキーパー。

2サイズのゴムリングが内蔵されているので、幅広いロッドに取り付けることが可能です。

ゴールデンミーン GMアルミフックキーパー

強度、耐食性に優れたアルミニウム製のフックキーパー。

メタリックなデザインは、カスタムパーツとしてロッドに彩りを添えてくれます。

プロックス 結束フックキーパー

1袋に10本入りというコスパの高さが魅力的な、結束バンドタイプのフックキーパー。

強度や耐食性には劣りますが、フックキーパーとしての性能は充分。

トレブルフックからエギまで、さまざまなルアーを一時的に固定しておくのに活躍してくれるでしょう。

富士工業 マルチフックキーパー MHKM

富士工業から販売されている、ルアーやワームなどマルチに扱えるフックキーパー。

二重にロックすることによって、ラインがゆるんでも引っ掛けたフックが外れにくくなっています。

ラインが絡まりにくいフラットな形状で、使わない時にも邪魔になりません。

マルシン漁具 フックキーパー

ブランクスの径が5mmから17mmまで、幅広い太さのロッドに取り付けできるフックキーパー。

ロッドと触れる面にはスポンジの保護材が付いているので、ブランクスを傷付けません。

リール固定型フックキーパーおすすめ4選

ジーニアスプロジェクト B.H.K

ベイトリール専用の、ネジでとも締めするタイプのリール固定型フックキーパー。

小さくて目立ちにくく、リールのデザインを崩さずフックキーパー機能を追加できる優れもの。

錆びにくく強度の高い金属製で、潮を被るオフショアタックルにもおすすめです。

ソルトウォーターボーイズ リールラインストッパー

リールのハンドルネジ部分に取り付ける、リール固定型ラインストッパー。

フックを引っ掛けるのではなく、ラインを溝に挟み込むことでルアーも固定可能。

レベルワインダーに糸を通したまま、リールを保管できるのも便利です。

カスタムパーツメーカーのリブレ製リール固定型ラインストッパー。こちらもラインごとルアーを固定するタイプ。

チタン製の本体は強度や耐食性に優れ、メタリックなデザインが特徴。

オシアジガーやソルティガなど、ゴツいタックルに最適なストッパーです。

ジークラック ルアーキーパー

ジークラックから販売されている、リールシートにリールと一緒に挟み込むタイプのフックキーパー。

針先を隠すことができる形状になっており、移動の際に刺さるといったトラブルを防げます。

リールの前に隠れるので、釣りの最中に邪魔になりにくいルアーキーパーです。

リールスタンド共用型フックキーパーおすすめ5選

中国のメーカーであるゴメクサスのフックキーパー付きリールスタンド。

スタンドの先端に設けられた穴に、フックを引っ掛けることでルアーが固定可能。

もちろん、リールスタンドとしての機能も優秀です。

スラッシュ タクティカルフックキーパーEX

折りたたみ可能なフックキーパー付きリールスタンド。

リールスタンドは使わない時には折りたためるので、釣りの最中も邪魔になりません。

ガンメタ、ゴールド、ブラックの3種類のカラーで、様々なリールにマッチします。

ドレス リールスタンド オリジン

ドレスから販売されている、リールスタンド型フックキーパー。

リールスタンド内にケミホタルを装着でき、夜間にはリールの存在をアピールしてくれます。

フックキーパー部分は引っ掛けやすく、使いやすい形状です。

サンライク リールスタンド

リールスタンド、ラインストッパー、フックキーパーと3つの役割を持ったマルチなリールスタンド。

アルミ製で耐久性も高く、なおかつ低価格なのがうれしいポイント。

カラーラインナップも豊富で、あらゆるリールにジャストフィットさせられます。

SLPワークス RCSローリングフックホルダー

ダイワ純正のカスタムパーツメーカーである、SLPワークスのリールスタンド型フックキーパー。

フックキーパー部分はベアリングで回転する仕組みで、スムーズにルアーを固定可能。

カスタムパーツも、いいものを使いたいアングラーにおすすめしたいリールスタンドです。

フックキーパーで大切なタックルを傷から守ろう

フックキーパー

撮影:TSURI HACK編集部

フックキーパーはランガンなどの移動が楽になるだけではなく、タックルに傷も付きにくくメリットしかないアイテム。

ブランクス取り付け型やリールスタンド型など、さまざまなタイプを選べることも魅力的です。

タックルを大切に扱いたいアングラーは、必ず使っておきたい便利グッズでしょう。

関連記事