ロックフィッシュタックルの画像

ロックフィッシュタックルの選び方解説!悩んでいる方は必見!?

2022/10/31 更新

ロックフィッシュタックルを組まれる際、皆さんはどの様な基準で選ばれていますか? 対象魚? それともフィッシングスタイル? ここではロックフィッシュにオススメなタックルをご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ロックフィッシュタックルについて

ロックフィッシュ用ロッドの画像

ロックフィッシュタックルとは、ロックフィッシュを専門に狙うためのタックルの事を指します。しかし、一言にロックフィッシュタックルと言っても、ライトな物からヘビーな物まで様々な種類があります。加えて、オカッパリに向いている物、ボートに向いている物などもありますので、対象魚と、ロケーションに合わせてタックルをチョイスすることが重要です。

ライトロックフィッシュのタックルバランス

ライトロックフィッシュの画像

出典:PIXTA

カサゴ類に代表されるライトロックフィッシュのタックルバランスは、軽量、小型のルアーを使用することから使うラインも細くなるので、ロッドはフィネス対応の物、リールは小型のものを選びましょう。硬いロッドを使用してしまうと、アタリを弾いてしまったり、バレやすくなったりしてしまいます。

ロックフィッシュのタックルバランス

ロックフィッシュの画像

出典:PIXTA

ハタ類に代表されるロックフィッシュは根から引きずり出すパワーが、タックルに求められます。オカッパリではブレイク弥起のポイントにまでルアーを送り込む必要がある為、ある程度の長さも重要な要素になってきます。パワーとレングスを備えたロッドに合った大きさのリールをチョイスしましょう。

ハードロックフィッシュのタックルバランス

ハードロックフィッシュの画像

出典:PIXTA

アイナメに代表されるヘビーロックフィッシュタックルには、これまで以上のタックルパワーが必要になってきます。しかしヘビーになるほど、ルアーの操作感や感度などが損なわれがちですので、扱いやすさを損なわないように気を付けながらタックルのヘビー化をしましょう。大きければ、硬ければいいという訳ではありません。

ロックフィッシュのスピニングタックル

ロックフィッシュを狙うスピニングタックルを選ぶ際のポイントは、まず対象魚をはっきりと絞ることです。対象魚の大きさによって、ロッドのパワーを変えなくてはいけませんので、まずは対象魚を絞ります。次にロケーションです。沖のポイントを狙うのであれば長いロッドが必要になってきますし、根がかりが多い場所だったらかわすために硬いロッドの方が使いやすくなります。スピニングは、ベイトよりも固めの方が使いやすいことがオススメです。

ロックフィッシュのスピニングロッド

長さは飛距離に直結しますので、沖のポイントを狙うために飛距離が欲しい場合は、長めのロッドをセレクトしましょう。硬さは、使うルアーのウェイトと、使う場所の底質、動かし方で変わってきます。重いルアーを使う場合、根がかりが多い場所、ボトムパンプなどのアクションをくわえる場合はロッドを固めにしましょう。
ウルトラライトアクションでも大物も余裕の対応

アブガルシア ロックスイーパー NRS-6112UL+ MGS

全長:6.11ft
自重:98g
継数:1本
ルアー重量:0.9-5g

入門者にオススメのロックフィッシュ対応モデル

シマノ  ソルティーアドバンス ロックフィッシュ S606ML

全長:6.6ft
自重:100g
継数:2本
仕舞寸法:101.8cm
ルアー重量:5-18g

ソイ・アイナメ専用モデル

ダイワ HRF 810MHS

全長:8.10ft
自重:150g
継数:2本
仕舞寸法:139cm
ルアー重量:5-35g

ロックフィッシュのスピニングリール

ロックフィッシュに用いられるスピニングリールに求められる性能は、まずは耐久性と堅牢性です。引きの強いロックフィッシュですので、耐久性がないリールはすぐに壊れてしまいます。耐久性とは別に堅牢性がないリールは、例えば魚がかかった時にリールがゆがんでしまって、巻き手が非常に重くなってしまう恐れがあります。パワーのある魚を相手にしますので、以上2点に特に注意してリールを選びましょう。
マグシールド搭載モデル

ダイワ フリームス 2506H

ギア比:5.6:1
自重:270g
最大ドラグ力:3kg
巻取り長さ:84cm
ナイロンライン糸巻量(lb-m):5-140 / 6-100
PEライン糸巻量(号ーm):0.8-130 / 1.0-100

AR-Cスプール搭載で飛距離が違います

シマノ AR-CエアロBB C3000HG

ギア比:6.0:1
自重:275g
最大ドラグ力:7kg
ナイロンライン糸巻量(号ーm):2.5-180 / 3-150 / 4-100
フロロライン糸巻量(号ーm):2.5-160 / 3-130 / 4-100
PEライン糸巻量(号ーm):1-400 / 1.5-270 / 2-180
巻取り長さ:98cm

■ロックフィッシュ向けでのご紹介ではないですが、安価で初心者にもオススメなリールをこちらで紹介しています。合わせてチェックしてみてください!

ロックフィッシュのスピニング用ライン

ロックフィッシュに用いられるラインは現在の主流はPEラインです。伸びが少なく、直線強度も強い、細くて同じ強度なら飛距離がナイロンやフロロカーボンに比べて格段に飛ぶこと、加えてスピニングリールで宿命とされている糸ヨレが出ないことが理由です。しかし、リーダーを結場なくてはいけないことなどの、ハードルがあるので、PEラインが使用できない場合はフロロカーボンラインが使いやすいでしょう。ナイロンよりも感度が良くラインが沈むので使いやすいです。
信頼のダイワ製ハイコストパフォーマンスライン

ダイワ ジャストロン DPLS

長さ:500m

フロロカーボンは信頼のシーガー

クレハ シーガー フロロマイスター

長さ:240m

8本撚りPEは滑らかで使いやすい

よつあみ G-soul X8 UPGRADE

長さ:150m

■PEラインを使用する際にリーダーは必須です。このリンクでは、PEラインに相性バッチリなショックリーダーを紹介しています。PEライン派の方は是非チェックしてください!

ロックフィッシュのルアー(リグ)

ロックフィッシュはボトム、もしくはボトム付近の中層をルアーで狙うため、基本的にはワームで狙う釣りが効果的です。フリリグや、ビフテキ、ダウンショットリグなど様々なリグがありますが、底自体を狙う場合はテキサスリグがオススメ。とにかく根がかりが少ないので、釣りに集中できます。中層を狙うのであればジグヘッドがオススメです。テキサスリグとは逆にフッキングが良く、バイトした魚を逃がしません。

ロックフィッシュのベイトタックル

ロックフィッシュのベイトたくるバランスで重要な点は、ロッド、リール、ラインのバランスをスピニングタックル以上にシビアに揃える必要がある点です。例えばベイトフィネスロッドに、ヘビーロックフィッシュ用のリールを組み合わせたとしたら、リールの回転性能が悪いヘビーロックフィッシュ用のリールでは、いくらロッドがベイトフィネス用だとしても、ベイトフィネスとして使用することは困難になってしまう為です。

ロックフィッシュのベイトロッド

飛距離におけるロッドの長さや、底質や、アクションにおけるロッドの硬さについてはスピニングタックルと変わりありません。しかし、投げるルアーの重さに対してのロッドの硬さのセレクトは、スピニングタックルよりもシビアになった方がいいでしょう。リールの清野が上がった昨今ですが、やはりバックラッシュはベイトタックルではつきものです。投げる時にしっかりと曲がる硬さのロッドをセレクトしましょう。
ベイトフィネスモデル!ライトテキサスに最適です!

アブガルシア ロックスイーパー NRC-702M BF MGS

全長:7ft
自重:115g
継数:2本
ルアー重量:5-14g

キジハタ専用ロングロッド!

パームスエルア ラークシューター LRGC-710MH+ KIJIHATA SP

全長:7.10ft
自重:155g
継数:2本
ルアー重量:12-35g

ソイ・アイナメに狙いを絞ったロングロッド

ダイワ HRF 81HB

全長:8.1ft
自重:160g
継数:2本
仕舞寸法:127cm
ルアー重量:10-40g

ロックフィッシュのベイトリール

ロックフィッシュに必要なベイトリールは、タックルバランスによって決まりますので、これという決まりがありません。ベイトフィネス用のロッドに合わせるのであれば、必ずベイトフィネス用のリールを合わせなくては、ロッド、リール共に本来の力を全く発揮できませんので、ロッドに合わせたリールセレクトを行ってください。目安は使うラインが目いっぱい巻ける程度のリールの大きさが目安です。

■ロックフィッシュに最適なリールをまとめた記事です。主にミディアムウェイトからヘビーウェイトに対応したリールをまとめてありますので、チェックしてみてください。

ロックフィッシュのベイト用ライン

スピニングタックルのライン選びとほぼ同じ考え方ですが、ベイトタックルにはそもそも糸ヨレがないので、PEラインを使うメリットはスピニングタックルよりは薄くなります。しかし、操作性や感度などは他のラインの群を抜きますので、基本的にはPEラインがオススメです。目安は、ベイトフィネス0.5号、ミディアムクラス1号、ヘビークラスを2号ラインでを目安に考えてみましょう。
トータルバランスに優れたハイコストパフォーマンスモデル

デュエル トータルバランス TB300

長さ:300m

しなやかで使いやすいナイロンライン

ラパラ マルチゲーム

長さ:300m

強度と感度が売りの4本撚りのPEライン

メジャークラフト 弾丸ブレイド X4

長さ:150m

ロックフィッシュのルアー(ジグ)

スピニングタックルに比べて重めのルアーの操作性に長けているベイトタックルは、メタルジグや重めのテキサスリグなどを操る際に非常に重宝するタックルです。メタルジグでいえばボトムパンプやジャーク、リフト&フォール、テキサスリグでいうと、それに加えてズル引きや、スイミングなど、ロッドアクションがベイトタックルは得意なので、メタルジグとテキサスリグがオススメです。

■テキサスリグに関して、詳しく紹介している記事です。

ロックフィッシュのタックルボックス

ロックフィッシュのタックルボックスの画像

ロックフィッシュフィッシングには、タックルボックスは必須です。多くの場合がワームを用いる釣りなので、プラグに比べてどうしてもかさばります。加えて様々なリグを駆使しなくてはいけないので、シンカーの種類やフックの種類も豊富に持っていないと、状況に対応できません。タックルボックスにひとまとめにしておけば釣りが非常に楽になります。
オカッパリのチョイ釣りに最適です

メイホー ランガンシステム VW-2055

サイズ:313×233×222mm

カスタマイズが楽しみなモデル

メイホー バケットマウス BM-5000

サイズ:440×293×293mm

ロッドスタンドとセットのお買い得モデル

メイホー ランガンシステム VW-2070&ロッドスタンド BM-230N 2本組

サイズ:434×233×271mm

これ一セットで即オカッパリへ行けます!
[my_affiliate_shortcode image=’https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/518bS65R4eL.jpg’ title=’メイホー ランガンシステム VS-7070+ロッドスタンド BM-250 Light 2本組セット’ description=’サイズ:434×233×271mm’ price=’7280′ link_a=’https://www.amazon.co.jp/%E2%98%85%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-VS-7070-%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89-2%E6%9C%AC%E7%B5%84%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E2%98%85-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%C3%97%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B01JZMGLX8?SubscriptionId=AKIAJ5J74L77ATVX52HQ&tag=spacekey-tsuri-22&linkCode=sp1&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01JZMGLX8′ link_r=” link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]
セミハードタイプのタックルボックス!
[spacekey_affiliate_shortcode key=18]

■タックルボックスよりも軽量で、使い勝手が好みという方向けにバッカンを集めた記事がありますので、バッカン派の方はこちらをチェック!


■バッカン類も含めた、大型のタックルバックをまとめた記事はこちら!バッカン派の方は合わせてチェックしてみてください!

■フィールドをとにかく歩き回ってポイントを広く探るランガンスタイル派の方にはこちらの記事がオススメ!

ロックフィッシュタックルはトータルバランスで

ロックフィッシュタックルはライトからヘビーまで非常に幅広いので、狙う魚によって様々なタックルを使い分けなくてはいけません。このリールがいい、このロッドがいいではなく、トータル的にみたバランスが良い物ほど本来の力を発揮してくれますので、それぞれのタックルではなくトータルバランスに気を付けましょう。