ささめ針「ちょい投げヘッド」を実釣インプレ|根掛かりを気にせずに簡単フィッシング!

2021/06/26 更新

今回はささめ針から発売されているエサ用ジグヘッド「ちょい投げヘッド」を実釣インプレ!独特な形状にはどんな秘密があるのか?実際に釣れるのか?本当に根掛かりは回避できるのか?様々な疑問を解決していきます!


記事内画像撮影:アナハゼティ

ささめ針「ちょい投げヘッド」


ささめ針から2020年に発売されたジグヘッド「ちょい投げヘッド」。

従来のジグヘッドは、ワームに付けて使用するのが一般的ですが、この商品は本物の「エサ」にも使えるハイブリッドなジグヘッドなのです!

はたして、その性能はいかがなものでしょうか? 実際に使って確かめてみたいと思います!

「ちょい投げヘッド」の特徴


「ちょい投げヘッド」の重さは「2・ 3.5・ 5・ 7g」の4種類で、どれも1パックにつき3個入っています。


そして1番の大きな特徴はこの形状です。

重りの部分が下を支え、針が上を向いているのがわかるでしょうか?

これにより針が岩などに引っ掛かりにくくなり、根掛かりが少なくなるのです!

さらに、エサが立つ事でアピール力が高まることも期待できます。


また、重り部分の側面は平面かつ指スベり止め加工が施されており、エサ付けが楽な仕様になっています。

エサ用とだけあって色々な工夫がされていますね!

カルティバ「虫ヘッド」との比較


エサ用ジグヘッドと聞いて、筆者が真っ先に思い浮かべたのはカルティバから出ている「虫ヘッド」

この2つを並べてみるとこんな感じになります。

「虫ヘッド」はキーパー搭載でエサがズレにくいようになっており、針も太軸で安心です。

一方「ちょい投げヘッド」はその形状で根掛かりを減らし、エサが付けやすいように工夫されています。

どちらも長所が違うので、場所に合わせて使い分けるのが良さそうですね!

 


実際に使ってみた

それでは実際にこの「ちょい投げヘッド」を使ってみましょう!

今回のエサは青イソメで、河口付近から攻めてみます。

まずは真下に落としてちょんちょんと動かしていると……

ドンと。いきなりアイナメきたーー!!!

最初からいい滑り出しです!パワフルな引きでしたが針も曲がっておらず十分に戦えました。

その後も同じようにヘチやちょい投げをして探っていると……

本命のマハゼだー!

まだハゼが小さいので少し針には掛かりにくかったですが、それでも十分に役割をはたしてくれました。

その後も、小物釣りをしばらく楽しんで昼間の部は終了!

夜釣りも楽しもう!

夜は流れのきいた場所へ移動し、根掛かりしにくい特徴を活かして根回りを攻めてみることに!

まずは良型のドンコをゲット!その後も……

オウゴンムラソイ!普段は穴などに潜んでいる魚です。

そして……

本日二匹目のアイナメだあーー!!

見事に根回りにいる魚達をゲット!これは優秀かもしれないぞ?

「ちょい投げヘッド」の使用感まとめ

①本当に根掛かりがしにくい!

出典:PIXTA
一日中通して使用してみましたが、本当に根掛かりが少なかったです!

一度引っ掛かる事があっても、テンションを緩めたりして動かしてあげると外れる事が多く、普段攻めにくいような根のキツい場所にもガンガン投げることができました。

>また、根を目指してフルキャストすることもありましたが、エサのズレはそこまで気になりませんでした。

②セッティングが楽


これこそがエサ用ジグヘッドの最大のメリットだと思います。本当にセッティングが楽!

なんせジグヘッドとエサだけなんですから(笑)

それに加え、持ちやすい形状になっているのでエサも付けやすく、初心者向けにはピッタリだと思います。

③スナップを付けると絡まる時がある


1つだけ気になった点としてスナップを付けて使用した際に、針と重りの隙間に糸が絡まることがありました。

青イソメのようなよく動く餌だとその確率は高くなる印象だったので、使用する際は、糸を直に結ぶことをオススメします。

みんなも使ってみてね!


簡単でボトムを強気に攻めることができる「ちょい投げヘッド」。

表層〜中層を「虫ヘッド」、底を「ちょい投げヘッド」というように使い分けると、エサ釣りジグヘッドにも戦略の幅が広がりそうだと感じました!

ぜひ皆さんも試してみてくださいね!それではまた!

ITEM
ささめ針 ちょい投げヘッド

この記事の動画版も配信しています

アナハゼティ関連記事


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

宮城県を拠点に活動している秘密結社YouTuberです。 釣りやガサガサ、昆虫採集などのアウトドアを中心に投稿しています。