初めてのマゴチを釣りたきゃキャロを投げるべし!必殺リグをプロが伝授

2022/06/24 更新

夏の好ターゲットのマゴチですが「1匹目がなかなか釣れない……」という方も多いのではないでしょうか。そんなマゴチビギナーの方におすすめしたいのがキャロライナリグ。キャロが釣れる理由や仕掛けの作り方を詳しく解説します。

制作者

目黒 毅久

宮城県在住ソルトプロアングラー。 全国のサーフでヒラメ&マゴチを追い求めています。 ・JOKER'S代表 ・宮城仙南サーフコミュニティ主宰 【support】 BuddyWorks、ADUSTA、GOSEN

目黒 毅久のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像提供:目黒毅久

夏真っ盛り、マゴチシーズン到来!

マゴチ釣りの画像
梅雨も明け、夏真っ盛りとなりました!

夏の魚と言えばやっぱりマゴチです。

各地から好釣果が聞こえてきますが、「マゴチが中々釣れない……」というビギナーの方に向けて、今回はとっておきの釣り方をお教えします!

とっておきの釣り方とは……

マゴチのキャロライナリグの画像
ずばり、キャロ(キャロライナリグ)です!

キャロとは、オモリとその先に糸と針を結ぶ、ごく簡単なリグです。

キャロにも色々な種類や組み方がありますが、今回はもっとも簡単で実績の高い、ナス型オモリとストレートフックを使用した目黒流キャロをご紹介します。

キャロをすすめる理由

マゴチ釣りの画像
マゴチ釣りにおいて、ワームを使用したリグというとジグヘッドリグを真っ先に思い浮かべるはずですが……

私がビギナーの方にキャロをすすめるのには2つの理由があります。

安定して飛距離を出せる

マゴチ釣りの画像
ビギナーの方の場合、まだロングキャストに慣れていないことも多いと思います。

しかし、キャロに用いるナス型オモリは飛行姿勢が良いため、キャストが苦手な方でも楽に飛距離を出すことができるのです。

ワームの大きさにもよりますが、ジグヘッドリグよりも飛距離を稼げるのは大きなメリットになると思います。

巻くだけで楽に釣れる

マゴチ釣りの画像
基本的にキャロは、投げてボトムを取り、ゆっくりと巻いて来るだけでマゴチを釣ることができます。

ジグヘッドリグだと、レンジキープやリトリーブスピードなどを考え、調整してマゴチを誘う必要がありますがキャロにはその手間がありません。

マゴチ釣りに慣れている中・上級者には面白み(ゲーム性)が少し物足りないかもしれませんが、まずはマゴチを釣ってみたいというビギナーの方にはピッタリの釣法だと言えます。

目黒流キャロの作り方

マゴチのキャロライナリグの画像
では早速、目黒流キャロを組んでみましょう!

用意する物(仕掛けの具)

マゴチのキャロライナリグの画像
・フロロカーボンリーダー 16lb(4号)と20lb(5号)※面倒な場合はどちらか片方でも可。メインラインをPE1号とした際の号数設定です。

・ナス型オモリ  6号~10号

・ストレートフック 1/0~3/0 ※ワームサイズにより使い分ける。

・2.5~4inのシャッドテール or グラブ系ワーム

・スナップ(スイベル)

手順1.

まずはPEラインとリーダー(20lb)を80cm程度FGノットで接続します。

そこにナス型オモリを通してからスナップにリーダーをパロマーノットで結びます。

この時、オモリがスナップでしっかり止まるか(スナップを通り抜けないか)を確認してください。

手順2.

スナップのもう片側にリーダー(16ib)を70cm程度パロマーノットで接続します。

そして、その先端にストレートフックをクリンチノットで結び、ワームをセットしたら完成です。

仕掛け作りのキモ

何故フックの接続のみをクリンチノットにするかと言うと、ここだけ結束強度を僅かに弱くすることで、根掛かりして切った際にロストするのをフック部分だけにするためです。

また、フック側のリーダーをメインリーダーより細くするのは、ルアーの動きを良くする目的と根掛かり時にメインラインから切れるのを防ぐ目的があります。

目黒流キャロはオモリが遊動式なので、固定式よりもナチュラルに誘うことが可能です。


キャロに向いているワームとは

マゴチのキャロライナリグの画像
ワームは色々な種類や大きさの物がありますが、まずはシャッドテール系、グラブ系の物から揃えてみると良いでしょう。

サイズは3inを基準として2~4in程度が使いやすく、ワームが小さいほど飛距離も出ます。

その時のフィールドの状況に合わせて形状やサイズ、カラーを選んでみて下さい。

ワームのセット方法が重要

マゴチのキャロライナリグの画像
ここでワームのセット方法に関して1点アドバイスさせていただきます。フックがワームの上から出るようにセットするのが一般的だと思いますが……

キャロはワームがノーシンカー状態でナチュラルに動くことが強みですが、マゴチの場合はワームサイズが小さめなので、フックの重さでワームが横に倒れることが多々あるのです。

これを解決するには、あらかじめ針先を横、もしくは気持ち斜め下から出すようにして下さい。こうすることでワームが倒れにくくなり、マゴチの食いが良くなります。

また、針先を真下に向けるのが良いように思えますが、そうすると今度は根掛かりやゴミを拾う確率が増えてしまうことに。

キャロはワームが倒れたり、回ってしまったりすることはある程度仕方のないことですが、経験上ではこの刺し方がベストだと思います。

ただし、根掛かりが多い所では通常通り針先は上に向けた方が良いでしょう。

キャロで釣るコツ

マゴチ釣りの画像
キャロでマゴチを釣るのに難しいことはありません。

基本は投げてゆっくり巻くだけで釣れますし、たまにボトムをトントン叩く様なアクションを入れる程度で十分マゴチは食いついて来ます。

唯一最初に難しいと思うのはフッキング(アワセ)だと思います。

ゴツッとかドンッといったアタリは少ないので、モゾッとかムニュッといった違和感にアワセを入れていきましょう。

マゴチの口は硬いため、大きくしっかりとアワセて下さいね!

慣れたらステップアップ

マゴチ釣りの画像
ビギナーの方は最初の1本を釣るのが難しいと思いますが、キャロはかなり釣りやすくなるリグです。

まずはキャロでしっかりと釣って経験値を増やし、その後から色々なルアーでマゴチを釣れるようにステップアップしていくと良いと思います!
画像提供:目黒毅久

筆者の紹介

目黒毅久

サーフのフラットフィッシュがメインですが、シーバス・ライトロック・トラウト ・オフショア等も楽しんでいます。

サポートメーカーはBuddyWorks・GOSEN・ADUSTA。宮城県在住。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD