「魚に近い所からお金をかけろ!」と釣りウマが口々に語る訳とは

2019/04/05 更新

釣具には様々な物があって、何から揃えれば良いのか、何にお金をかけたら良いのか分からない。そんなアナタに朗報です。「魚に近い所」とは、一体!?


アイキャッチ画像出典:PIXTA

「魚に近い所からお金をかけろ!」と釣りウマが口々に語る訳とは

出典:PIXTA
釣りは「魚に近いところからお金をかけろ」。皆さんは、こんな言葉を耳にしたことはありませんか? 今回はそういわれる所以について、着目してみました。

魚に近い順番とは

魚に近い順番とは、餌釣りで言うと針、糸、竿、リールの順になります。ルアーフィッシングであれば、ルアーのフック、スナップ、ライン、ロッド、そしてリールの順です。

文字通り、魚に近い釣具・タックル順になっています。

フック

↑安ければなんでも良いと思っていた編集部O氏が100均フックから乗り換えた「DASオフセット」。“掛かり”に絶大な信頼を置いている。
ターゲットに合わせたルアーや餌を選ぶ事は釣りの基本ですが、その次に注目したいのはフックです。

釣りのプロフェッショナルにおいて「フックは必ず研がなければダメ」と口にする人は多く、釣りが上手い人ほどフックに神経を使っているイメージがありますよね。

「フックなんて針先が多少甘くても掛かるし、値段は関係ない」と思っている方も多いでしょう。ですが、『もし、魚のバイトが私たちの思っている以上に多かったとしたら・・・・・・』真っ先に見直すべきはフックであると思いませんか?

スナップ

↑ルアーの動きを殺したくない時はコレ。ルアーフィッシングの定番、ウォーターランドのスーパースナップ。
ルアーフィッシングでよく使われるスナップ。ルアー交換を楽にしたり、時には直結するよりもルアーの動きをよくしてくれるアイテムです。

その他にも、糸ヨレを軽減したり凝った仕掛けを可能にするスイベル・サルカン類など、強度の強い物や素材、サイズ・色などに拘って選ぶという人も少なくありません。

ライン

↑元釣具屋の編集部Sが愛する「ソルティメイト PE EGI ULT HS4」。快適なライトゲームには欠かせないと言う。
魚と人を繋ぐ命綱とも言えるライン。操作性の良し悪しやコーティング材の有無などによって価格に差が出ます。高いラインを避けても、頻繁に巻替えとなると、結局お金の掛かる部分ですよね。

安いラインなら逐一状態を確認し、必要に応じて交換するなど、傷のないベストな状態で使う事が大切です。

何を買うか迷ったら

出典:PIXTA
細かい気づかいが、大きな変化をもたらす事も多い釣り。フッキングが決まらない。スナップが開いてしまった。ライントラブルが多い。

少しでも思い当たる方は、魚に近いほうから目を向けてみて下さい。

いつもの価格にほんのちょっとプラスするだけで、アナタの釣りを激変させる釣具が見つかるかもしれません。

記事内に登場した商品



ITEM
ウォーターランド スーパースナップ


ITEM
サンライン ソルティメイト PE EGI ULT HS4


 

関連記事


スナップ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!