”ボールテール”で喰わせの微波動!『Gボールシャッド』はハタゲームの新戦力かも!

2018/12/10 更新

Gボールシャッドは、ティクトから発売されているスイミング特化型ワーム。シャッドテールともカーリーテールとも異なる『ボール状』のテールで、喰わせ力の高い微波動アクションを発生させます。


アイキャッチ画像出典:楽天市場

Gボールシャッドについて

Gボールシャッド
出典:楽天市場
Gボールシャッドはティクトから販売されているシャッド系ワーム。通常のシャッドテール、カーリーテールワームとは異なる、ボール状のテールを採用しており、小刻みな微波動アクションで魚を誘惑します。サイズ感はロックフィッシュが丸呑みしやすい3.5インチとなっているため、スイミングアクションでのアプローチが中心となるハタ類の攻略に特化しています。

食い込みが良いソフトマテリアル

Gボールシャッド
出典:楽天市場
Gボールシャッドはボディに採用されているソフトマテリアルも魅力の一つ。通常のシャッド系ワームに比べてボリュームのあるボディながら抜群のフッキング力を誇ります。また魚がバイトミスした際も違和感を与えにくいため、フッキングが決まらなかった際も連続したバイトを誘発することが可能です。

クビレ&ボールテールがもたらす食わせのナチュラルスイム

Gボールシャッド
出典:楽天市場
Gボールシャッドはその独自の形状も印象的。最大の特徴とも言えるボールテールは、スイミングアプローチの際に小刻みに震えながら微波動のナチュラルアクションで魚の捕食本能を刺激します。またボディの中心部に支点を置いたクビレによってテール部のアクションがより自然で魅力的な仕上がりとなっています。

スリット採用でオフセットフックも使いやすい!

Gボールシャッド
出典:楽天市場
Gボールシャッドはオフセットフックでの使用を考慮したスリットが採用されています。スイミングアプローチで定番とされるジグヘッドリグはもちろん、根掛かりの回避性能が高いオフセットフックを誰でも簡単にセッティングできる仕様。テキサスリグやフリリグなどのさまざまなリグで応用することができます。

Gボールシャッドの使い方

Gボールシャッド
出典:楽天市場
Gボールシャッドはスイミングでのアプローチが基本のシャッド系ワーム。スイミングでは定番とされるジグヘッドリグはもちろん、オフセットフックを使ったさまざまなセッティングでフィールドや魚種に合わせたアプローチが可能です。

テキサスリグ

ストラクチャーに富んだ磯場などでロックフィッシュを狙う際は根掛かりの回避性能が高いテキサスリグがおすすめ。Gボールシャッドはワイドゲイプのオフセットフックを収納できるスリットがあるため、ロックフィッシュ専用のオフセットフックも快適に使用できます。オフセットフックのサイズを選ぶ際は1/0フックがおすすめです。

適したフック・シンカー

ITEM
TICT HOOK G2 1/0


ITEM
TICT ボトムコップ ステイ

ジグヘッドリグ

出典:PIXTA
レンジキープがもっともしやすく、スイミングとの相性が良いジグヘッドリグ。根掛かりの少ない中層を探る際はもっとも最適な使い方です。Gボールシャッドはナチュラルな微波動でアプローチができるワームですが、重めのジグヘッドを使った早めのアプローチでも魅力的なアクションが引き出せるため20グラム以上のジグヘッドを合わせたセッティングもおすすめです。

適したジグヘッド

ITEM
ジャングルジム スリーパーマッチョDX 21g

フリーリグ

撮影:TSURI HACK 編集部
Gボールシャッドのナチュラルアクションを活かしたい方にはフリーリグもおすすめ。テキサスリグに比べるとワームがフリーになる時間が長く絶妙なテールアクションをより引き出すことが可能です。また根掛かりの回避性能が高いためスリットにワームを送り込む状況など、ストラクチャーに対してタイトに攻めたい状況にも非常に効果的です。

適したフック・シンカー

ITEM
カルティバ 岩礁カウンターロック 1/0


ITEM
フィッシュアロー フリリグシンカータングステン 3/4oz



Gボールシャッドで狙える魚

出典:PIXTA
Gボールシャッドはスイミングでのアプローチが基本になるため、ロックフィッシュの中でも特にハタ系の魚種との相性が良いアイテムです。もちろんそれぞれのターゲットに対して、適切なセッティングやリグを選ぶことでその釣果は飛躍的に変わります。定番のハタ系はもちろん、身近に狙えるロックフィッシュに対しても非常に効果的なアイテムですよ!

アカハタ

出典:PIXTA
ボトム周辺を狙ったアプローチが定番のアカハタ。やや水深のあるエリアを好む特徴があるためGボールシャッドで狙う際は20グラム以上のやや重めのシンカーやリグのセッティングがおすすめです。ボトムのストラクチャーがきついエリアを狙う際は根掛かりの回避性能が高いテキサスリグ、フリーリグがおすすめです。

オオモンハタ

出典:PIXTA
ハタ類の中でも積極的にベイトを捕食されるとされているオオモンハタ。表層からボトムまで狙えるレンジも幅広く、Gボールシャッドが得意とするジグヘッドと組み合わせた中層スイミングでも抜群の釣果実績を誇ります。使用するジグヘッドのウエイトは魚の活性やレンジに合わせて10から28グラムまで使い分けましょう。

キジハタ

出典:PIXTA
アカハタやオオモンハタに比べるとやや慎重なアプローチが必要なキジハタ。ストラクチャーにタイトについていることが多い魚であるため、Gボールシャッドのナチュラルなアクションと根掛かりの回避性能を両立できるフリーリグでのアプローチがおすすめ。赤金などのカラーへの実績が高いため、カラーローテーションを意識することも釣果アップのポイントです。

カサゴ

出典:PIXTA
カサゴを狙う際は通常やや小さめのサイズ感のワームが使用されますが、Gボールシャッドはソフトマテリアルを採用しているため、カサゴが丸呑みしやすく、フッキング率が高い点も魅力です。テトラポット周辺をスイミングで探る際はテキサスリグがおすすめです。

Gボールシャッドで大型のハタ類を完全制覇!

Gボールシャッド
出典:楽天市場
Gボールシャッドのナチュラルな微波動アクションは、スイミングでのアプローチが基本となる大型のハタ類に対して抜群の釣果実績を誇ります。定番のジグヘッドリグはもちろん、オフセットフックを搭載できるスリットを採用しているためテキサスリグやフリーリグなどフィールドや魚種に合わせた使い分けも可能。

ハタ類はもちろん、さまざまなロックフィッシュをターゲットに活躍すること間違いなしです!

Gボールシャッド
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
すなっち
すなっち

北海道在住の道産子アングラー。ロックフィッシュ、トラウトフィッシュなどを中心にさまざまなルアーフィッシングを楽しんでいます。豊富な釣りとライターの経験を活かして、全国のルアーフィッシングや道具の解説記事などを執筆しています。自分の経験を活かして釣りの魅力をより多くの人に知ってもらえるライターを目指しています!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!