根掛かり外しの恐怖とおさらば! ラインブレーカーは地味に便利なアイテムかも?

2019/01/18 更新

ラインブレーカーは仕掛けやルアーが根がかってしまった際に使うツール。太仕掛けやPE等の強いラインで根掛かりした場合にも安全にラインを切断することができます。おすすめのラインブレーカーと使い方を紹介します。


アイキャッチ画像出典:Amazon

ラインブレーカーについて

ラインブレーカー
出典:Amazon
ラインブレーカーとは、根掛かりしたラインを安全で確実に切るための便利アイテム。釣り人が避けて通れないトラブルと言えば「根掛かり」。ある程度の太さのラインであれば竿とラインを一直線にして引っ張れば切ることができますが、それがPEや太いラインであれば切るのは容易ではありません。また、間違った方法で切ろうとすればロッドやリールの破損やケガにもつながります。

ラインブレーカーを使えば、PEや太いラインでも安全で確実に切断することができるのです。

ラインブレーカーを使うメリット

ラインブレーカー
出典:Amazon
ラインブレーカーを使うことにより、無理に切ろうとして手の怪我やタックルの破損を防ぐことができます。また、ドラグを目一杯締める必要がないため、せっかく調整したドラグセッティングを変えてしまう事もありません。素手では断ち切ることが容易ではない太いラインを使う釣りでは必需品と言っても過言ではないでしょう。

おすすめのラインブレーカー7選

ラインブレーカーはオーソドックスな筒状のものから携帯性を考えたカラビナ形状のものなど、釣り具メーカー各社から色々なタイプが発売されています。それぞれ携帯性やラインの切りやすさなど長所短所があるので、自分が使っている状況をイメージして選ぶ方がよいでしょう。ここではおすすめのラインブレーカー7種類をご紹介します。



ITEM
タカミヤ REALMETHOD ラインブレイカー


ITEM
ギアラボ ブレークバー


ITEM
MCワークス PE BRAKER Ⅱ








ラインブレーカーの使い方

ラインブレーカー
出典:Amazon
使い方はとても簡単。根掛りしたラインをラインブレーカーに巻きつけて引っ張るだけです。それではもう少し具体的な使い方をご紹介します。

①根掛りしたラインをラインブレーカーに5~6周巻きつける

②両手でラインブレーカーを両手でしっかり持ちます

➂2~3歩後ろに下がり、上半身全体で一気に引っ張るイメージで力を入れラインを断ち切る

この3つを覚えるだけで、安全で確実に根掛かりしたラインを切ることができます。

PEラインを巻き付ける時のポイント

PEラインをも容易に切ることのできるラインブレーカーですが、使う際にはラインが重なり合わないように巻くようにしましょう。

ラインが重なった状態で引っ張ると、重なったライン同士の摩擦熱でラインが劣化しその部分から切れてしまいます。特にPEラインは熱に非常に弱いため、ラインブレーカーを使う時には注意しましょう。

ラインブレーカーの自作

撮影:TSURI HACK編集部
釣具店や通販で2,000円前後で購入することができるラインブレーカーですが、「人と違うものが持ちたい!」「もう少しリーズナブルな方が…」という方は、材料を揃えて自作をするという方法もあります。材料はホームセンターや釣具店に行けばすぐに揃えることができるものばかりですので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回は、オーソドックスな形である筒タイプのラインブレーカーの作り方をご紹介します。

◆自作ラインブレーカーの作り方

【材料】
・外径30~40ミリ、長さ約20センチの塩ビパイプや木の丸棒
・熱収縮チューブ(ホームセンターや釣具店に売っています。)

【作り方】
①収縮チューブを適当な長さにカットします。(用意したパイプよりもやや長めにしてください。)
②カットしたチューブをパイプにかぶせます。
➂収縮チューブを被せたパイプをドライヤー等で熱し、収縮チューブを収縮させます。
④両端の飛び出した収縮チューブをカットして完成です!

※出来上がったものの端に穴をあけてカラビナ等を取り付けると携帯性がアップし、更に使いやすくなりおすすめです。

太いラインを使う時には持ってて絶対損なし!

ラインブレーカー
出典:pixabay
ラインブレーカーはその安全性や近年のPEラインの増加などを考えると、もはや釣りにおいて必需品を言えます。このような便利アイテムをどんどんと取り入れることによって、これからのあなたの釣りがストレスなく、より楽しいものになっていくでしょう。

ラインブレーカー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!