ジグ単タックルで投げられる! 僅か1gのマイクロジグ「ジャコイチ」が超便利な件

2022/02/16 更新

ジャコイチは、ジャングルジムから発売されている重量1グラムの超マイクロメタルジグ。アジングやメバリング等のライトラインを使ったタックルでも無理なくキャストできるのが特徴です。


アイキャッチ画像出典:ジャングルジム facebook

ジャコイチについて

ジャコイチ ジャコイチは、ジャングルジムから発売されている主にメバルやアジなどのライトフィッシュ向けキャスティングメタルジグ。特徴的なのはなんといってもメタルジグながらも僅か1グラムという極小ボディ。それによって普段ジグヘッドの釣りしかしないというような方でも、ジャコイチに結び変えるだけで気軽で簡単にメタルジグを使うことができるようになりました。

今回はそんなジャコイチの特徴や使い方をご紹介します。

ジグ単タックルで投げられる極小ジグ

ジャコイチ
ジャコイチはメタルジグながら1グラムという極小リグである為にアジングやメバリングで一般的なジグ単用タックル、つまりジグヘッドとワームを使用する際のナイロンや近年人気がある極細のエステルラインで投げることができます。従来のメタルジグで使用するようなPEラインを使った専用タックルは不要なのです。

ジャコイチの特徴

ジャコイチ
ジャコイチはただボディを小さくしただけではありません。見た目は小さいながらもそのボディにはジャングルジムのノウハウが詰め込まれたメタルジグとなっています。超軽量なボディから生まれる驚愕の飛距離やアシストフックなど、ここではジャコイチの特徴をご紹介します。

1gだけど飛距離は抜群!

ジャコイチ
ジャコイチの自重はなんと1グラム。一般的に1グラム程度のジグヘッドですとキャスト時の飛距離が出ないという問題が出てきます。しかし、ジャコイチはメタルジグなのでシルエットが小さく、同重量ジグヘッドに比べて飛距離を出すことができるため、より広範囲を探ることができます。

アシストフック2本を標準装備

ジャコイチ
ジャコイチはアシストフックが2本標準装備されています。2本のフックによってフッキング率の向上、バラシの軽減に効果を発揮します。また各フックにそれぞれティンセルが付いているので魚へのアピールも期待できます。

ナチュラルスイムとゆらゆらフォールでアジや根魚を誘う

ジャコイチ
ジャコイチは泳ぎはナチュラル、フォールはゆらゆらとしたアクションです。リトリーブ時は細かくお尻を振り、フォールさせると扁平ボディがゆらゆらと魚を誘います。側面が光に反射してキラキラとアピールするのもジャコイチの特徴です。

ジャコイチの使い方

ジャコイチ
ジャコイチは広範囲を探る釣り方から足元を狙う釣りまでオールマイティに対応することができます。一般的なジグヘッドリグの重量と同じでもメタルジグ特有のキビキビとしたアクションを使うことができるのは非常に有効です。ここではそんなジャコイチの使い方の一部をご紹介します。是非釣り場に行った際の参考にしてみてください。

ただ巻き

ジャコイチは1グラムとは思えないほどしっかりと飛距離が出るリグのため、ただ巻きで非常に広範囲を探ることができます。リトリーブ時のお尻を振るナチュラルアクションはプレッシャーの強いフィールドでも効果を発揮します。

リフト&フォール

リフト&フォールはメタルジグが得意とする釣り方の一つです。ジャコイチ特有のキビキビといた動きとゆらゆらとしたフォールで動きにメリハリが生まれます。主にフォール中に魚がくわえることが多いので、ラインの動きに注意をして僅かな変化も見逃さないようにするのが良いでしょう。

ジャーキング

比重が重いメタルジグは、非常にキビキビとしたジャークをしてくれます。キビキビとしたアクションによるリアクションバイトを誘ったり、ボディが光にキラキラと反射することによるフラッシングによって広い範囲のターゲットにアピールしたりとメタルジグが特に力を発揮する使い方です。

ジャコイチで気軽にメタルジグ!

ジャコイチ
極小メタルジグのジャコイチの特徴は、ジグ単タックルでも使用できる気軽さと、竿をしゃくればキビキビと動きフォール時はゆらゆらと動くメリハリのあるアクションができるところです。ジグヘッドしか使わないアングラーの皆さんも、バッグに1つ忍ばせておけばジグヘッドでは釣れなかった魚が釣れるかもしれません。

ジャングルジム ジャコイチ

全長:19mm
自重:1g

紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD