ハイコスパが魅力!?『ダイワのレインマックス』を一挙公開!

2019/01/23 更新

ダイワのレインマックスは、悪天候や寒さを感じる季節に最適なウェア。釣り人が快適に過ごせるように開発された独自素材は、多くの釣り人が着用するウェアのひとつでしょう。今回、ダイワのレインマックスに着目し、シリーズアイテムをご紹介します。


アイキャッチ出典:まつき 楽天市場

『ダイワのレインマックス』について

ダイワのレインマックスの画像
出典:ダイワ
レインマックスは、ダイワが開発をした防水透湿性素材。レインウエアや防寒着に使用することで内部の湿気を排出し、蒸れや冷えなどを防ぎ快適な着心地を実現します。手に取り易い価格であり、コストパフォーマンスに優れたウエアです。

レインマックスハイパーとは

ダイワのレインマックスハイパーの画像
出典:ダイワ
レインマックスと同様にダイワが開発をした防水透湿性素材。オリジナルのレインマックスと比較すると、透湿性能と耐水圧性能が2倍近く強化されている快適高機能素材となっています。レインマックスよりもウエア内部が蒸れにくく、雨の中でも快適な活動が可能です。

『レインマックス』素材の特徴

ダイワのレインウエアには、『撥水性能・防水性能・透湿性能』の3つが備わっています。これらの性能を備えたウエアは、雨や飛沫をしっかり防ぎ、蒸れなどの不快感も低減させ、釣りにとって重要な集中力を維持することにも繋がり、釣り人をサポートしてくれます。

撥水性能

ダイワのレインマックスの撥水の画像
出典:PIXTA
ウエア表面にある生地が、撥水加工されていることによってもたらされる効果です。撥水生地の表面には『撥水基』と呼ばれる細かい突起がいくつもあります。水より小さい撥水基は、表面張力を維持させるよう水を支え、生地への接触、染み込みを防いでいます。摩擦や圧力などにより、撥水基の突起がつぶれると撥水性能が低下しますが、メンテナンスによって機能を取り戻すことが可能です。

防水性能

ダイワのレインマックスの防水の画像
出典:ダイワ
防水と撥水は異なるものであり、防水は撥水する表面生地の裏などにある『防水膜』によって実現されています。撥水出来ずに表面生地に染み込み、侵入してくる水を通すことがないような材質となっているため、表面が濡れていても、ウエア内部に雨水などが到達することはありません。

透湿性能

ダイワのレインマックスの透湿の画像
出典:ダイワ
ウエア内部では汗などが蒸発することにより、湿気が充満していきます。湿気が溜まっていくと冷えたウエア裏面で結露し、衣類が湿っていき不快感が増すことに繋がります。レインマックスなどの透湿性素材は、水蒸気の分子は透過でき、水の分子は透過できない微細な孔が開いており、防水しつつ湿気を排出しウエア内部をドライに保つことができるようになっています。

『ダイワのレインマックス』人気モデル

ダイワからは、レインマックス素材を使用した機能性の高いウエアが多数発売されています。中には、機能性だけでなく見た目にも優れ、普段使いも可能なデザインを持ったものもあります。レインマックス素材を採用したウエアの中で、人気のあるモデルをご紹介いたします。予算や好みに合わせて探してみてください。

レインスーツ

レインマックス3層素材を採用したレインウエア『DR-33008・DR-36008』では、止水ファスナーやベルクロ調整の裾口など、水の浸入を防ぐ機構を多数備え、動きやすさなども考慮された作りがされているため、雨天時や飛沫の多い場所でも、快適に釣りを楽しむことができます。初めてのレインウエアをお探しの方におすすめのモデルです。
ITEM
ダイワ レインマックス レインスーツ DR-33008

ITEM
ダイワ レインマックス レインスーツ DR-36008

デタッチャブルレインスーツ

四季を問わず一年中快適な釣りを行えるよう作られている『DR-3007』は、軽量で汗のベタツキを抑える特殊プリント加工のレインマックス2.5層素材を採用(パンツはレインマックス3層素材を採用)しており、動きやすさを重視したウエアです。袖口の取り外しが可能となっており、春や秋などのアウターとしても活用できる汎用性の高いモデルです。
ITEM
ダイワ レインマックス デタッチャブルレインスーツ DR-3007

ハイパー コンビアップレインスーツ

『DR-3108』は、耐久防水性、透湿性が高いレインマックスハイパー2層素材を採用し、磯釣りなどで活躍できるウエアです。防護性が高く、磯用フローティングベストと、一体化可能なコンビアップファスナーを採用するなど実戦的な機構も採用されており、高い機能性が特徴です。初めての磯釣り用のウエアをお探しの方におすすめのモデルです。
ITEM
ダイワ レインマックス ハイパー コンビアップレインスーツ DR-3108


『ダイワのレインマックス』防寒モデル

寒い季節の釣り用アウターをお探しの方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか? 寒い季節のウエア内の湿気は、放熱を助長する要因になります。透湿性に優れたレインマックス素材を採用したウエアであれば保温性も高く、快適に釣りを楽しむことが可能です。冬場に楽しむ釣りの種類や予算に合うものがあるか探してみてください。

ハイフロートウィンタースーツ

『DW-3507』は、防水透湿性に加え、防寒性・防風性を備えたウエアです。通常より中綿を20%増量しており防寒性が高められています。シャーリング二重袖口や立体裁断など、風の侵入を防ぎ動きやすさにも配慮した作りがされているため、冬場においても様々な釣りで活躍できます。冬の釣り用アウターをお探しの方におすすめです。
ITEM
ダイワ レインマックス ハイロフト DW-3507

エクストラハイフロートウィンタースーツ

『DW-3207』は、通常よりも中綿を約50%も増量した特盛仕様で保温性抜群のモデルです。上下合わせて5つもの止水ファスナーポケットを備え収納力も抜群。動きの少ない釣りでも快適に楽しむことができるよう作られています。より寒い季節や寒いエリアでの釣り用のウエアをお探しの方におすすめのモデルです。
ITEM
ダイワ レインマックス エクストラハイロフト DW-3207

ハイパー ハイフロートウィンタースーツ

『DW-3407』は、冬場の船釣りや磯釣りなどに向いているモデルです。通常よりも中綿を約20%増量し、保温性を高めつつ、船や磯など狭い場所でもウエアを煩わしく感じることのないシルエットになっています。フード雨返し機能や、膝の立体裁断など動きやすさと防寒性を高いレベルで両立しています。
ITEM
ダイワ レインマックスハイパー ハイロフト DW-3407

ハイパー ストレッチウィンタースーツ

『DW-3107』は、しなやかで柔らかく、伸縮性の優れたストレッチ素材を採用したモデルです。キャスティング動作などを邪魔することがなく、袖口からの水の浸入を防ぐ二重袖口や、裾からの冷気の侵入や暖気の流出を防ぐストームガードなどの防寒・防水機能も備えています。冬場のルアーフィシングウエアをお探しの方におすすめです。
ITEM
ダイワ レインマックス DW-3107

3Dバリアスーツ

『D3-3107』は、春・秋・冬の3シーズンで着まわすことができ、朝と昼の寒暖差の激しい季節にも向いているウエアです。インナーやミドラーなど重ね着をする際のアウターとして使い易く、二重袖口やフード雨返し、止水ファスナーポケットなどの機能性も抜群。釣り場はもちろん、普段使いにも便利なウエアをお探しの方におすすめです。
ITEM
ダイワ レインマックス D3バリアスーツ D3-3107

ITEM
ダイワ レインマックス D3 バリアスーツ D3-3306


『ダイワのレインマックス』洗濯方法

洗濯の画像
出典:PIXTA
レインマックスをはじめ、防水透湿性素材のウエアは洗濯機を使用して洗浄すると生地に大きな負荷がかかり撥水性能、透湿性能が低下してしまいます。このような防水透湿性素材のウエアはメーカーが推奨する方法でメンテナンスすることで素材の劣化を防ぎ長く使用することができます。

手順1

汚れのひどい所は手洗いをします。中性洗剤を汚れのひどい所へ直接つけて生地を傷めないよう優しく押し洗いをします。撥水性能、透湿性能を低下させることがありますので、必ず中性洗剤を使用します。

手順2

全体を洗浄する場合は、中性洗剤をいれた水やぬるま湯に20分ほど漬け置き汚れを浮かし、その後優しく押し洗いをして汚れを落とします。生地は強くこすり合わせないように注意します。

手順3

汚れを落とし終わったらしっかりと洗剤をおとします。汚れと一体となった洗剤が残り、再び生地に付着してしまうと性能低下を招いてしまいますので、十分な水、ぬるま湯でしっかりとすすぐようします。とくにフードやポケットの中に汚水が残りやすいため注意します。

手順4

すすぎが完了後、無理にウエアをしぼるなどの脱水は行わず、型崩れしないようハンガーなどに掛け、通気の良い『日陰』で乾かします。

手順5

完全に乾いたら、高温多湿を避けハンガーなどに掛け保管します。たたんで保管する場合はなるべく、しわにならないように気を付けます。撥水性能が低下してきている部分があれば防水スプレーなどをかけておいても良いでしょう。

雨の日は大チャンス!

雨の水辺の画像
出典:PIXTA
野外でのレジャーにとってマイナスであることの多い雨ですが、釣りにおいてはプレッシャーの低下や魚の活性の上昇など、釣果に繋がるプラス要素をいくつも産み出すことがあります。レインマックス採用のウエアがあれば、雨の恩恵を十分に感じながら釣りを楽しむことができるため、雨の日が待ち遠しくなるかも知れません。お気に入りの一着を探してみてはいかかでしょうか。

ダイワのレインマックスの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!