船から狙う『落とし込みの仕掛け』を解説!自作方法とは?

九州地方で特に人気の高い船から狙う“落とし込み釣り”。大型の青物や真鯛、根魚まで幅広く狙える魅力ある釣りです。今回は落とし込み釣りの仕掛けについて解説します。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

落とし込み釣りってどんな釣り?

青物 落とし込み釣りとは、喰わせサビキにイワシやアジを喰い付かせ、それを餌に青物や根魚などを釣る釣り方です。大型の魚が手軽に狙え、特に九州で高い人気を博している釣法です。今回はこの落とし込み釣りの仕掛けについてご紹介していきます。

落とし込み釣りの魅力

落とし込み釣りで釣った魚 大型の青物から真鯛、ヒラメや根魚までどんなターゲットにも有効な「落とし込み釣り」。仕掛け選びや誘い方の違いで釣果が変わってくることも多く、喰わせサビキにベイトを喰い付かせる難しさもあります。

大物を狙う豪快さと仕掛けのバランスを考える繊細さが魅力の釣りといえるでしょう。

落とし込み仕掛けの選び方

落とし込み仕掛け 落とし込み釣りで釣れる魚は大小さまざま。そのため基本的には対象魚に合わせて仕掛けを選ぶようになります。最も確実な方法は釣り船の船長に聞くのが一番で、釣れる仕掛けの最新の情報を持っているのでおすすめです。

仕掛けの太さについて

落とし込み釣りの仕掛けはハリスを太くすれば大型の魚が取り込みやすくなります。その反面、餌となるベイトを喰わせサビキに喰わせるのが難しくなる傾向がありますので、そのバランスを取った仕掛け選びが必要です。

大型の魚とのやり取りを考えつつ、できるだけ細いハリスを使いながら、クッションゴムや柔らかい調子の竿を使って仕掛けの細さをカバーしていくといった工夫が必要となります。


おすすめの落とし込み仕掛け

落とし込み仕掛け 近年、全国的にも人気となってきている落とし込み釣りに使う仕掛けは、各メーカーから市販品も販売されています。落とし込み釣り初心者の方はまず市販品から釣りを始めてみるとよいでしょう!

ハヤブサ 船極喰わせサビキ
針のフラット面にはフラッシングホロシールを直貼り、針全体にはケイムラコートをすることでアピールを強めてある仕掛けです。喰わせサビキ専用に設計された強靭なイサキ針も魅力!
ITEM
ハヤブサ 船極喰わせサビキ 落し込み ケイムラ&ホロフラッシュ 強靭イサキ6本 SS426

このハリスの号数ならキハダも楽勝でしょう。


ハヤブサ 船極喰わせサビキ ライトタックル
全長1.8メートルと短めで使いやすい喰わせサビキです。船からの落とし込み釣りはもちろんのこと、全長が短いので堤防や海釣り公園において岸から使ってみるのもおすすめです。
ITEM
ハヤブサ 船極喰わせサビキ ライトタックル 落し込み ケイムラ&ホロフラッシュ4本 SS428

鹿児島・熊本方面で落とし込み釣りをやっており今までいろいろ使っていますがこの仕掛けを使った時が一番釣れている気がします。中層でイワシをつけてそのまま底付近まで落とすとブリや巨大カサゴ、真鯛といった様々な魚がかかり常に一本はタックルボックスに入れています。


ケイスタイル 相模湾 落とし込みブリ
手作りで仕上げられている落とし込み用仕掛け。針の部分が2本仕様になっているのが特徴で、ベイトを喰わせるための小型針、大型魚が喰い付いたとき用の強度のある針と喰わせと強度の両立を図ってある仕掛けです。
ITEM
ケイスタイル 相模湾 落とし込みブリ 2本針 BA359

まるふじ 喰わせ獲りサビキ
まるふじ喰わせ獲りサビキは、ベイトがなかなか針に喰い付かない時におすすめの仕掛けです。シラスファイバと鱗光ティンセルを組み合わせた小さな針は、喰い渋った時に効果を発揮してくれます。
ITEM
まるふじ 喰わせ獲りサビキ 6本ファイバ付 D-048 (タテ釣り仕掛け) M-18

ハヤブサ 伝衛門丸 瀬戸内落とし込みサビキ
色違いのスキンを使用してある落とし込み用仕掛け。ベイトがどのカラーに喰い付きやすいのか分からないときに使ってみるとよいでしょう。シンプルな作りで価格が安いのも嬉しいところですね。
ITEM
ハヤブサ 伝衛門丸 瀬戸内落とし込みサビキ T58079A5



落とし込み仕掛けの自作方法について

落とし込み仕掛けの自作 落とし込み釣りでは、根掛かりが多かったり、魚が掛かって絡んだりして何かと仕掛けの消耗が早いのが難点として挙げられます。

そんな落とし込みの仕掛けは自作してみるのもおすすめです。自作することによって費用を抑えられることはもちろん、自分で作った仕掛けで魚が釣れれば喜びも大きくなることでしょう!

サビキの自作方法

落とし込み仕掛けを自作するのに必要なのはハリス、針、フラッシャーです。これらを手順に沿って組んでいけば、自分だけのオリジナル仕掛けが完成します。自作する際の手順は下記を参考にしてみてください。

①フラッシャーの準備
落とし込み仕掛けに使うフラッシャー まず、ベイトを誘うためのフラッシャーを束ねて端をライターで炙り、溶かしてバラバラにならないようにしておきます。フラッシャーは少し長めに切っておくのがポイントです。

②ハリスの切れ端を斜めにカット
落とし込み仕掛けを自作 落とし込み仕掛けで使うハリスは太いので、切れ端を斜めにカットしておくと結び目を通しやすくなります。

③ハリスを針に結んでいきます
落とし込み仕掛けを自作 ハリスをすっぽ抜けないように丁寧に針に結んでいきます。フラッシャーを差し込むのでこのときは締め込まず、緩めに結んでおくようにしましょう。

④フラッシャーを差し込む
落とし込み仕掛けを自作 針の結び目にフラッシャーを差し込みます。ライターで炙ったときに先端を尖らせておくと差し込みやすいです。

⑤締め込み完成!
落とし込み仕掛けを自作 結び目をしっかり締め込んだら完成。ハリスをグローブで持ち、針をプライヤーで挟んでから締め込みましょう。フラッシャーの余分な部分はカットして整えます。

⑥8字結びで幹糸と結べば出来上がり
落とし込み仕掛けを自作 最後に8字結びで幹糸と結べば出来上がり。思い通りの長さになるよう、ハリスにマジックで印を入れておくと綺麗に仕上げることが出来ます。
ITEM
東邦産業 オーロラスレッズ

中央の束ねてあるのが1本づつ取り出しやすくて使いやすい、おすすめです。


落とし込み釣りは面白い!

落とし込み釣り 落とし込み釣りは大物を狙いやすく、人気が日々高まっている釣り方。仕掛けの太さや針の種類によってベイトの喰いが変わったりすることもあり、決して簡単といえないところも魅力です。ぜひ奥深い落とし込み釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

落とし込み仕掛け
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!