ジグパラブレードは投げて巻くだけ!青物まで狙えるコスパ抜群の超万能メタルバイブ

2019/04/24 更新

ジグパラブレードはメジャークラフトから発売されているソルト向けメタルバイブ。140ミリ~35㎜のマイクロサイズまでラインナップされ、あらゆる海のターゲットを狙う事ができます。ジグパラブレードのラインナップや使い方について、まとめて紹介します。


アイキャッチ画像出典:Amazon

ジグパラブレードについて

ジグパラブレード
出典:Amazon
ジグパラブレードは、メジャークラフトから販売されているソルト用メタルバイブレーション。35から140ミリまでの幅広いサイズバリエーションが人気のルアーです。小さいサイズのものはシーバスゲームを中心に、100ミリ以上の大きなサイズのものは青物を狙ったライトショアジギングなどにおすすめ。

さまざまなフィールドで多くの魚種のスイッチをいれる魅力的はアクションはもちろん、巻き抵抗が軽く、ただ巻きだけで簡単に魚が釣れる定番のメタルバイブレーションです。近年はチニングやアジングやメバリングなどのライトゲームでもメタルバイブレーションが使われることも多く、マイクロモデルもラインナップされています。

ジグパラブレードのラインナップ

ジグパラブレードのラインナップ ジグパラプレートは35から140までの7種類のサイズと、ソルトの釣れ筋である7種類のカラーがラインナップされています。

ジグパラブレードはコストパフォーマンスも非常に高いため、さまざまなサイズやカラーを揃え易いルアーです。サイズやカラーを複数用意すると釣果アップにも繋がりやすく、幅広い魚種とのファイトを楽しめそうですね!

ジグパラブレードのサイズバリエーション

定番とされる55.75ミリはジグパラブレードのメインのターゲットとして設定されるシーバスに。100、130、140ミリは大型のシーバスや青物をオカッパリから狙うのに最適です。

35、44ミリのマイクロモデルは、5グラム以下のルアーがメインとなるアジングやメバリング、チニングにおすすめです。

ブリ!カンパチ!シリーズ最大の大型青物専用モデル!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレード140mm
全長:140mm
自重:50g




オフショアでも使える青物用メタルバイブの定番サイズ!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレード130mm
全長:130mm
自重:42g


青物からシーバスまで対応する汎用性の高い人気モデル!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレード100mm
全長:100mm
自重:35g


シーバス用ロッドでも快適に扱えるシーバス用の定番モデル!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレード75mm
全長:75mm
自重:23g


シーバスはもちろん、チヌなどのライトゲームも活躍する小型モデル!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレード55mm
全長:55mm
自重:14g


チヌなどを中心としたライトソルトゲーム専用のマイクロモデル!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレードマイクロ44mm
全長:44mm
自重:5g


メバリングやアジングなどの3グラム前後のルアーを扱いライトゲームにおすすめ!
ITEM
メジャークラフト ジグパラブレードマイクロ35mm
全長:35mm
自重:3g

ジグパラブレードで釣れる青物

ジグパラブレードで釣れたサゴシ ジグパラブレードは100ミリを超えるモデルを使用すれば大型の青物とのファイトも存分に楽しめます。使用するタックルはライトショアジギングロッドやプラッキングロッドがおすすめ。

ラインナップの中でも130、140ミリは、特に大型の青物を狙ったシルエットが大きくアピール力が高いモデルです。そのためブリやカンパチなどショアから狙える最大級の青物にもしっかりと対応しています。

100ミリのモデルであればシーバスロッドなどでも使用できるため、シーバスと青物がある混ざるフィールドなどではどちらも狙うことができます。

ブリ(ワラサ、イナダ、ワカシ)

ブリ
出典:PIXTA
ジグパラブレードはブリなどの大型の青物にもおすすめ。100ミリ以上のものがおすすめですが、ブリを狙って釣りたい方には130.140ミリの大型のモデルが最適です。

基本的にはショアでの使用が想定されているルアーですが、大型のモデルについてはオフショアでも問題なく通用する万能ルアーです。

カンパチ(ショゴ、ネリゴ)

カンパチの魚体の画像
出典:PIXTA
カンパチを狙う際もブリと同様100ミリ以上のものが定番。ショゴ、ネリゴなどの小さめの個体を狙う際は75、55ミリといった小さいサイズはもちろん、5グラム以下のマイクロモデルもおすすめ。

それぞれのサイズに合わせてフックを換装することでより滑らかなアクションと釣果を見込めます。

サワラ(サゴシ)

サゴシ・サワラ
出典:PIXTA
サワラはブリやカンパチに比べるとやや小さめのサイズ感がおすすめ。ジグパラブレードでは100ミリ、75ミリがメインで使用されます。こちらも55ミリ、それ以下のマイクロサイズでサゴシを狙えるため、魚の反応をみてサイズを落としてみるのも釣果アップの秘訣です。


ジグパラブレードの使い方

ジグパラブレードの大きな特徴の一つがただ巻きでも簡単に釣りを楽しめる点。難しいアクションを使わずともただ巻きだけでその絶妙なウォブリングアクションで魚にしっかりアピールします。

キャストしたらただ巻くだけで良いため、ショアジギングやシーバスゲームの初心者でもとても扱いやすいルアーになっています。またメタルバイブレーションの最大の武器であるリフト&フォールや、青物のデイゲームの定番アクションである表層巻きなども非常に効果的です。

ただ巻き

もっとも定番の使い方。キャストしたジグパラブレードをそれぞれ狙っているレンジまで落とし込み、ただ巻きすることで魚にアピールします。フィールドや狙っている魚種に合わせてレンジを変えることはもちろん、リトリーブのスピードを変えていくことが釣果アップの秘訣です。

リフト&フォール

メタルバイブレーションの効果的なアクションの一つがリフト&フォール。ジグパラブレードはリアとフロントに二つのアイがついており、リフト&フォールをする際はリアのアイを使用することで、よりキレのあるアクションで魚にアピールすることが可能です。

表層巻き

表層巻きはデイゲームでのショアジギングでは定番とされる使い方です。デイゲームでは魚のナブラなどを目視できる状況が多いため、遠投性能の高いメタルバイブレーションをキャストし、表層巻きをすることで、捕食中で興奮状態の魚にアピールします。

ジグパラブレードの場合、ナブラの有無に限らず表層の早まきでヒットに繋がることも多いため、ポイント攻略のための使い方の一つとして覚えておくと良さそうですね。

シーバスから青物、メバルまで攻略できる鉄板メタルバイブ!

ジグパラブレードは非常に細かいサイズ分けがされているため、シーバスはもちろん、幅広いサイズの青物にも対応する鉄板ルアーと言えそうです。価格も非常にリーズナブルであるためショアジギングに挑戦するならタックルボックスに入れておきたい鉄板アイテム。

 

シーバスから青物、チヌにメバル、ターゲットに関わらず持っておいて損はなさそうなメタルバイブですね!

紹介されたアイテム

メジャークラフト ジグパラブレード140…
メジャークラフト ジグパラブレード130…
メジャークラフト ジグパラブレード100…
メジャークラフト ジグパラブレード75m…
サイトを見る
メジャークラフト ジグパラブレード55m…
メジャークラフト ジグパラブレードマイク…
メジャークラフト ジグパラブレードマイク…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ジグパラ ブレード
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
新製品ニュース

釣具メーカーの新製品情報をいち早くお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!