もはや車は釣り具だ!そんなアングラーに使ってほしい“タフな国産SUV”・10選

コンパクトからミドル、高級クラスまで人気の国産SUVおすすめ10選!人気の理由もあわせてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:スバル

そもそもSUVとは

出典:pixabay
SUVとはSport Utility Vehicle(スポーツ ユーティリティー ビークル)の頭文字をとったもので、「スポーティな役立つ乗り物」といった意味をもちます。SUVと聞いて、悪路の走行も可能というワイルドな車体をイメージする人は多いでしょう。その通りで、一般的には高い車高と大きめなタイヤが特徴です。

2018年のSUV人気傾向

出典:スズキ
釣りやキャンプ、スノーボードなど種々のアウトドアにピッタリの車種と言っても過言ではないSUV。一方で、大きな車両のため燃費が悪く、街乗りには不向きというデメリットも否めません。ところが近年では、その欠点を克服する車種である「コンパクトSUV」が次々と各社から登場しており、人気を博しています。

コンパクトSUVの定義って?

出典:Jeep
コンパクトSUVは、SUVの車体が小型になり、燃費が飛躍的に向上したSUVの事を指します。定義のほどは曖昧で、全長が4,500mm以下のSUVであればコンパクトSUVと認識される場合が多いようです。コンパクトタイプからパワーが魅力的な本格派SUVまで、釣行におすすめのモデルをご紹介していきます!

トヨタ CH-R5

出典:トヨタ
出典:トヨタ
C-HRはトヨタ自動車が製造・販売するコンパクトSUVです。これまでのトヨタ車のイメージを一新する、個性的なデザインが特徴です。G/Sの2つのグレードがあり、ハイブリッド車・ガソリン車がそれぞれ用意されています。燃費重視であれば、ハイブリッド車。走破性を重視するのであれば、4WDのガソリン車がおすすめです。

インテリア・内部空間

出典:トヨタ
出典:トヨタ
シート剛性に優れ、姿勢を保ちやすいホールド感のシートは調整もしやすい仕様となっています。また、メーターは先進的でありながら視認性に優れたデザインが採用。さらに、ハイブリッド車はトランクスペースが削られてしまうのでは…という心配がなく、ハイブリッド車も、ガソリン車と同等のトランクスペースが確保されているため、釣竿やバッカン、クーラーボックスなどしっかり載せることができそうです。

カタログスペック

・参考グレード:G 2WD
・総排気量(cc):1,797
・全長(mm):4,360
・全幅(mm):1,795
・全高(mm):1,550
・車両重量(Kg):1,440
・駆動方式:2WD
・エンジン種類:直列4気筒DOHC
・最高出力:72kW/5,200rpm
・最大トルク:142N・m/3,600rpm
・トランスミッション:電気式無段変速機
・燃料消費率(km/L):30.2(JC08)
・車両本体価格:2,905,200円
・中古車両本体価格:229.9万円~

ホンダ ヴェゼル

出典:ホンダ
出典:ホンダ
ヴェゼルはホンダのコンパクトSUV。風の抵抗などを考えて磨き上げられた美しいデザインや、ゆったりとしたトランクスペース、室内の上質感やゆとりのある空間などが支持され、2014年から2016年の3年連続で、日本国内におけるSUV販売台数ナンバーワンを獲得しています。

インテリア・内部空間

出典:ホンダ
出典:ホンダ
通常は後部座席下にある燃料タンクを前の座席下に据えたことで、空間効率を飛躍的に高めたデザインが採用されています。さらに、後部座席は座る部分を跳ね上げることも可能。多彩なシートアレンジで様々な使い方ができそうです。また、トランクは開口が大きく、低くなっていることで荷物の出し入れがしやすくなっています。

カタログスペック

・参考グレード:HYBRID RS・Honda SENSING
・総排気量(cc):1,496
・全長(mm):4,305
・全幅(mm):1,790
・全高(mm):1,605
・車両重量(Kg):1,310
・駆動方式:2WD
・エンジン種類:水冷直列4気筒横置DOHC
・最高出力:97kW/6,600rpm(エンジン)、22kW/1,313-2,000rpm(モーター)
・最大トルク:156N・m/4,600rpm(エンジン)、160N・m/0-1,313rpm(モーター)
・トランスミッション:7速オートマチック+パドルシフト
・燃料消費率(km/L):25.6(JC08)
・車両本体価格:2,770,000円
・中古車両本体価格:209.9万円~

スズキ イグニス

出典:スズキ
出典:スズキ
イグニスはスズキが製造・販売するコンパクトSUVです。優れた燃費性能を実現し、エコドライブを可能にするハイブリッドシステムを採用しています。さらに、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントで最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を獲得し、優れた予防安全技術を搭載していると評価されています。

インテリア・内部空間

出典:スズキ
出典:スズキ
最小化されたエンジンルームとシンプルな内装により、ゆとりのある室内空間となっています。前席のヒップポイントは高めに設定され、運転中の見晴らしもよさそうです。また、後部座席には荷室スペースの調整が可能なリヤシートスライドが採用されており、リクライニングするだけでなくスライドさせることが可能です。

カタログスペック

・参考グレード:HIBRID MZ/4WD
・総排気量(cc):1,242
・全長(mm):3,700
・全幅(mm):1,660
・全高(mm):1,595
・車両重量(Kg):920
・駆動方式:4WD
・エンジン種類:水冷4サイクル直列4気筒
・最高出力:67kw/6,000rpm
・最大トルク:118N・m/4,400rpm
・トランスミッション:CVT
・燃料消費率(km/L):25.4
・車両本体価格:1,778,760円
・中古車両本体価格:151万円~

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー
出典:SUZUKI
ワゴンの広さとSUVの走破性を両立させたスズキの新型コンパクトSUV(クロスモデルSUV)。2018年大注目の車です。
▼詳しくはコチラ

マツダ CX-3

出典:マツダ
出典:マツダ
CX-3はマツダが製造・販売するコンパクトSUVです。クリーンディーゼル車と、「SKYACTIV-G 2.0」を搭載したガソリンエンジン車がラインナップしています。セーフティ・サポートカーSのワイドに該当する先進安全技術や、「思いのままにクルマを操れる人馬一体の感覚」を実現する設計が魅力です。

インテリア・内部空間

出典:マツダ
出典:マツダ
CX-3は、オルガン式ペダルを採用したことで、素早く動けて疲れにくいドライビングポジションが採用されています。さらに、VDA方式のサブトランクを含め、最大350リットルのラゲッジルームを確保。リアシートの6:4分割可倒式シートバックを倒すことで、釣りに不可欠なロッド類も積み込むことができます。

カタログスペック

・参考グレード:20S 2WD
・総排気量(cc):1,997
・全長(mm):4,275
・全幅(mm):1,765
・全高(mm):1,550
・車両重量(Kg):1,240
・駆動方式:2WD
・エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
・最高出力:109kw/6,000rpm
・最大トルク:192N・m/2,800rpm
・トランスミッション:3要素1段2相形(ロックアップ機構付)
・燃料消費率(km/L):17.0(JC08)
・車両本体価格:2,106,000
・中古車両本体価格:165万円~293万円

マツダ CX-5

出典:マツダ
出典:マツダ
CX-5は、マツダが製造・販売するSUVです。日本の美意識に着目し、魂を揺さぶる研ぎ澄まされたデザインを目指したモデルとなっています。「人馬一体」の走りと優れた燃費を両立した高効率直噴ガソリンエンジン搭載モデルと、上質で意のままの加速が楽しめるクリーンディーゼルエンジン搭載モデルがラインナップ。

インテリア・内部空間

出典:マツダ
出典:マツダ
運転に集中できる“ヘッズアップコクピット”という考え方をもとに、運転への集中が阻害され、注意が散漫になる要因を最小化するための技術を取り入れたディスプレイなどが採用されています。サブトランクを含むラゲッジルームは定員乗車時でも505リットルの容量を確保。さらにフックが4つ装備され、便利そうです。

カタログスペック

・参考グレード:20S
・総排気量(cc):1,997
・全長(mm):4,545
・全幅(mm):1,840
・全高(mm):1,690
・車両重量(Kg):1,510
・駆動方式:2WD
・エンジン種類:PE-VPS型
・最高出力:114kW/6,000rpm
・最大トルク:196N・m)/4,000rpm
・トランスミッション:3要素1段2相形
・燃料消費率(km/L):16.0
・車両本体価格:2,494,800円
・中古車両本体価格:99.9万円~

日産 エクストレイル

出典:日産
出典:日産
エクストレイルは、日産が製造・販売するSUVです。茂みの道などの走行で付いた浅いすり傷を復元してくれる、軟質樹脂配合の塗装「スクラッチシールド」を採用。タフ感を増したフロントマスクのデザインもさることながら、「タフギア」としての信頼も厚いモデルです。

インテリア・内部空間

出典:日産
出典:日産
シート地として防水シートがラインナップしており、濡れて汚れた釣り具やレインウェアなどを躊躇せずに積み込むことができそうです。また、インストルメントパネルやステアリングなど、上質感のあるインテリアも好評です。

カタログスペック

・参考グレード:20S
・総排気量(cc):1,997
・全長(mm):4,690
・全幅(mm):1,820
・全高(mm):1,740
・車両重量(Kg):1,450
・駆動方式:2WD
・エンジン種類:DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒
・最高出力:108kw/6,000rpm
・最大トルク:207N・m/4,400rpm
・トランスミッション:エクストロニックCVT(無段変速機)
・燃料消費率(km/L):16.4
・車両本体価格:2,197,800円
・中古車両本体価格:平均 220万円

スバル フォレスター

出典:スバル
出典:スバル
フォレスターは、スバルが製造・販売するSUVです。車体が揺れにくいことで乗り心地が安定し、快適なドライブが楽しめる仕組み「シンメトリカルAWD」が特徴。MT車での運転を楽しみたい人にもお勧めです。2018年には新型の発売が予定され、期待が高まっています。

インテリア・内部空間

出典:スバル
出典:スバル
低反発の素材が採用され程よいホールド感のシートは、走行中の微振動を吸収してくれます。また、ヘッドレストは上下だけでなく角度の調整も可能な可倒式を採用。長時間の運転でも疲れにくそうです。カーゴルームは505リットルの大容量で、段差の少ないフラットフロアが積み降ろしを快適にしてくれます。

カタログスペック

・参考グレード:2.0i EyeSight
・総排気量(cc):1,995
・全長(mm):4,610
・全幅(mm):1,795
・全高(mm):1,715
・車両重量(Kg):1,510
・駆動方式:AWD(常時全輪駆動)
・エンジン種類:水平対向4気筒
・最高出力:109kW/6,200rpm
・最大トルク:196N・m/4,200rpm
・トランスミッション:リニアトロニック(マニュアルモード付 *3) 前進無段 後退1速
・燃料消費率(km/L):16.0
・車両本体価格:2,419,200円
・中古車両本体価格:51.9万円~

三菱 アウトランダー

出典:三菱 
出典:三菱 
アウトランダーは、三菱が製造・販売するSUVです。ハイブリッドシステムが搭載されたアウトランダーPHEVがラインナップしており、自宅でも充電できて経済的な点が注目されています。本格的な4WDシステムが搭載され、力強い走りが特徴です。

インテリア・内部空間

出典:三菱 
出典:三菱 
落ち着いた内装のアウトランダー。ガソリン車には、7人乗り仕様の3列シートを選択することができます。

カタログスペック

・参考グレード:24G Safety Package[4WD]
・総排気量(cc):2,359
・全長(mm):4,695
・全幅(mm):1,810
・全高(mm):1,710
・車両重量(Kg):1,560
・駆動方式:4WD
・エンジン種類:SOHC 16バルブ 4気筒
・最高出力:124kW/6,000rpm
・最大トルク:220N・m/4,200rpm
・トランスミッション:INVECS-III 6速スポーツモード CVT
・燃料消費率(km/L):14.6
・車両本体価格:2,962,440円
・中古車両本体価格:128.8万円~318.9 万円

トヨタ ランドクルーザー

出典:トヨタ
出典:トヨタ
ランドクルーザーは、トヨタが製造・販売するSUVです。悪路を走ることのできる車の頂点との呼び声も高く、世界中で60年以上もの長きに渡って支持され続けています。アウトドアに最適な機能が充実し、快適さと安心を誇る自動車です。

インテリア・内部空間

出典:トヨタ
出典:トヨタ
装備が他のグレードに比べて簡略化されたGXのみ5人乗りで、それ以外のグレードでは8人乗りとなっています。GX以外のグレードでセカンドシートタンブル+サードシートスペースを折りたたむことができ、乗車人数、荷物の量に合わせたシートのアレンジが可能です。

カタログスペック

・参考グレード:AX
・総排気量(cc):4,608
・全長(mm):4,950
・全幅(mm):1,980
・全高(mm):1,880
・車両重量(Kg):2,930
・駆動方式:4輪駆動(フルタイム4WD)
・エンジン種類:V型8気筒
・最高出力:318ps(234kw)/5,600rpm
・最大トルク:46.9kgf・m(460N・m)/3,400rpm
・トランスミッション:フレックスロックアップ付スーパーインテリジェント6速オートマチック〈6 Super ECT〉
・燃料消費率(km/L):6.9
・車両本体価格:5,860,080円
・中古車両本体価格:284万円~

頼りになるSUV!

出典:Pixabay
釣り場は、必ずしも舗装された道の先にあるとは限りません。特に、雨のあとの道なき道などは、進んでいくのに勇気がいるものです。悪路でも頼りになるSUV車は、釣り人にピッタリの車種といって過言ではありません。防水加工の施されたシートなどにもこだわって、長く使い続けられる1台を見つけたいですね。

▼釣りのパートナー「車」に関連する記事はこちら。




国産 SUV
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!